342件中 21 - 30件表示
  • ベストメンバー規定

    ベストメンバー規定から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグ出場チームと日本代表を3人以上輩出したチームは規定を緩和される事になったベストメンバー規定 フレッシュアイペディアより)

  • アジアカップウィナーズカップ

    アジアカップウィナーズカップから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    創設は1990-91年度シーズン。大会にはAFCに加盟する各国・地域の主要カップ戦優勝チームが出場できた。ヨーロッパにおけるUEFAカップウィナーズカップに相当する。この大会は2002-03年度にアジアクラブ選手権、アジアスーパーカップとの大会統合によりAFCチャンピオンズリーグへ発展解消された。アジアカップウィナーズカップ フレッシュアイペディアより)

  • アジアスーパーカップ

    アジアスーパーカップから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    アジアクラブ選手権とアジアカップウィナーズカップのそれぞれの優勝チームによるスーパーカップとして開催され、ホーム・アンド・アウェー方式の2試合の合計スコアをもとに優勝を決めた。2002-03年度にAFCチャンピオンズリーグの設立に伴い発展解消した。結果アジアクラブ選手権優勝チームの5勝3敗で幕を閉じた。アジアスーパーカップ フレッシュアイペディアより)

  • アハメド・ドゥキ

    アハメド・ドゥキから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    1999-2000シーズンには、アル・ヒラルの一員としてアジアクラブ選手権とアジアスーパーカップの二冠に貢献した。その後、2005年に移籍したアル・イテハドでもAFCチャンピオンズリーグの優勝を味わった。アハメド・ドゥキ フレッシュアイペディアより)

  • 扇原貴宏

    扇原貴宏から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2011年 - 背番号を2番に変更。5月3日に行われたAFCチャンピオンズリーグのアレマ・インドネシア戦にてプロデビュー。センターバックとボランチの併用で公式戦13試合に出場し4ゴールを記録した。ロンドンオリンピックを目指すU-23サッカー日本代表にも選出され、アジア最終予選に出場。扇原貴宏 フレッシュアイペディアより)

  • Aリーグ

    Aリーグから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2006年にオーストラリアサッカー連盟がオセアニアサッカー連盟からアジアサッカー連盟へ転籍したことで、Aリーグに所属するクラブがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)へ参加することが可能になった。Aリーグからの出場枠は2。初参加は2007年大会で、2005-2006シーズンの成績に基づきシドニーFCとアデレード・ユナイテッドの2クラブが参加した。2008年大会には2006-2007シーズンの成績上位チームが参加し、以降も同様となっている。出場条件として、レギュラーシーズンの1位クラブとファイナルシリーズ優勝クラブに出場権が与えられる。ただし、両者が同一クラブとなった場合、ファイナルシリーズ準優勝クラブが出場権を得る。2012年大会より従来の出場枠2に、プレーオフ枠1が加わった。これにより、レギュラーシーズン3位がACLのプレーオフ出場権を得ることとなった。しかし、2013年大会より出場枠1と、プレーオフ枠1に減らされた。その理由としてはAリーグに昇降格制度がないことと、ニュージーランドのウェリントン・フェニックスFCを除くと参加チーム数が9チームと少ない事により、AFCチャンピオンズリーグ出場規定基準のポイント数を得られなかった為である。Aリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ミハイロ・ペトロヴィッチ

    ミハイロ・ペトロヴィッチから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    同年6月、Jリーグ下位に低迷していたサンフレッチェ広島監督に就任、停滞していた流れを若手起用やコンバートで乗り切り、J1残留させた。翌2007年、現行ルールで決勝トーナメントへ進んだ事のなかったナビスコカップで初の決勝トーナメント進出を果たすものの、一部の選手に固執したことが災いし、同年末に天皇杯で決勝に進出(準優勝)するも、リーグ入れ替え戦の末J2降格。これに対し、クラブ幹部はJ2降格チームとしては異例の監督留任を決定(下記詳細)。翌2008年、ゼロックス スーパーカップ優勝、J2史上初の9月中優勝・全節首位を決め、J1昇格。J1復帰の2009年、昇格1年目のチームとしては当時の最高記録であるリーグ戦4位入賞、天皇杯の結果で繰り上げでACL出場権を獲得した。2010年、ナビスコ杯準優勝。2011年末、広島は2年連続で赤字になる見込みとなったことから累積赤字解消のため、高年俸となったペトロヴィッチの契約延長を断念した。ミハイロ・ペトロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ロビー・クルーズ

    ロビー・クルーズから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2 - FIFAクラブワールドカップの成績も含む - AFCチャンピオンズリーグでの成績は、AリーグやACLなどのグループステージの後に始まるシーズンに含めた。ロビー・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    左胸のエンブレム上に5つの星が付けられているが、2005年のJ1リーグ、2007年のナビスコカップ、2008年および2009年の天皇杯、2008年のAFCチャンピオンズリーグの5つの優勝を表している。また、2009年以降は国際試合ユニフォームにも星が1つつけられている。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 奥寺 康彦

    奥寺康彦から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    帰国した奥寺は木村和司と共に日本国内初のスペシャル・ライセンス・プレーヤー契約を結び注目を集めた。また古河の一員としてはこの年にアジアクラブ選手権優勝。日本代表にも復帰し1987年のソウル五輪アジア最終予選進出に貢献した。最終的に中国との争いとなり、左サイドバックとして第1戦では相手エースを完璧に抑え1-0の勝利に貢献したが、ホームの第2戦では奥寺の逆サイドを守備の穴として狙われ、0-2で落としソウル五輪出場は叶わなかった。奥寺康彦 フレッシュアイペディアより)

342件中 21 - 30件表示

「アジア・チャンピオンズリーグ」のニューストピックワード