342件中 11 - 20件表示
  • 杜威

    杜威から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2000年、上海申花の前身である上海有綫02のセンターバックまた守備的ミッドフィールダーとしてサッカーを始めた。すぐにチーム内でレギュラーの座を獲得し、上海申花の2シーズン目には甲級A組でリーグタイトルを獲得する。中国のユース代表ではキャプテンを務めた他、2002年のFIFAワールドカップのメンバーに20歳の若さで選出され、2試合に出場するなど、代表としても存在感を見せる。また、アテネオリンピックの予選などでも活躍した。上海申花では目覚ましい活躍を見せたため、スコットランドのセルティックが関心を寄せ、代理のRAMPマネージメント・グループを通じて、2005年8月から半年間の期限付きで移籍。ベンチ入りはしたものの、出場機会に恵まれず、初めて出場した2006年1月の対クライドFC戦ではプレーに精彩を欠き、45分間の出場でトム・ブライトンと交代する。このゲームは2-1でクライドFCが勝利した。 同月、出場した試合で活躍を見せられなかったことも影響し、セルティックとの契約期間満了に伴い、上海申花に復帰した。レギュラーの座でプレーしながら、2008年には同チームのキャプテンになる。2010年、上海申花と同じ背番号5番で杭州緑城に移籍し、キャプテンに選任された。この年、チームは最後に超級4位まで上昇し、初のAFCチャンピオンズリーグ出場を果たした。2011年のシーズン終了後、杭州緑城から他のクラブへ移籍する予定であったが、2012年から指揮を執る契約を結んだ岡田武史がそれを阻止した。2010年東アジア選手権の対日本代表戦で中国代表として見せたプレーや、2011年AFCチャンピオンズリーグの対名古屋グランパス戦で杭州緑城のメンバーとして見せたプレーを、岡田が評価したことがその理由であった。2012年7月、シーズン中盤の移籍市場で山東魯能に移籍した。杜威 フレッシュアイペディアより)

  • アル・タラバ

    アル・タラバから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    アジアクラブ選手権: 1回 (第6回 1986-1987;4位)アル・タラバ フレッシュアイペディアより)

  • セルジオ・ファリアス

    セルジオ・ファリアスから見たAFCアジアチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2005年にKリーグの浦項スティーラースの監督に就任。同国初のブラジル人監督となる。2007年にはリーグは5位で終わるがプレーオフで勝ち進み、同チームを優勝に導く。2008年には韓国FAカップで優勝を果たしている。ACLには2008年、2009年と連続出場し、2008年はグループリーグ敗退したが2009年はクラブを初のACL優勝に導く(クラブは前身のアジアクラブ選手権で2回優勝経験がある)。2008年にKリーグの外国人監督の最多勝利記録を更新した。韓国内では代表監督に推されるほどの高い評価を得ている。セルジオ・ファリアス フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木隼人

    鈴木隼人から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    清水エスパルスユース時代は世代別日本代表に選ばれるなど将来が有望視されていた。2001年にトップチームへ昇格。アジアカップウィナーズカップやAFCチャンピオンズリーグにも出場したが、リーグ戦を含めて出場機会に恵まれることがなく2004年に退団。2005年に大木武監督(当時)に誘われ、ヴァンフォーレ甲府に移籍。本来のボランチではなくトップ下で起用され、当初は2得点を挙げる活躍を見せるもシステムの変更などにより終盤には出場機会を失い、同年戦力外通告を受ける。その後Jリーグ合同トライアウトに参加するが現役を引退し、FCトッカーノのコーチをしていたが、2009年からS.C.相模原に入団した。鈴木隼人 フレッシュアイペディアより)

  • マグノ・アウベス・ジ・アラウージョ

    マグノ・アウベス・ジ・アラウージョから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2006年、2年間所属した大分の財政難もあり、ガンバ大阪に完全移籍。AFCチャンピオンズリーグにおいて、チームはGL敗退となったが、8得点を記録し得点王。Jリーグにおいても、26得点を挙げ得点王に輝いた。入れ替わりに移籍し、前年の得点王だったアラウージョとプレースタイルは違うものの、ストライカーとして活躍した。マグノ・アウベス・ジ・アラウージョ フレッシュアイペディアより)

  • アーザーデガーン・リーグ

    アーザーデガーン・リーグから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    1991年、全国リーグはイラン・イラク戦争から帰還した捕虜を称え、ペルシア語で逃げてきた人々を意味するアーザーデガーン・リーグと名付けられた。リーグ参加クラブ数は年々増えていった。最初の4シーズンはパス・テヘランやサイパが優勝を分け合っていた。パス・テヘランとエステグラルはリーグ戦で優勝し、1990年代にアジアクラブ選手権に参加していた。90年代なかばにはペルセポリスやエステグラルがリーグ優勝を果たし、1995年から2001年まではペルセポリスとエステグラルが優勝を分け合っていた。アーザーデガーン・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • アンヴァルジャン・サリエフ

    アンヴァルジャン・サリエフから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    ブニョドコルでの初めてのシーズンとなった2008年、サリエフは12ゴールを挙げた。彼は現在ブニョドコルで46ゴールを挙げており、リバウドとセルヴェル・ジェパロフを抑えてクラブの最多得点記録を保持している (2012年11月21日時点) 。AFCチャンピオンズリーグでは全シーズンをあわせて16ゴールを挙げている。サリエフは2012年シーズン終了時点で217ゴールを挙げており、ウズベク人プロサッカー選手として100ゴール以上を挙げた者のみに入会資格があるゲンナディ・クラスニツキー・クラブの会員である。アンヴァルジャン・サリエフ フレッシュアイペディアより)

  • AFCカップ

    AFCカップから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    これまでアジアのクラブチーム間の国際公式戦は「アジアクラブ選手権」(各国リーグ戦優勝チームによる大会)、「アジアカップウィナーズカップ」(各国主要カップ戦優勝チームによる大会)と、この2大会の優勝チームが更にアジアナンバーワンの座をかけて争った「アジアスーパーカップ」の3大会があったが、これを統合して2002~2003年シーズンに「AFCチャンピオンズリーグ」として再スタートした。AFCカップ フレッシュアイペディアより)

  • バンコク・ユナイテッドFC

    バンコク・ユナイテッドFCから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2006年、バンコク・ユニバーシティFC時代に初めてリーグ優勝し、翌2007年にAFCチャンピオンズリーグへ初出場。川崎フロンターレや全南ドラゴンズ(韓国)と引き分けるなど善戦するも結局グループリーグ4位に終わった。バンコク・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    11月14日に行われたACL決勝でも先制点を決め、大会MVPに選出された。12月10日のFIFAクラブワールドカップ準々決勝フーラッド・モバラケ・セパハンFC戦で先制点を挙げ、同大会史上初の日本人スコアラーとなった。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

342件中 11 - 20件表示

「アジア・チャンピオンズリーグ」のニューストピックワード