178件中 41 - 50件表示
  • AFCアジアカップ1960

    AFCアジアカップ1960から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    AFCアジアカップ1960は、第2回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1960年10月14日から同年10月23日にかけて行われ、韓国が優勝を決めた。それに先がけ、予選が前年の1959年12月1日から開催された。AFCアジアカップ1960 フレッシュアイペディアより)

  • 東大門運動場

    東大門運動場から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    1925年に完成。1960年のAFCアジアカップの会場として使用されたほか、1986年のアジア競技大会、1988年のソウルオリンピックでもサッカー会場として使用された。しかしソウルワールドカップ競技場や蚕室総合運動場の完成などで、使用能力が低下し、2007年11月のさよならイベントで完全閉鎖された。東大門運動場 フレッシュアイペディアより)

  • AFCアジアカップ1968

    AFCアジアカップ1968から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    AFCアジアカップ1968は、第4回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1968年5月10日から同年5月19日にかけて行われ、イランが優勝を決めた。それに先がけ、予選が1967年3月22日から開催された。AFCアジアカップ1968 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー広西代表

    サッカー広西代表から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    サッカー広西代表は、広西サッカー連盟によって編成される広西チワン族自治区のサッカーのナショナルチームである。広西代表は、FIFA、AFCに加盟していない為、ワールドカップや、アジアカップに参加する事は出来ない。サッカー広西代表 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー寧夏代表

    サッカー寧夏代表から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    サッカー寧夏代表は、寧夏サッカー連盟によって編成される寧夏回族自治区のサッカーのナショナルチームである。寧夏代表は、FIFA、AFCに加盟していない為、ワールドカップや、アジアカップに参加する事は出来ない。サッカー寧夏代表 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー東トルキスタン代表

    サッカー東トルキスタン代表から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    ''は、東トルキスタンサッカー連盟によって編成されるサッカーのナショナルチームである。東トルキスタン代表は、FIFA、AFCに加盟していないため、ワールドカップや、アジアカップに参加する事は出来ない。サッカー東トルキスタン代表 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー内モンゴル代表

    サッカー内モンゴル代表から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    サッカー内モンゴル代表は、内モンゴルサッカー連盟によって編成される内モンゴル自治区のサッカーのナショナルチームである。内モンゴル代表は、FIFA、AFCに加盟していないため、ワールドカップや、アジアカップに参加することはできない。サッカー内モンゴル代表 フレッシュアイペディアより)

  • ハリーファ国際スタジアム

    ハリーファ国際スタジアムから見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    1976年に開設。スタジアム周辺はアスパイア・ゾーンという総合運動公園であり、アスパイア・タワーをはじめ、アスパイア・ドーム、ハマド水泳センター、アスパイア・アカデミーなどがある。2006年に開催されたアジア競技大会では開会式と陸上競技などが行われた。また、サッカーの試合としては2009年にイングランド対ブラジルの国際親善試合、サッカーカタール代表の試合、2011年にはAFCアジアカップの決勝戦会場として使用された。2019年には世界陸上が、2022 FIFAワールドカップでも準決勝1試合などが行われる予定。ハリーファ国際スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • AFCアジアカップ1956

    AFCアジアカップ1956から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    AFCアジアカップ1956は、第1回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。アジアカップは、アジアサッカー連盟主催の大会で、4年毎開催される。サッカーアジアカップの本大会は、1956年9月1日から同年9月15日にかけて行われ、韓国が優勝を決めた。AFCアジアカップ1956 フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・オフト

    ハンス・オフトから見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    その後はオランダへ帰国し、FCユトレヒトのマネージング・ディレクターを務めていたが、1992年、外国人として初の日本代表監督に就任した。同年夏にダイナスティカップ優勝、秋のAFCアジアカップでは優勝に導き、日本国外で行われる国際的な大会で日本サッカー界初となるビッグタイトルをもたらした。この時の日本代表の頑張りがJリーグ開幕と相まって、マスメディアが大きく取り上げ社会現象ともなった。1993年に行われたワールドカップアメリカ大会アジア最終予選では国民の高い関心を呼び、毎試合驚異的な視聴率を記録。本大会出場にあと一歩のところまで迫りつつもイラクに同点ゴールを許し出場を逃した(ドーハの悲劇参照)。ハンス・オフト フレッシュアイペディアより)

178件中 41 - 50件表示

「アジアカップ」のニューストピックワード