131件中 31 - 40件表示
  • アフリカゾウ属

    アフリカゾウ属から見たアジアゾウアジアゾウ

    マルミミゾウは以前はアフリカゾウの亜種だと考えられていた。しかし現在では2つの独立した種と見なされている。マルミミゾウの方が体が小さく狭い下顎を持ち、耳が丸く、また足の蹄の数も違う。牙は下に向かって真っ直ぐ生え、体は全体的に小さい。足の蹄の数に関しては、一般にアフリカゾウは前足に4本、後足に3本の蹄を持つのに対し、マルミミゾウはアジアゾウと同様に、前足に5本、後足に4本の蹄を持つと言われている。しかしながら両種とも蹄の数には変異があることが知られている。一部の地域においては、この2種の混血もしばしば起こっていると言われている。アフリカゾウ属 フレッシュアイペディアより)

  • 第四紀の大量絶滅

    第四紀の大量絶滅から見たアジアゾウアジアゾウ

    最も壊滅的な打撃を受けたのは巨大化が進んでいたゾウ目である。デイノテリウム科・マストドン科・ステゴドン科・ゴンフォテリウム科のゾウ達は枕を並べて全滅し、最後に残ったゾウ科もマンモス属が滅び、アフリカゾウ、アジアゾウ、マルミミゾウのわずか3種のみが生き残った。しかしこれらも完新世大量絶滅を生き残れる可能性はほとんどない。第四紀の大量絶滅 フレッシュアイペディアより)

  • ムラカ動物園

    ムラカ動物園から見たアジアゾウアジアゾウ

    ムラカ動物園はレッドリスト指定動物であるスマトラサイの展示を行ったマレーシア初の動物園である。ムラカ動物園では海外の動物も飼育しており、現在動物園ではシロサイ、アジアゾウ、レッサーパンダ、ガウル、カモシカ、リスザル、インドニシキヘビ、オオカミ、モウコノウマ、ミドリニシキヘビ、キリン、ルリコンゴウインコ、 インドシナトラ、マレートラなどを見ることができる。ムラカ動物園 フレッシュアイペディアより)

  • ヤーラ国立公園

    ヤーラ国立公園から見たアジアゾウアジアゾウ

    ヤーラ国立公園は5つの区画に分かれており、そのうち二つが一般公開されている。各区画にはルフナ国立公園(ブロック1)のようにそれぞれ固有の名前が付けられている。スリランカの南東部海岸沿いに位置しており、その領域は南部州とウバ州に跨る。総面積は979 km2で、コロンボ首都圏からは300 kmほどの距離にある。ヤーラ国立公園は元々1900年に野生動物保護区として設立された。その後1938年になり、とともに、スリランカ初の国立公園の一つとして認定された。公園内には様々な種類の野生動物が居ることで知られており、中でもセイロンゾウと水生の鳥類の保護で重要な役割を果たしている。ヤーラ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪子

    諏訪子から見たアジアゾウアジアゾウ

    諏訪子(すわこ、1943年 - 2008年4月10日)は、神戸市灘区の王子動物園で飼育されていたメスのアジアゾウである。2012年末まで、日本国内で飼育されていたゾウの長寿記録保持者として知られていた。諏訪子 フレッシュアイペディアより)

  • 日立市かみね動物園

    日立市かみね動物園から見たアジアゾウアジアゾウ

    1958年 インドゾウ「みね子」の飼育開始を期に有料化。日立市かみね動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 三種の浄肉

    三種の浄肉から見たアジアゾウアジアゾウ

    実際、托鉢で受け取ったものはすべて食さなければならないとされている。一例としてハンセン病を患うものから托鉢を受けたときその人の指の肉がほげ落ちた場合にその人肉を食したとの記録が教典に存在する。ただし摩訶僧祇律や四分律など各部派仏教の律では十種の不浄肉、あるいは十種肉禁(人間、アジアゾウ、馬、犬、ヘビ、インドライオン、ベンガルトラ、ヒョウ、クマ、シマハイエナ)として三種の浄肉ではなく食べてはならないものがあった。これらの動物の肉を食することによってその匂いが体に移り、これらの動物から身の危険にさらされるからであるとされている。このように仏典には一見矛盾する記述が多く見られる。三種の浄肉 フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・デ・アウストリア

    ディエゴ・デ・アウストリアから見たアジアゾウアジアゾウ

    フェリペ2世はディエゴを可愛がり、ポルトガル領インドの副王フランシスコ・デ・マスカレニャス(Francisco de Mascarenhas)に息子への贈り物としてインド象をヨーロッパに送らせようとした。また1580年にポルトガルを併合したこともあり、未来の王が臣民の言語を理解できるようポルトガル語を勉強させた。ディエゴは1582年に天然痘に罹患して7歳で急死し、エル・エスコリアル修道院の王子廟(Panteón de Infantes)に葬られた。弟のフェリペ(後のフェリペ3世)が次の王位継承者となった。ディエゴ・デ・アウストリア フレッシュアイペディアより)

  • コシク

    コシクから見たアジアゾウアジアゾウ

    コシク(、1990年 - )は、大韓民国京畿道龍仁市のテーマパークエバーランドで飼育されているオスのアジアゾウである。この象は「人間の言葉をしゃべる象」として報道され、有名になった。コシク フレッシュアイペディアより)

  • 動物の同性愛

    動物の同性愛から見たアジアゾウアジアゾウ

    アフリカゾウおよびアジアゾウのオスは同性間できずなを結び、マウンティングを行う。このような出会いはしばしば、キス、鼻のからみ合わせ、おたがいの口の中に鼻を入れるといった愛情のこもった相互行為をともなう。この出会いは異性愛の営みに類似したもので、オスはしばしば鼻を相手の背中に伸ばして、マウンティングしたいという意図を示す行為を目立たせる。常につかの間の性格の異性愛の関係と違い、オス同士の関係は1頭の年長の個体と1頭または2頭の年少の個体とで構成される「仲間づきあい」になる。同性間の関係はオス・メスのどちらにおいても広く頻繁に見られ、捕獲されたアジアゾウの場合性的出会いのおよそ45%が同性間の活動に向かっている。動物の同性愛 フレッシュアイペディアより)

131件中 31 - 40件表示

「アジアゾウ」のニューストピックワード