101件中 51 - 60件表示
  • 全快はつらつコメディ お笑いドクター24時!!

    全快はつらつコメディ お笑いドクター24時!!から見たアジアンアジアン

    レギュラー出演者は前番組『爆笑!ふれあいコメディ こちらかきくけ公園前』からの続投となる小籔・藤井・未知やすえ・池乃めだかに、準レギュラー出演していたたむらけんじが新たに加入したほか、山田花子が『あったか人情コメディ 湯けむりパラダイス!』以来となるレギュラー復帰を果たした。小籔は『かきくけ公園前』に続き、医師役を演じる。その他にもモンスターエンジン、アジアン、渡辺直美、浅香あき恵、エド・はるみと若手からベテラン陣まで幅広く起用されている。また木村は『松ちゃん浜ちゃんの純情通り3番地』以来、18年ぶりの日曜笑劇場枠出演となる。『なにわ人情コメディ 横丁へよ?こちょ!』以来出演していた未知は、本作が日曜笑劇場枠の最終出演作になった。全快はつらつコメディ お笑いドクター24時!! フレッシュアイペディアより)

  • ストリーク

    ストリークから見たアジアンアジアン

    後輩のアジアン隅田が楽屋で吉本に「吉本さん、すみませんけど、たこ焼き買ってきてくれませんか?」と冗談で頼んだところ、怒るかと思いきや普通に「いいよ」と言って買いに行き、帰ってきてみると8個入りのはずが7個しか入っておらず、吉本は「俺は先輩やねんぞ!」と口をもごもごさせながら言っていた。ストリーク フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見たアジアンアジアン

    結成:アンガールズ、とろサーモン、ザ・プラン9、アジアン、ゆったり感、スーパーマラドーナ、オキシジェン、あきげん、フラミンゴ、あどばるーん、ペイパービュウ、ツインズ、キャラメルマシーン、3ガガヘッズ日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • 絶対に笑ってはいけないスパイ24時

    絶対に笑ってはいけないスパイ24時から見た隅田美保アジアン

    隅田美保(アジアン) - 美少女時代メンバー絶対に笑ってはいけないスパイ24時 フレッシュアイペディアより)

  • 絶対に笑ってはいけないスパイ24時

    絶対に笑ってはいけないスパイ24時から見たアジアンアジアン

    馬場園梓(アジアン) - 松本・遠藤と混浴絶対に笑ってはいけないスパイ24時 フレッシュアイペディアより)

  • 絶対に笑ってはいけないスパイ24時

    絶対に笑ってはいけないスパイ24時から見た馬場園梓アジアン

    馬場園梓(アジアン) - 松本・遠藤と混浴絶対に笑ってはいけないスパイ24時 フレッシュアイペディアより)

  • 絶対に笑ってはいけない熱血教師24時

    絶対に笑ってはいけない熱血教師24時から見た隅田美保アジアン

    隅田美保(アジアン) - 宝塚工業の不良グループ「隅田愚連隊」リーダー絶対に笑ってはいけない熱血教師24時 フレッシュアイペディアより)

  • 絶対に笑ってはいけない熱血教師24時

    絶対に笑ってはいけない熱血教師24時から見たアジアンアジアン

    隅田美保(アジアン) - 宝塚工業の不良グループ「隅田愚連隊」リーダー絶対に笑ってはいけない熱血教師24時 フレッシュアイペディアより)

  • テンダラー (お笑いコンビ)

    テンダラー (お笑いコンビ)から見たアジアンアジアン

    コントも漫才もこなすが、お笑いの賞はあまりとったことがない。過去に1度、第1回よしもとお笑いワールドグランプリでの優勝(MBS)のみ。2006年、MBS新世代漫才アワードにて決勝まで進出したものの、優勝まであと1歩というところでNON STYLEに敗れ、2位となった。また2007年には準決勝で優勝したアジアンに敗れた。2008年もMBS新世代漫才アワードで再びアメリカザリガニ、とろサーモンともに決勝まで進出したもののアメリカザリガニに敗れ、またしても2位に終わった。THE MANZAI 2011は予選7位の成績で決勝進出。決勝戦一次グループではHi-Hi、スリムクラブと同点で並ぶも、視聴者投票のポイント差により敗退。テンダラー (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • ドラまちがい

    ドラまちがいから見たアジアンアジアン

    2012年度では、間違い探しは大天才テレビジョンドラマ部の監督適正試験という名目になり、ドラマ部部長馬場園梓が出題者となる。ドラマの中で間違っている小道具を4つ探す形式で、視聴者から送られたアイディアが採用されている。ドラマは4話完結で、3話までは1話ごとに成績の悪かったてれび戦士が『お勉強タイム』として、馬場園からドラマの内容にちなんだムチャ振りを指示され、実行する。4話ではこれまでの結果を合計して1番だったてれび戦士にご褒美が与えられる。また、『便利屋ゴエイ』からは、ボーナスポイントを導入し、主人公の小さな変化を見つけると2ポイント追加されるようになった。ドラまちがい フレッシュアイペディアより)

101件中 51 - 60件表示

「アジアン」のニューストピックワード