アジアゾウ ニュース&Wiki etc.

アジアゾウ(Elephas maximus)は、長鼻目ゾウ科アジアゾウ属に分類されるゾウ。現生するゾウ目(長鼻目)3種のうちの1種(他はアフリカゾウとマルミミゾウ)。、現生種はアジアゾウ1種のみである(2013年の知見)。アジアゾウ属の模式種。長生きで知能が高い。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アジアゾウ」のつながり調べ

  • 仙台市八木山動物公園

    仙台市八木山動物公園から見たアジアゾウ

    1963年(昭和38年)、アジアゾウの「トシコ」が、閉鎖された大阪府堺市の動物園から来園。(仙台市八木山動物公園 フレッシュアイペディアより)

  • キナバタンガン川

    キナバタンガン川から見たアジアゾウ

    川の上流の生態環境は、農園のための過度の伐採と土地の開墾によって大幅に破壊されている。しかし、岸辺に近い従来の低地林やマングローブ湿地の大部分は残され、イリエワニ (Crocodylus porous) の比較的適正な個体数の保護区を備えるとともに、ボルネオ島の野生生物のいくつかは最高の密度を有する。特筆すべきはボルネオ島固有のテングザルやオランウータン、アジアゾウ(ボルネオゾウ)、スマトラサイである。そのほかカニクイザル、ブタオザル (Southern pig-tailed macaque)、シルバールトン (Silvery lutung) などのほか、バンテン、爬虫類ではミズオオトカゲ、ヨロイハブ、マングローブヘビ (Boiga dendrophila) なども生息し、また、その領域は多様な野鳥でも知られている。(キナバタンガン川 フレッシュアイペディアより)

「アジアゾウ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アジアゾウ」のニューストピックワード