578件中 21 - 30件表示
  • アレクサンダー・ドゥリッチ

    アレクサンダー・ドゥリッチから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2002 FIFAワールドカップが終ると、アジアサッカー連盟はAFCチャンピオンズリーグとAFCカップを刷新した。2001年のSリーグ覇者であるゲイラン・ユナイテッドFCはAFCチャンピオンズリーグ2002-2003の予選大会に参加した。東地区予選第2ラウンドでブルネイDPMM FCと戦い、ホームで1得点、アウェイで2得点を同クラブから奪い、2戦合計で7-0となり、勝利を齎した。その後、上海申花と最終予選で対戦し、彼は1得点を第2試合で決めたものの及ばず、5-1で敗北した。アレクサンダー・ドゥリッチ フレッシュアイペディアより)

  • アジアカップウィナーズカップ

    アジアカップウィナーズカップから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    創設は1990-91年度。大会にはAFCに加盟する各国・地域の主要カップ戦優勝チームが出場できた。ヨーロッパにおけるUEFAカップウィナーズカップに相当する。この大会は2002-03年度にアジアクラブ選手権、アジアスーパーカップとの大会統合によりAFCチャンピオンズリーグへ発展解消された。アジアカップウィナーズカップ フレッシュアイペディアより)

  • AFCチャンピオンズリーグ 2007 決勝

    AFCチャンピオンズリーグ 2007 決勝から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグ2007 決勝(-けっしょう、)は、アジアサッカー連盟(AFC)により開催されるAFCチャンピオンズリーグ2007の決勝戦であり、5回目のAFCチャンピオンズリーグの決勝戦である(アジアクラブ選手権時代を含めると26回目)。試合は第1戦が2007年11月7日水曜日にフーラッドシャフルのフーラッドシャフル・スタジアム、第2戦が2007年11月14日水曜日にさいたまの埼玉スタジアム2002で開催された。決勝戦はイランサッカーリーグに所属するセパハンと、Jリーグに所属する浦和レッドダイヤモンズの間で行われた。浦和レッドダイヤモンズがセパハンを2戦合計3-1で下し、初優勝を果たした。AFCチャンピオンズリーグ 2007 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • アル・タラバ

    アル・タラバから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    アジアクラブ選手権: 1回 (第6回 1986-1987;4位)アル・タラバ フレッシュアイペディアより)

  • アンヴァルジャン・サリエフ

    アンヴァルジャン・サリエフから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    ブニョドコルでの初めてのシーズンとなった2008年、サリエフは12ゴールを挙げた。彼は現在ブニョドコルで46ゴールを挙げており、リバウドとセルヴェル・ジェパロフを抑えてクラブの最多得点記録を保持している (2012年11月21日時点) 。AFCチャンピオンズリーグでは全シーズンをあわせて16ゴールを挙げている。サリエフは2012年シーズン終了時点で217ゴールを挙げており、ウズベク人プロサッカー選手として100ゴール以上を挙げた者のみに入会資格があるゲンナディ・クラスニツキー・クラブの会員である。アンヴァルジャン・サリエフ フレッシュアイペディアより)

  • アハメド・ドゥキ

    アハメド・ドゥキから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    1999-00シーズンには、アル・ヒラルの一員としてアジアクラブ選手権とアジアスーパーカップの二冠に貢献した。その後、2005年に移籍したアル・イテハドでもAFCチャンピオンズリーグの優勝を味わった。アハメド・ドゥキ フレッシュアイペディアより)

  • AFCチャンピオンズリーグ2007

    AFCチャンピオンズリーグ2007から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグ2007(AFC Champions League 2007)は、2002-2003年に第1回大会が行われて以来、5回目のAFCチャンピオンズリーグである。インドネシア、オーストラリア、韓国、中国、日本、アラブ首長国連邦、イラク、イラン、ウズベキスタン、カタール、クウェート、サウジアラビア、シリアの13の国の地域から2チーム、タイ、ベトナムの2ヶ国から1チーム、そして前回優勝チームを加えた計29チームが参加した(韓国は前回優勝チームを加え3チーム出場となる)。優勝は日本の浦和レッドダイヤモンズで、日本勢としてはアジアクラブ選手権時代の1999年のジュビロ磐田以来、現行の大会になってからは初の優勝となった。AFCチャンピオンズリーグ2007 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木隼人 (サッカー選手)

    鈴木隼人 (サッカー選手)から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    清水エスパルスユース時代は世代別日本代表に選ばれるなど将来が有望視されていた。2001年にトップチームへ昇格。アジアカップウィナーズカップやAFCチャンピオンズリーグにも出場したが、リーグ戦を含めて出場機会に恵まれることがなく2004年に退団。2005年に大木武監督(当時)に誘われ、ヴァンフォーレ甲府に移籍。本来のボランチではなくトップ下で起用され、当初は2得点を挙げる活躍を見せるもシステムの変更などにより終盤には出場機会を失い、同年戦力外通告を受ける。その後Jリーグ合同トライアウトに参加するが現役を引退し、FCトッカーノのコーチをしていたが、2009年からS.C.相模原に入団し、2010年までプレイ。鈴木隼人 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 杭州緑城足球倶楽部

    杭州緑城足球倶楽部から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    中国サッカー・スーパーリーグで4位に入り、AFCチャンピオンズリーグの出場権を初めて獲得。杭州緑城足球倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグチャンピオンシップ

    Jリーグチャンピオンシップから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    勝利クラブには、Jリーグチャンピオンとしてゼロックス・スーパーカップ(天皇杯優勝クラブとの対戦)、AFCチャンピオンズリーグ (ACL)、サンワバンクカップ(1995年まで)、A3チャンピオンズカップ(2002年以降)への出場権も与えられた。Jリーグチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

578件中 21 - 30件表示