178件中 51 - 60件表示
  • AFCアジアカップ1988

    AFCアジアカップ1988から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    AFCアジアカップ1988は、第9回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1988年12月2日から同年12月18日にかけて行われ、サウジアラビアが優勝を決めた。AFCアジアカップ1988 フレッシュアイペディアより)

  • 金東進 (サッカー審判員)

    金東進 (サッカー審判員)から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    身長180cm。朝鮮語、英語を話す事が出来る。FIFAの国際審判員には2005年に登録され、東アジアサッカー選手権2005の日本代表対中国代表の試合で初めて国際試合の主審を務めた。以降、ワールドカップアジア予選やAFCアジアカップ、2011 FIFA U-20ワールドカップなどで主審を務めている。金東進 (サッカー審判員) フレッシュアイペディアより)

  • AFCアジアカップ2004

    AFCアジアカップ2004から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    AFCアジアカップ2004は、第13回AFCアジアカップで、開催国は中華人民共和国(以下、中国)であった。アテネオリンピックの直前となる2004年7月17日から同年8月7日にかけて、中国の4都市(北京、重慶、成都、済南)を開催地として試合が行われた。日本がレバノン大会に続いて2連覇を果たし、2005年に開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ・ドイツ大会への出場資格が与えられた。最優秀選手には日本の中村俊輔が選ばれた。AFCアジアカップ2004 フレッシュアイペディアより)

  • サッカー南オセチア代表

    サッカー南オセチア代表から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    ''は、南オセチアサッカー連盟により編成される南オセチアのサッカーのナショナルチームである。南オセチア代表は、FIFA及び、AFCに加盟していないため、ワールドカップ、AFCアジアカップに参加できず、他のチームとの対戦も、国際Aマッチとは認められない。サッカー南オセチア代表 フレッシュアイペディアより)

  • 土曜スポーツタイム

    土曜スポーツタイムから見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    各競技のスペシャリストを起用する予定していたが、放送開始からしばらくの間は一橋が一人で司会をするだけにとどまっていた。2007年7月21日の放映で楽天の田中将大が仙台(2007年オールスター第2試合の開催後)から、サッカー解説者の山本昌邦がアジアカップが開催されたベトナムからそれぞれ出演し、これが本番組初のゲスト出演となった。しかしそれ以後しばらくゲストの生出演がなく、ゲストがあっても一橋が事前のロケーションで選手に取材する程度だった。2007年最終12月22日には上田桃子へのインタビューを行った。土曜スポーツタイム フレッシュアイペディアより)

  • AFCアジアカップ1964

    AFCアジアカップ1964から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    AFCアジアカップ1964は、第3回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1964年5月26日から同年6月3日にかけて行われ、イスラエルが優勝を決めた。AFCアジアカップ1964 フレッシュアイペディアより)

  • 梁圭史

    梁圭史から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    在日朝鮮蹴球団在籍時に朝鮮代表に選出され、アジアカップ予選で活躍。2000年6月にヴェルディ川崎 (現:東京ヴェルディ1969) に移籍した。翌2001年には韓国の蔚山現代FCに移籍。Kリーグでプレイした最初の朝鮮籍の選手となった。ザスパ草津 (現:ザスパクサツ群馬) 退団後は一線から退いていたが、故郷の岡山県サッカー協会からの要請に応じてファジアーノ岡山FCで2005年に現役復帰。エースとして活躍した。2007年シーズンからは2010年までは岡山のコーチを務める。2011年からは新設された岡山U-18ユースの初代監督に就任した。梁圭史 フレッシュアイペディアより)

  • サッカークルディスタン代表

    サッカークルディスタン代表から見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    サッカークルディスタン代表は、クルディスタン地域のサッカーのナショナルチームである。クルディスタン代表は、FIFA及び、AFCに加盟していないため、ワールドカップ、AFCアジアカップに参加できない。サッカークルディスタン代表 フレッシュアイペディアより)

  • 村上アシシ

    村上アシシから見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    FIFAコンフェデレーションズカップ2005をドイツで生観戦したことで、海外サッカー観戦の魅力にとりつかれ、翌年のFIFAワールドカップ2006を観るために会社を退職。それ以降、ワールドカップ、アジアカップ、オリンピックなどの主要な国際大会は全て現地に足を運んでいる。村上アシシ フレッシュアイペディアより)

  • パヴェル・ブガロ

    パヴェル・ブガロから見たAFCアジアカップAFCアジアカップ

    ブガロは1995年に初めてサッカーウズベキスタン代表に招集された後2007年まで代表選手に選出され、40試合に出場した。AFCアジアカップには1996、2000、2007年の三回出場している。パヴェル・ブガロ フレッシュアイペディアより)

178件中 51 - 60件表示

「アジアカップ」のニューストピックワード