アジアゾウ ニュース&Wiki etc.

アジアゾウ(学名:Elephas maximus、英語名:Asian elephant)は、哺乳綱- ゾウ目(長鼻目)- ゾウ科- に分類されるゾウ。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アジアゾウ」のつながり調べ

  • 黄土高原

    黄土高原から見たアジアゾウ

    現在森林がまばらな黄土地帯も、古代中国の時代には広く森林に覆われていた。殷王朝の時代には、山西省と陝西省は大部分が森林地帯で、アジアゾウなどの大型動物も生息していた。森林の後退は、気候の変化によるもののほか、不断に続いてきた戦争による混乱、都市・要塞・長城の建設に使う木材の伐採、煉瓦製造用・金属精錬用・生活用の燃料にする樹木の乱伐、人口増加から来る過剰な農耕や放牧など不合理な土地利用により進行した。高原の植生はもはやわずかとなり、古代には50%を超えていたと見られる森林率は5%程度となっている。高原の東南部はまだ良いといえる状態だが、西北部の草原地帯は乾燥化や砂漠化が進んでいる。(黄土高原 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市動植物園

    福岡市動植物園から見たアジアゾウ

    アジアゾウ、ボルネオオランウータン、シロテテナガザル、ベンガルヤマネコ、ビントロング、シシオザル、コツメカワウソ等(福岡市動植物園 フレッシュアイペディアより)

「アジアゾウ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アジアゾウ」のニューストピックワード