前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
125件中 1 - 10件表示
  • アジアン

    アジアンから見た関西テレビ放送

    にじいろジーン(関西テレビ、2012年3月31日 - )※不定期出演アジアン フレッシュアイペディアより)

  • アジアン

    アジアンから見たテレビ朝日

    笑う妖精(テレビ朝日、2010年6月12日深夜)- 隅田のみ。美しいもの(「美しい花」「雨が降った後の虹」)を表現する芸を披露。アジアン フレッシュアイペディアより)

  • アジアン

    アジアンから見た友近

    爆笑レッドカーペット(フジテレビ)キャッチコピーは「漫才版 東洋の魔女」。コラボカーペットで友近やいとうあさこ&フォーリンラブバービー(隅田のみ)、マシンガンズ&アンガールズ田中卓志(隅田のみ)と共演。アジアン フレッシュアイペディアより)

  • アジアン

    アジアンから見た松本人志

    M-1グランプリでは2002年大会で初めて準決勝進出を果たし、2004年大会でも準決勝進出を果たすと、2005年大会では念願の決勝進出を果たした。因みにM-1で女性同士のコンビが決勝進出を果たしたのはアジアンが史上初である。決勝大会では「早口言葉」を題材としたネタを行うも、結果は総合564点で8位という成績に終わる。審査員の中田カウスからは「漫才はうまい」「なんか子守唄を聞いて育たんと、漫才を小さい頃から聞いて育ったという感じがして、ちょっとレトロっぽく昭和っぽい匂いもしてまして」と高い評価を受けた(因みにカウスは上記の馬場園の入院延期の件を本番前に聞いていたようで、「(ハンデとして)2点余分にあげておきました」ともコメントしていた)が、ラサール石井からは「自分のリズムと、やるべきリズムとがちょっと合ってなかったというのが、ちょっと減点だった」と厳しい評価を受けた。また、松本人志からは最下位の南海キャンディーズよりも5点低い70点という評価を下されてしまっていた。その後もM-1にはラストイヤーの2009年まで出場し続けたが全て準決勝敗退に終わり、再び決勝の舞台に上がる事は無かった。アジアン フレッシュアイペディアより)

  • アジアン

    アジアンから見たチュートリアル (お笑いコンビ)

    ガキンチョ★ROCK(2003年)玉手ゴロー(チュートリアル徳井)の追っかけ 役アジアン フレッシュアイペディアより)

  • アジアン

    アジアンから見たアンガールズ

    爆笑レッドカーペット(フジテレビ)キャッチコピーは「漫才版 東洋の魔女」。コラボカーペットで友近やいとうあさこ&フォーリンラブバービー(隅田のみ)、マシンガンズ&アンガールズ田中卓志(隅田のみ)と共演。アジアン フレッシュアイペディアより)

  • アジアン

    アジアンから見たいとうあさこ

    爆笑レッドカーペット(フジテレビ)キャッチコピーは「漫才版 東洋の魔女」。コラボカーペットで友近やいとうあさこ&フォーリンラブバービー(隅田のみ)、マシンガンズ&アンガールズ田中卓志(隅田のみ)と共演。アジアン フレッシュアイペディアより)

  • アジアン

    アジアンから見たチャンカワイ

    チャンカワイと交際していたが、破局。アジアン フレッシュアイペディアより)

  • アジアン

    アジアンから見た明石家さんま

    165cm、48kg。血液型AB型。通称「隅ちゃん」。「スタイルはとても良いが顔が残念」などとブサイクキャラとしていじられるネタが多い。舞台衣装はスーツにコサージュを付けたものが定番。その反面、自分がブサイクであることを認めていないナルシストな一面を持っており、明石家さんまなどブサイクであるといじる人間を嫌っている様子もある。相当ズボラな性格らしく、部屋を全然片づけない。馬場園いわく、冷蔵庫に飲みかけの茶が10本以上あるらしい。アジアン フレッシュアイペディアより)

  • アジアン

    アジアンから見た中田カウス

    M-1グランプリでは2002年大会で初めて準決勝進出を果たし、2004年大会でも準決勝進出を果たすと、2005年大会では念願の決勝進出を果たした。因みにM-1で女性同士のコンビが決勝進出を果たしたのはアジアンが史上初である。決勝大会では「早口言葉」を題材としたネタを行うも、結果は総合564点で8位という成績に終わる。審査員の中田カウスからは「漫才はうまい」「なんか子守唄を聞いて育たんと、漫才を小さい頃から聞いて育ったという感じがして、ちょっとレトロっぽく昭和っぽい匂いもしてまして」と高い評価を受けた(因みにカウスは上記の馬場園の入院延期の件を本番前に聞いていたようで、「(ハンデとして)2点余分にあげておきました」ともコメントしていた)が、ラサール石井からは「自分のリズムと、やるべきリズムとがちょっと合ってなかったというのが、ちょっと減点だった」と厳しい評価を受けた。また、松本人志からは最下位の南海キャンディーズよりも5点低い70点という評価を下されてしまっていた。その後もM-1にはラストイヤーの2009年まで出場し続けたが全て準決勝敗退に終わり、再び決勝の舞台に上がる事は無かった。アジアン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
125件中 1 - 10件表示

「アジアン」のニューストピックワード