131件中 81 - 90件表示
  • デンバー動物園

    デンバー動物園から見たアジアゾウアジアゾウ

    トヨタ・エレファント・パッセージ(Toyota Elephant Passage)は5千万ドルをかけて建設された4ヘクタールの展示。12頭飼育できる設備(そのうち8頭はオス用)は、オープニング時点において世界最多のオスゾウを飼育可能な施設であった。アジアゾウの他、インドサイ、マレーバク、ウンピョウを飼育しており、プレデター・リッジと同様の方法で展示区画を順番に移動させている。動物のための遊歩道は3キロメートル以上あり、プールの水量は合計420万リットルに達する。テナガザルは来場者の頭上を綱渡りして島の間を移動する。小型の種のために屋内展示設備がある。また、将来北アメリカ地域で飼育されているインドサイとアジアゾウのための繁殖施設を予定しているデンバー動物園 フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール動物園

    シンガポール動物園から見たアジアゾウアジアゾウ

    アジアゾウの生態を説明するショーがある。シンガポール動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 獏

    から見たアジアゾウアジアゾウ

    なお、京都大学名誉教授 林巳奈夫の書いた『神と獣の紋様学―中国古代の神がみ―』によれば、古代中国の遺跡から、実在する動物であるバクをかたどったと見られる青銅器が出土している。このことから、古代中国にはバク(マレーバク)が生息しており、後世において絶滅したがために、伝説上の動物・獏として後世に伝わった可能性も否定はできない。なお古代中国においては、他にもアジアゾウやインドサイが生息しており、その後絶滅している。 フレッシュアイペディアより)

  • 甲府市遊亀公園附属動物園

    甲府市遊亀公園附属動物園から見たアジアゾウアジアゾウ

    1926年(昭和元年) - アジアゾウを購入。このゾウが市立動物園ではじめて飼育されたゾウとなる。甲府市遊亀公園附属動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 香水

    香水から見たアジアゾウアジアゾウ

    『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』の中では、クラブ歌手の女性がインドゾウの悪臭に耐えかねて、香水をふりかけるシーンがある。香水 フレッシュアイペディアより)

  • ダヌムバレー保護地域

    ダヌムバレー保護地域から見たボルネオゾウアジアゾウ

    低地雨林は多くの鳥や哺乳動物の生息場所であり、2009年に新種のメガネハナドリ(英名: Spectacled Flowerpecker)が記録された唯一の場所である。哺乳類は125種が記録されており、オランウータン、テナガザル、およびメガネザルを含むその他の霊長目のほか、シカ(スイロク)、ヤマネコ、希少なボルネオゾウ (Elephas maximus borneensis) も観察される。その他注目すべき種として、マレーグマやスマトラサイが地域に生息する。ダヌムバレー保護地域 フレッシュアイペディアより)

  • キナバタンガン川

    キナバタンガン川から見たアジアゾウアジアゾウ

    川の上流の生態環境は、農園のための過度の伐採と土地の開墾によって大幅に破壊されている。しかし、岸辺に近い従来の低地林やマングローブ湿地の大部分は残され、イリエワニ (Crocodylus porous) の比較的適正な個体数の保護区を備えるとともに、ボルネオ島の野生生物のいくつかは最高の密度を有する。特筆すべきはボルネオ島固有のテングザルやオランウータン、アジアゾウ(ボルネオゾウ)、スマトラサイである。そのほかカニクイザル、ブタオザル (Southern pig-tailed macaque)、シルバールトン (Silvery lutung) などのほか、バンテン、爬虫類ではミズオオトカゲ、ヨロイハブ、マングローブヘビ (Boiga dendrophila) なども生息し、また、その領域は多様な野鳥でも知られている。キナバタンガン川 フレッシュアイペディアより)

  • 阿蘇カドリー・ドミニオン

    阿蘇カドリー・ドミニオンから見たスマトラゾウアジアゾウ

    2001年4月21日から11月4日まで、園は5頭のスマトラゾウを展示した。象のショーが行われ、入園者はゾウにまたがることができた。ゾウはインドネシアから期限付きの貸し出しであるため、半年ほどでゾウはいなくなった。このゾウの訪日は、園の「スマトラ象を救おうプロジェクト」というもので、収益金はインドネシアの希少動物の保護に使われた。2003年、園は再びゾウを呼ぼうとして許可を得たが、動物愛護団体「地球生物会議ALIVE」の調査で輸入書類の不備が判り、経済産業省に抗議活動が行われ、民主党の鮫島宗明衆院議員の国会質問などにより、経産省が許可を取り消したため、園にゾウは来なくなった。阿蘇カドリー・ドミニオン フレッシュアイペディアより)

  • キャッツ・ドント・ダンス

    キャッツ・ドント・ダンスから見たアジアゾウアジアゾウ

    60歳ほどと思われる巨大なアジアゾウの男性。マンモス映画という大手映画会社のマスコットになっており、仕事においてもカツラと作り物のキバを付けさせられてマンモスに仮装し、マンモス映画が製作する映画の冒頭で吼えるマンモスの役を演じている。(この冒頭で吼えるマンモスは「レオ・ザ・ライオン」のパロディ。)しかし彼の本来の特技と才能はピアニストであり、その腕は一流。キャッツ・ドント・ダンス フレッシュアイペディアより)

  • 浅草花やしきの象

    浅草花やしきの象から見たアジアゾウアジアゾウ

    浅草花やしきの象(あさくさはなやしきのぞう、1870年頃 - 1932年10月6日)は、1888年(明治21年)にシャム王国から明治天皇に日暹修好通商に関する宣言(日タイ修好宣言)調印記念として贈呈されたオスのアジアゾウである。恩賜上野動物園で35年にわたって飼育された後、浅草花やしきに譲渡されて9年生き、62歳の高齢で死亡した。この象は「暴れ象」として悪名が高く一時は殺処分まで検討されていたが、結局は寿命を全うしている。浅草花やしきの象 フレッシュアイペディアより)

131件中 81 - 90件表示

「アジアゾウ」のニューストピックワード