131件中 51 - 60件表示
  • ナイトサファリ

    ナイトサファリから見たアジアゾウアジアゾウ

    主な飼育動物 - アジアゾウ、ドール、マレーバク、ヒゲブタナイトサファリ フレッシュアイペディアより)

  • ベルムテメンゴール国立公園

    ベルムテメンゴール国立公園から見たアジアゾウアジアゾウ

    ベルムテメンゴールは比較的手つかずの森であり、、アジアゾウ、シロテテナガザル、マレーグマ、バクを含む14種類の世界絶滅危機の哺乳動物の住み家になっている。その他イノシシ、多種のシカ、パイソン、コブラも見かけることができる。またサイチョウを含む300種類以上の鳥類を観察できるバードウォッチャ―の理想の場所とされている。ここはマレーシアに生息する10種類すべてのサイチョウ(白カンムリサイチョウ、ムジサイチョウ、ズグロサイチョウ、シワコブサイチョウ、ムジシワコブサイチョウ、黒サイチョウ、キタカササギサイチョウ, サイチョウ, オオサイチョウ、オナガサイチョウ)を見ることが出来る唯一の場所である。世界最大の花である3種類のラフレシアを含む3,000種類もの花植物も観察することができる。ベルムテメンゴール国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • クローン・ワンチャオ国立公園

    クローン・ワンチャオ国立公園から見たアジアゾウアジアゾウ

    クローン・ワンチャオ国立公園は特に、タイ国でも有数の広大な森林地帯、西部森林地帯(ウエスタン・フォレスト・コンプレックス)に位置する。公園内の森林は落葉樹混交林(mixed deciduous forest)や常用樹林などで、フタバガキ林、松林なども存在する。インドゾウ、ヤギレイヨウ(カモシカ属)などの東南アジアで代表的な動物を見ることが出来る。また公園内には二つの温泉がある。クローン・ワンチャオ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • ゾウの糞のリサイクル

    ゾウの糞のリサイクルから見たアジアゾウアジアゾウ

    排出されたばかりのゾウの糞は体温測定に用いられる。これを「糞温」という。ゾウとの接触には危険が伴うが、この方法は、必ずしもゾウと接触する必要が無いため、完全な馴致(人馴れ)がなされていない個体にも用いられる。ゾウの糞温の測定方法は定められており、排泄直後の糞に水銀体温計を約 5 cm 挿入し、30 秒後に糞塊の中心部まで入れ、90 秒間測定する。ちなみにアフリカゾウとアジアゾウの正常な体温はおよそ 36 - 37 ℃の範囲にある。このほか排出物の体温測定には尿温もある。ゾウの糞のリサイクル フレッシュアイペディアより)

  • ホット・スポット 最後の楽園

    ホット・スポット 最後の楽園から見たアジアゾウアジアゾウ

    第6回 - アジアゾウ、ホソロリス、シシオザル、インドオオリス、オオサイチョウ、インドハナガエル、ナマケグマ、インドヒョウ、ベンガルトラホット・スポット 最後の楽園 フレッシュアイペディアより)

  • ホット・スポット 最後の楽園

    ホット・スポット 最後の楽園から見たボルネオゾウアジアゾウ

    第5回 - マレーグマ、オランウータン、ウンピョウ、アブラヤシ、ボルネオゾウホット・スポット 最後の楽園 フレッシュアイペディアより)

  • タロンガ動物園

    タロンガ動物園から見たアジアゾウアジアゾウ

    2012年、アジアゾウの飼育員が、ゾウと柱の間に挟まれて負傷タロンガ動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 地球生物会議

    地球生物会議から見たアジアゾウアジアゾウ

    2003年、熊本県の動物園がアジアゾウをインドネシアから借り受けようとした際に、書類の不備を見つけ、日本の経産省に抗議し、輸入の阻止に成功した。動物園ではゾウの収益はインドネシアのゾウ保護に寄付される予定だった。地球生物会議 フレッシュアイペディアより)

  • ヤムナー川

    ヤムナー川から見たアジアゾウアジアゾウ

    ヤムナー川はアジアゾウの分布域の端部となっている。ヒマラヤ山脈西方900kmとその丘では、ヤムナー川より西では象が確認されていない。ヤムナー川の下流域は、象の移動にとって理想的な通路を提供している。主な樹木は、サラソウジュ、アカシアおよびローズウッドであり、このほかシワリク山脈にはチール松の森が分布している。ヤムナー川 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸市立王子動物園

    神戸市立王子動物園から見たアジアゾウアジアゾウ

    1956年8月27日 - インドゾウ「摩耶子」死亡。神戸市立王子動物園 フレッシュアイペディアより)

131件中 51 - 60件表示