131件中 61 - 70件表示
  • マナス国立公園

    マナス国立公園から見たアジアゾウアジアゾウ

    保護区内では アジアゾウ、インドサイ、ガウル、アジアスイギュウ、バラシンガジカ、トラ、ヒョウ、ウンピョウ、アジアゴールデンキャット、ボウシラングール、ゴールデンラングール、アッサムモンキー、スローロリス、フーロックテナガザル、ビロードカワウソ、ナマケグマ、キョン、アクシスジカ、サンバーなどが見られる。マナス国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 野生生物レスキューセンター (ボルネオ)

    野生生物レスキューセンター (ボルネオ)から見たボルネオゾウアジアゾウ

    野生生物レスキューセンター(;ボルネオ・エレファント・サンクチュアリー)は、ボルネオ島(マレーシア・サバ州)・キナバタンガン川下流に建設された、ボルネオゾウの保護センターである。この施設の建設には、日本の企業や団体、動物園が、ボルネオへの『恩返しプロジェクト』として関わった。野生生物レスキューセンター (ボルネオ) フレッシュアイペディアより)

  • 林旺

    林旺から見たアジアゾウアジアゾウ

    林旺(リンワン、、1917年1月18日 - 2003年2月26日)は、ビルマ生まれのオスのアジアゾウである。日中戦争(1937年 ? 1945年)の最中、林旺は旧日本軍のために使役し、中国遠征軍のために働き、後に中国国民党の軍隊の一員として中国へ、そして台湾(中華民国)へと渡った。林旺は人生の大半を台北市立動物園で過ごし、台湾で最も知名度と人気の高い動物となった。老若男女から「林旺爺爺」(リンワンおじいちゃん)というあだ名で親しまれた。林旺 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台市八木山動物公園

    仙台市八木山動物公園から見たアジアゾウアジアゾウ

    1963年(昭和38年)、アジアゾウの「トシコ」が、閉鎖された大阪府堺市の動物園から来園。仙台市八木山動物公園 フレッシュアイペディアより)

  • 戦時猛獣処分

    戦時猛獣処分から見たアジアゾウアジアゾウ

    第二次世界大戦後の1949年(昭和24年)、上野動物園がある台東区の子供たち(台東区子供議会)からの「生きたゾウが見たい」という要望に対してインドの首相ジャワハルラール・ネルーが応え、同年9月にインド政府から上野動物園にメスのアジアゾウ1頭が贈られた。このゾウは「インディラ」と命名されたが、ネルー首相の娘であり後に首相となるインディラ・ガンディーが名祖であるとされる。戦時猛獣処分 フレッシュアイペディアより)

  • ディークシャーブーミ

    ディークシャーブーミから見たアジアゾウアジアゾウ

    中央上部も吹き抜けになっており、丸天井はベランダで囲まれている。4つに区画された丸天井には噴水がそなえられてもいる。上部にはスラブとささやかに装われた庇があり、ラジャスターン州ドールプール産の上質な大理石がストゥーパの床板に用いられている。この建物には4つの扉が開かれている。アショーカ・チャクラ(アショーカ王の法輪)によって装飾された扉は、大きな弓形をしている。太古の時代を思わせる馬や、獅子の彫像がしつらえられている。周囲には、ナーグプール向上財団(Nagpur Improvement Trust)によって整備されている庭園があり、正面にはアーンベードカルやブッダの像がおかれている。ディークシャーブーミ フレッシュアイペディアより)

  • 台北市立動物園

    台北市立動物園から見たアジアゾウアジアゾウ

    主な展示動物 - ベンガルトラ、アジアゾウ、ヒョウ、マレーグマ、マレーバク、オランウータン、フクロテナガザル、ブタオザル、マレーガビアル台北市立動物園 フレッシュアイペディアより)

  • ラフィアの戦い

    ラフィアの戦いから見たアジアゾウアジアゾウ

    左翼側に位置したプトレマイオス4世はセレウコス朝軍右翼の突撃に対して戦象を突撃させて対応した。しかし戦象部隊はプトレマイオス4世の期待に反し、セレウコス朝軍の戦象部隊によって壊走した。元々象の数が少なかった事に加えて、プトレマイオス朝軍の用いたマルミミゾウは、セレウコス朝が用いたインドゾウに比べて体格が小さく歯が立たなかった。その上ラッパ音に怯えて混乱したとも記録されている。これに続いてアンティオコス3世はプトレマイオス朝軍の外側から騎兵部隊を回りこませ側面攻撃をかけた。これによってプトレマイオス4世率いるプトレマイオス朝軍左翼は全面的な敗走に陥りセレウコス朝軍による激しい追撃に晒されて壊滅した。ラフィアの戦い フレッシュアイペディアより)

  • 白輪剛史

    白輪剛史から見たアジアゾウアジアゾウ

    動物の取引価格について、2009年に白輪が著書で明らかにしたが、白輪は「「違法取引が横行する原因」などの理由で、これまで動物の値付けの公開はタブー視された」としたうえで、値段からくる動物の価値を一般人に知らせること、また哺乳類の80%は輸入禁止で価格が知られても構わないことなどの理由から、輸入禁止の動物を中心に値段を明かしたと語っている。それによると、アフリカライオンの仔は45万円、フタユビナマケモノは65万円、ケープペンギンは80万円、ラッコは250万円、トラは500万円、アルダブラゾウガメは500万円、キングペンギンは800万円、シロサイは1,200万円、アミメキリンは350万円?1,300万円、アジアゾウは3,000万円、ニシローランドゴリラは8,000万円、シャチは1億円、シーラカンスは3億円、などとなっており、これらは日本テレビの番組『スッキリ!!』でも公表された。著書で白輪は動物飼育の困難さを経験も交えて書き、「(動物は)やっぱり動物園や自然下で観察しましょうね」と書き著している。また白輪は、「保護団体から動物商は非難されるが、動物商は動物が絶滅したなら死活問題であり、保護団体よりも真剣に動物保護を考えている。保護団体は人員不足で絶滅危惧種(の激増)への対応ができかね、保護に失敗して個体数減少を招くことがあると聞く。動物商は絶滅危惧種の生態を熟知しており、動物商が保護をしたほうがよい。」とする主旨を取材で答え、動物商が絶滅危惧種の保護をすべきだと考えており、更に、保護団体に何度も対話を呼びかけるが断られていることも明かした。白輪剛史 フレッシュアイペディアより)

  • マーラ (アジアゾウ)

    マーラ (アジアゾウ)から見たアジアゾウアジアゾウ

    マーラ(2011年9月17日 -2017年8月13日 )は「のんほいパーク」(愛知県豊橋市)で飼育されるメスのアジアゾウである。このゾウの誕生は日本でのアジアゾウ繁殖成功例の4例めである。2013年1月、1歳4か月で両前脚の骨折が判明し、懸命の治療が行われ、骨折が完治するが、ほとんど寝たままの状態で過ごさざるをえなかったために筋力が衰え立てなくなり、その衰えた筋力を回復させるリハビリが行われている。この治療が成功すれば、日本初の例となるとされていたが、2017年8月13日午前11時頃死亡した。マーラ (アジアゾウ) フレッシュアイペディアより)

131件中 61 - 70件表示