73件中 11 - 20件表示
  • アジアゾウ

    アジアゾウから見た森林

    主に森林に生息する。食物を求めて放浪するが、近年では生息地の破壊により季節的な移動でも30-40キロメートルに限られる。メスと幼獣からなる群れを形成し、群れに発情したメスがいる場合はオスも加わる。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見たスマトラゾウ

    Elephas maximus sumatranus Temminck, 1847 スマトラゾウ Sumatran elephantアジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見た震災

    不整地での運搬労働力として、現代でも重機の代用として有用であり、東南アジア地域の震災復興において重機の代わりに派遣された。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見たスマトラ島

    現生は、インド亜大陸(スリランカ、インド、バングラデシュ、ネパール、ブータン)、インドシナ半島(ラオス、ミャンマー、マレー半島、タイ、カンボジア、ベトナム)、中国大陸南端部(中華人民共和国南端部〈雲南省、シーサンパンナ・タイ族自治州、思茅区、臨滄市〉)、インドネシアのスマトラ島およびボルネオ島に分布しているが、古代以前は、北は中国大陸北部(河北)、西は西アジアまで、今日より遥かに広く地域が棲息地であった。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見た中華人民共和国

    個体数と棲息域の広さは現生アジアゾウで最大。中国南部に棲息するグループには別亜種と見なす説まであるが、調査は進まず、情報量は乏しい。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見た

    出産直後の幼獣は体重50-150キログラム。メスは上顎の門歯(牙)が口外に出ない。オスでも多くの個体(約90%)でが口外に出ない。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見た種 (分類学)

    11前後のの存在が知られているアジアゾウ属であるが、現生種はアジアゾウ 1のみである(2013年の知見)。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見た分類学

    アジアゾウ(学名:Elephas maximus、英語名:Asian elephant)は、哺乳綱- ゾウ目(長鼻目)- ゾウ科- に分類されるゾウ。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見た人工授精

    また、海外では人工授精での繁殖に成功している。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見たブータン

    現生は、インド亜大陸(スリランカ、インド、バングラデシュ、ネパール、ブータン)、インドシナ半島(ラオス、ミャンマー、マレー半島、タイ、カンボジア、ベトナム)、中国大陸南端部(中華人民共和国南端部〈雲南省、シーサンパンナ・タイ族自治州、思茅区、臨滄市〉)、インドネシアのスマトラ島およびボルネオ島に分布しているが、古代以前は、北は中国大陸北部(河北)、西は西アジアまで、今日より遥かに広く地域が棲息地であった。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示

「アジアゾウ」のニューストピックワード