96件中 51 - 60件表示
  • ロンドン自然史博物館

    ロンドン自然史博物館から見たアジアゾウアジアゾウ

    中央ホールには他に樹齢1300年のジャイアント・セコイアの輪切りや、シーラカンスなどが展示されているとともに、正面階段の踊り場には2.2トンにもなるチャールズ・ダーウィンの大理石像が設置されている。この像は自然史博物館が開館してまもなくの1885年に公開されたJoseph Boehm制作の像で、公開から40年ほどは現在と同じ踊り場に置かれていた。1927年にアジアゾウ標本の搬入のために場所を空けさせられ、その後1970年に再び移動させられて以降はノース・ホールに設置されていたものを、ダーウィン生誕200年記念にあわせて、公開当時の場所に再設置されたものである。ロンドン自然史博物館 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカゾウ属

    アフリカゾウ属から見たアジアゾウアジアゾウ

    マルミミゾウは以前はアフリカゾウの亜種だと考えられていた。しかし現在では2つの独立した種と見なされている。マルミミゾウの方が体が小さく狭い下顎を持ち、耳が丸く、また足の蹄の数も違う。牙は下に向かって真っ直ぐ生え、体は全体的に小さい。足の蹄の数に関しては、一般にアフリカゾウは前足に4本、後足に3本の蹄を持つのに対し、マルミミゾウはアジアゾウと同様に、前足に5本、後足に4本の蹄を持つと言われている。しかしながら両種とも蹄の数には変異があることが知られている。一部の地域においては、この2種の混血もしばしば起こっていると言われている。アフリカゾウ属 フレッシュアイペディアより)

  • はな子

    はな子から見たアジアゾウアジアゾウ

    はな子(1947年 -)は、東京都武蔵野市の井の頭自然文化園で飼育されているメスのアジアゾウである。はな子 フレッシュアイペディアより)

  • カジランガ国立公園

    カジランガ国立公園から見たアジアゾウアジアゾウ

    カジランガ国立公園の動物相は、以下の通りとなる。35種の哺乳類の生息地であり、うち15種はレッドリストに記載されている絶滅危惧種である。インドサイの最大の生息地で、全世界の生息数の約2/3にあたる1,855頭が確認されている。アジアスイギュウ(1,666頭)、バラシンガジカ(468頭) 、アジアゾウ(1,940頭)、ガウル(30頭)、サンバー(58頭)も確認されている。小型から中型の偶蹄類ではインドキョン、イノシシ、ホッグジカといった哺乳類もこの公園内に生息するカジランガ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • マナス国立公園

    マナス国立公園から見たアジアゾウアジアゾウ

    保護区内では アジアゾウ、インドサイ、ガウル、アジアスイギュウ、バラシンガジカ、トラ、ヒョウ、ウンピョウ、アジアゴールデンキャット、ボウシラングール、ゴールデンラングール、アッサムモンキー、スローロリス、フーロックテナガザル、ビロードカワウソ、ナマケグマ、キョン、アクシスジカ、サンバーなどが見られる。マナス国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手サファリパーク

    岩手サファリパークから見たアジアゾウアジアゾウ

    ラオスのアジアゾウ「ブンミー」(1980年産メス)と「ナッド」(1991年産メス)が移入され、ゾウライド(騎乗)が行われる。事業者によると、ゾウは復興支援(心のケア)、2015年のラオスとの国交樹立60周年記念、及びゾウの保護を目的として来日した。今後3年間、飼育される。オープンセレモニーには被災地の子供が招待された。ラオスから日本に貸し出されたアジアゾウは6頭で、すべて大震災の被災地へ送られている。岩手サファリパーク フレッシュアイペディアより)

  • タロンガ動物園

    タロンガ動物園から見たアジアゾウアジアゾウ

    2012年、アジアゾウの飼育員が、ゾウと柱の間に挟まれて負傷タロンガ動物園 フレッシュアイペディアより)

  • ラフィアの戦い

    ラフィアの戦いから見たアジアゾウアジアゾウ

    左翼側に位置したプトレマイオス4世はセレウコス朝軍右翼の突撃に対して戦象を突撃させて対応した。しかし戦象部隊はプトレマイオス4世の期待に反し、セレウコス朝軍の戦象部隊によって壊走した。元々象の数が少なかった事に加えて、プトレマイオス朝軍の用いたマルミミゾウは、セレウコス朝が用いたインドゾウに比べて体格が小さく歯が立たなかった。その上ラッパ音に怯えて混乱したとも記録されている。これに続いてアンティオコス3世はプトレマイオス朝軍の外側から騎兵部隊を回りこませ側面攻撃をかけた。これによってプトレマイオス4世率いるプトレマイオス朝軍左翼は全面的な敗走に陥りセレウコス朝軍による激しい追撃に晒されて壊滅した。ラフィアの戦い フレッシュアイペディアより)

  • 桐生が岡公園

    桐生が岡公園から見たアジアゾウアジアゾウ

    アジアゾウ(イズミちゃん)桐生が岡公園 フレッシュアイペディアより)

  • ヤーラ国立公園

    ヤーラ国立公園から見たアジアゾウアジアゾウ

    ヤーラ国立公園は5つの区画に分かれており、そのうち二つが一般公開されている。各区画にはルフナ国立公園(ブロック1)のようにそれぞれ固有の名前が付けられている。スリランカの南東部海岸沿いに位置しており、その領域は南部州とウバ州に跨る。総面積は979 km2で、コロンボ首都圏からは300 kmほどの距離にある。ヤーラ国立公園は元々1900年に野生動物保護区として設立された。その後1938年になり、とともに、スリランカ初の国立公園の一つとして認定された。公園内には様々な種類の野生動物が居ることで知られており、中でもセイロンゾウと水生の鳥類の保護で重要な役割を果たしている。ヤーラ国立公園 フレッシュアイペディアより)

96件中 51 - 60件表示

「アジアゾウ」のニューストピックワード