前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
342件中 1 - 10件表示
  • 天皇杯全日本サッカー選手権大会

    天皇杯全日本サッカー選手権大会から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグ決勝(3回戦が該当)天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 申台龍

    申台龍から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2009年のシーズン序盤、悪い姿を見せてファンたちの心配を買ったが、その後良い成績をおさめて城南をKリーグの4位に定着させた。そして上位6つの球団が進出するプレーオフで仁川ユナイテッドと全南ドラゴンズ、浦項スティーラーズを次々と撃破し、正規リーグを1位で終えた全北現代モータースとのチャンピオン決定戦で激突することになった。ホームでは0-0で引き分け、第2戦で1-3のスコアで完敗を喫し、城南の優勝は挫折した。この時、出場停止でベンチに座ることができなくなった試合がないにも観客席に上がって無線機を使用して選手たちを指揮して好成績を収めたいわゆる"無線機マジック"が話題になった2010年2月、城南一和の正式監督に就任した。予算削減で、2009シーズンよりチームの戦力が弱くなった状態でAFCチャンピオンズリーグとリーグを並行しなければならないことを懸念する見方が多かったが、ACLのグループリーグを1位で通過して、Kリーグでも上位の成績を出した。ガンバ大阪、水原三星ブルーウィングス、アル・シャバブを順に破ってチームを決勝に進出させ、3人の主力選手が欠場した決勝戦でゾブ・アハンを3-1で破り優勝した。申台龍監督は、史上初の選手と監督両方でのACL優勝を達成した。2012年シーズン終了後、12位に終わった成績不振の責任を取って城南の監督を辞任した。申台龍 フレッシュアイペディアより)

  • 天津泰達足球倶楽部

    天津泰達足球倶楽部から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2008年 スーパーリーグ4位。翌年のAFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得。天津泰達足球倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ファルハード・マジーディー

    ファルハード・マジーディーから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    マジーディーのキャリアにおいて最も活躍した時期の一つがアル・アインFCへと短期間のローン移籍した期間である。マジーディーはAFCチャンピオンズリーグ2002-03準決勝の大連実徳戦で得点を挙げ、アル・アインFCをAFCチャンピオンズリーグ決勝の舞台に導いた。その後マジーディーはクラブ史上初となるAFCチャンピオンズリーグ (前身のアジアクラブ選手権も含む) の優勝を成し遂げた。ファルハード・マジーディー フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ ディビジョン1

    Jリーグ ディビジョン1から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    またAFCチャンピオンズリーグに進出するクラブ(前年度J1リーグ上位3クラブ+天皇杯優勝クラブ)がAFCチャンピオンズリーグの日程(特にアウェー)に影響がある場合は対象となるクラブの試合を日曜日、あるいは後日の平日に延期することがある(特に、ゴールデンウィークはリーグ戦とACLの日程が重複し、ACL参加クラブはACLを優先する日程を組み、J1の試合はゴールデンウィーク後の平日に試合日程を組むが、5月下旬-6月中旬<年度にもよる>に日本代表の国際試合と強化期間などが重なる影響もあり、6月下旬-7月中旬ごろの強化期間明けに延期することもある)。Jリーグ ディビジョン1 フレッシュアイペディアより)

  • ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    リーグ通算の勝利数、勝率ともに鹿島に次ぐ2位、ステージ優勝6回。また、アジアクラブ選手権でも3年連続で決勝進出を果たした実績を有する。ジュビロ磐田 フレッシュアイペディアより)

  • ドラガン・ストイコビッチ

    ドラガン・ストイコビッチから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    現役引退後はユーゴスラビア(→セルビア・モンテネグロ)協会会長やレッドスター・ベオグラード会長を歴任し、2008年に名古屋の監督に就任。2009年にAFCチャンピオンズリーグで準決勝へ進出、2010年にクラブ初のJ1リーグ優勝に導いた。ドラガン・ストイコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋グランパス

    名古屋グランパスから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    その後、2001年に豊田スタジアムが完成してからは、基本の本拠地を瑞穂陸(一部瑞穂球)としつつ、集客力の期待できる試合については豊田スで開催し、長良川からは撤退。2012年にホームタウンの拡大に伴い正式に「瑞穂陸・豊田ス併用」となった。名目上折半開催となるものの、豊田スの芝生管理の関係で夏季の数試合、および水曜日に行われる試合(AFCチャンピオンズリーグ・Jリーグカップなどを含む)については基本的に瑞穂陸で開催されるが、リーグ戦の過半数は豊田スで開催されている。名古屋グランパス フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    国内大会ではリーグ史上最多のタイトルを獲得している一方で、国際大会で獲得したタイトルは2003年のA3チャンピオンズカップと2012年のスルガ銀行チャンピオンシップの2つのみとなっている。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)には5回出場し、最高成績は2008年のベスト8である。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    開幕直前に山瀬功治が横浜FMへ移籍、シーズンの前半でエメルソンがカタールリーグのアル・サッドへ完全移籍し、リーグ戦は最初の8試合でわずか1勝(4分3敗)しかできず最下位も味わい、スタートダッシュに失敗。それでも途中からMFロブソン・ポンテや元クロアチア代表FWマリッチを補強して最終節まで優勝争いに加わり、優勝したG大阪と勝ち点差1の勝ち点59で2年連続の年間2位となった。得点はG大阪(82得点)に次ぐ65得点。更にリハビリから復帰した坪井慶介や2年連続Jリーグベストイレブンに選ばれた闘莉王とシーズン絶好調だった内舘秀樹、急成長した堀之内聖らの活躍でリーグ最少失点の37失点と、前半戦の苦しい戦いから見れば上々といえる内容であった。天皇杯はマリッチが全試合で得点(5試合6得点)をあげる活躍などにより、Jリーグ発足後初(前身の三菱重工時代を含めると25年ぶり5回目)の優勝を飾り、2007年のAFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。なおこの年には香港で行われたフィリップス・ライティング国際7人制サッカー大会で優勝した。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
342件中 1 - 10件表示

「アジア・チャンピオンズリーグ」のニューストピックワード