578件中 31 - 40件表示
  • ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC

    ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグ2014でACL初出場すると予選で川崎、蔚山、貴州のグループHを4勝2敗で首位通過して決勝トーナメントに進出した。ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC フレッシュアイペディアより)

  • タイ・プレミアリーグ2006

    タイ・プレミアリーグ2006から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    1 2006年にオーストラリアがAFCに加盟し、ACL2枠を与えられたため、タイとベトナムの出場枠はACL2枠からACL1枠、AFCカップ1枠に削減された。タイ・プレミアリーグ2006 フレッシュアイペディアより)

  • バンコク・ユナイテッドFC

    バンコク・ユナイテッドFCから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2006年、バンコク・ユニバーシティFC時代に初めてリーグ優勝し、翌2007年にAFCチャンピオンズリーグへ初出場。川崎フロンターレや全南ドラゴンズ(韓国)と引き分けるなど善戦するも結局グループリーグ4位に終わった。バンコク・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • 蔚山現代FC

    蔚山現代FCから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグ?(旧アジアクラブ選手権を含む):1回 20x20px蔚山現代FC フレッシュアイペディアより)

  • FCパフタコール・タシュケント

    FCパフタコール・タシュケントから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    ソ連崩壊によるウズベキスタンの独立で成立したウズベク・リーグでは、1992年の第1回リーグでネフチ・フェルガナと同ポイントで優勝を分け合い、2002年から2007年までに6シーズン連続で優勝した。2003年に始まったAFCチャンピオンズリーグの常連であり、2003年と2004年には準決勝に進出した。FCパフタコール・タシュケント フレッシュアイペディアより)

  • ダリオ・コンカ

    ダリオ・コンカから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    背番号10をつけ、クラブをリーグ準優勝、ACL初出場に導いた。ダリオ・コンカ フレッシュアイペディアより)

  • エウケソン・ジ・オリヴェイラ・カルドーゾ

    エウケソン・ジ・オリヴェイラ・カルドーゾから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2012年12月24日、広州恒大と年俸200万ユーロの4年契約で合意。移籍金は570万ユーロ。AFCチャンピオンズリーグ2013のグループリーグは外国人の登録制限により登録外になっていたが、2013年シーズン途中にルーカス・バリオスの退団により、AFCチャンピオンズリーグ2013には準々決勝のレフウィヤSC戦から登録されて出場となった。その後広州恒大は準決勝で柏レイソル、決勝でFCソウルを下して広州恒大のAFCチャンピオンズリーグ初優勝を果たした。またエウケソンは決勝のFCソウル戦は第1戦はヘディング、第2戦はムリキからのパスから抜け出して右足で決めて優勝に貢献した。2013年シーズンの超級リーグでは24得点を記録して得点王になった。チームは超級リーグ3連覇を達成。エウケソン・ジ・オリヴェイラ・カルドーゾ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のJ1リーグ

    2017年のJ1リーグから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    このほか、「降格救済金」として、均等配分金と理念強化配分金の合計額に対し、「前年度の均等配分金の80%」との差額(不足額)を支給するほか、「ACLサポート」としてAFCチャンピオンズリーグ (ACL) に出場するクラブに対して総額8000万円(基本的には天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝クラブへの全額支給を前提とするが、天皇杯とJ1優勝クラブが重複した場合には出場するクラブに均等配分される)が用意された。2017年のJ1リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のJリーグ ディビジョン1

    2006年のJリーグ ディビジョン1から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    開幕戦は3月4日にG大阪対浦和戦、翌5日に残りの8試合が行われた。5月6日、7日の第12節をもってドイツW杯による中断期間に入った。再開は7月12日にAFCチャンピオンズリーグのため未消化であったG大阪対磐田戦が行われ、翌週の19日から本格的に再開された。以後はAFCアジアカップ予選などによる2週間程度の中断期間を数回挟みながら、12月2日まで開催された。2006年のJリーグ ディビジョン1 フレッシュアイペディアより)

  • インディアン・スーパーリーグ

    インディアン・スーパーリーグから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    FIFAは原則1国1リーグ制を定めており、インドに関しては先に発足しているIリーグが公認のリーグとされていた。そのため、ISLにはAFCチャンピオンズリーグなどの出場権は与えられることはなかった。だが、ISLが初年度から観客動員数などに於いて商業的に一定の成功を収めたため、Iリーグとの統合の議論がなされることになった。しかし、統合後におおよそISLが1部リーグ、Iリーグが2部と言う扱いになることに対するIリーグ側からの反発や、資金力の圧倒的な差が埋まらないため、2017年時点でもまだ統合には至っていない。その中でも、2016-17シーズンまでIリーグに所属していたベンガルールFCは、スポンサーの力が大きいことやインドのスター選手、スニル・チェトリを抱えるなどの理由で翌シーズンよりISLに移籍することとなった。全体的な統合に向けてはまだ課題が山積している。インディアン・スーパーリーグ フレッシュアイペディアより)

578件中 31 - 40件表示