96件中 31 - 40件表示
  • 浅草花やしきの象

    浅草花やしきの象から見たアジアゾウアジアゾウ

    浅草花やしきの象(あさくさはなやしきのぞう、1870年頃 - 1932年10月6日)は、1888年(明治21年)にシャム王国から明治天皇に日暹修好通商に関する宣言(日タイ修好宣言)調印記念として贈呈されたオスのアジアゾウである。恩賜上野動物園で35年にわたって飼育された後、浅草花やしきに譲渡されて9年生き、62歳の高齢で死亡した。この象は「暴れ象」として悪名が高く一時は殺処分まで検討されていたが、結局は寿命を全うしている。浅草花やしきの象 フレッシュアイペディアより)

  • 動物の同性愛

    動物の同性愛から見たアジアゾウアジアゾウ

    アフリカゾウおよびアジアゾウのオスは同性間できずなを結び、マウンティングを行う。このような出会いはしばしば、キス、鼻のからみ合わせ、おたがいの口の中に鼻を入れるといった愛情のこもった相互行為をともなう。この出会いは異性愛の営みに類似したもので、オスはしばしば鼻を相手の背中に伸ばして、マウンティングしたいという意図を示す行為を目立たせる。常につかの間の性格の異性愛の関係と違い、オス同士の関係は1頭の年長の個体と1頭または2頭の年少の個体とで構成される「仲間づきあい」になる。同性間の関係はオス・メスのどちらにおいても広く頻繁に見られ、捕獲されたアジアゾウの場合性的出会いのおよそ45%が同性間の活動に向かっている。動物の同性愛 フレッシュアイペディアより)

  • 牙

    から見たインドゾウアジアゾウ

    ゾウ(インドゾウの雄、アフリカゾウの雌雄) - 上顎切歯。象牙と呼ばれる。 フレッシュアイペディアより)

  • 黄土高原

    黄土高原から見たアジアゾウアジアゾウ

    現在森林がまばらな黄土地帯も、古代中国の時代には広く森林に覆われていた。殷王朝の時代には、山西省と陝西省は大部分が森林地帯で、アジアゾウなどの大型動物も生息していた。森林の後退は、気候の変化によるもののほか、不断に続いてきた戦争による混乱、都市・要塞・長城の建設に使う木材の伐採、煉瓦製造用・金属精錬用・生活用の燃料にする樹木の乱伐、人口増加から来る過剰な農耕や放牧など不合理な土地利用により進行した。高原の植生はもはやわずかとなり、古代には50%を超えていたと見られる森林率は5%程度となっている。高原の東南部はまだ良いといえる状態だが、西北部の草原地帯は乾燥化や砂漠化が進んでいる。黄土高原 フレッシュアイペディアより)

  • ウメ子

    ウメ子から見たアジアゾウアジアゾウ

    ウメ子(ウメこ、1947年(昭和22年)(1950年(昭和25年)に、推定3歳で来日) - 2009年(平成21年)9月16日夜から17日朝)は、タイ王国出身のアジアゾウウメ子 フレッシュアイペディアより)

  • 中尊寺金色堂

    中尊寺金色堂から見たアジアゾウアジアゾウ

    須弥壇の側面は格狭間(ごうざま)を設け、銅板打ち出しの孔雀文で飾っている。なお、須弥壇の側面の装飾は、中央壇と左右壇とで技法が異なっている。中央壇では金工による装飾が主で、上框、下框、束(つか)は鍍金銀の宝相華透彫金具で飾られ、格狭間周囲の羽目板も銅板打ち出しで装飾されている。これに対し、左右壇では以上の部材の装飾は主に螺鈿で表されている。須弥壇上の高欄については、中央壇ではヒノキの芯材の上に紫檀を貼った紫檀地螺鈿とするのに対し、左右壇では堂内の他の場所と同様の沃懸地螺鈿が用いられている。中央壇の高欄では、角材の辺の部分に線状に切った象牙を貼っているが、これらの象牙が、鑑定の結果アジアゾウではなくアフリカゾウのものであることが判明している。これは北方貿易により大陸経由で輸入されたもので、このことからも当時の奥州藤原氏の財力と勢力の高さを窺い知ることができる。中尊寺金色堂 フレッシュアイペディアより)

  • メアリ (象)

    メアリ (象)から見たアジアゾウアジアゾウ

    メアリ(Mary、生年不明 - 1916年9月13日)は、メスのアジアゾウである。メアリの死については、しばしば20世紀早期のサーカスにおける動物虐待の典型として取り上げられている。メアリは飼育係を死亡させたという理由で「絞首刑」に処された。メアリ (象) フレッシュアイペディアより)

  • ダヌムバレー保護地域

    ダヌムバレー保護地域から見たボルネオゾウアジアゾウ

    低地雨林は多くの鳥や哺乳動物の生息場所であり、新種のメガネハナドリ (Spectacled Flowerpecker) が記録された唯一の場所である。オランウータン、テナガザル、およびメガネザルを含むその他の霊長目のほか、シカ、ヤマネコ、希少なボルネオゾウ (Borneo Elephant) も観察される。その他注目すべき種として、マレーグマやスマトラサイが地域に生息する。ダヌムバレー保護地域 フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・ダイヤモンド (象)

    ブラック・ダイヤモンド (象)から見たアジアゾウアジアゾウ

    ブラック・ダイヤモンド(Black Diamond、1898年 - 1929年10月16日)は、アメリカ合衆国で飼育されていたオスのアジアゾウである。この象はその生涯中に4人の人間を死亡させる事故を起こし、最後には殺処分となった。ブラック・ダイヤモンド (象) フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンセンヌの森

    ヴァンセンヌの森から見たアジアゾウアジアゾウ

    森の北方にはヴァンセンヌ城がある。14世紀の王は好んでこの城に訪れた。森の南西には19世紀、ルイ・フィリップの時代に建てられた砦がある。東にはヴァンセンヌ競馬場と自転車競技場がある。また西には広さ14.5ヘクタールの動物園があり、アジアゾウを飼育しているほかムフロンの住む高さ65mの人口岩山もある。他に花公園として整備された区画を有する。ヴァンセンヌの森 フレッシュアイペディアより)

96件中 31 - 40件表示

「アジアゾウ」のニューストピックワード