342件中 31 - 40件表示
  • カタール・スターズリーグ

    カタール・スターズリーグから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)においてカタールは2004年から2008年までの間2枠が与えられていたが、ACL改革により、2009年以降の出場枠は0.25となった。本大会に出場するためにはまず国内リーグで優勝し、その後4チームで争う西アジア地区のプレーオフで1位になる必要があった。しかし、AFCの基準を満たすことに成功したため、2009年ACLにもプレーオフなしで2チーム参加できることとなった。詳しくはAFCチャンピオンズリーグを参照。カタール・スターズリーグ フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグカップ

    Jリーグカップから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    大会の開催方式は必ずしも毎年一定ではなく、オリンピックやワールドカップといった国際的スケジュールに大きく左右される要素が多い。ただし、J1が18チームになり、AFCチャンピオンズリーグ (ACL) が3月開幕となって開催時期が重複するようになった2005年大会からは以下のようなレギュレーションが定着している。Jリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • A3チャンピオンズカップ

    A3チャンピオンズカップから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2004年の第2回大会では、AFC主催のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグと日程が重なってしまった。2005年の第3回大会ではACLとの日程の重複は回避されたものの、A3とACLの両大会に出場するチームが殆どであるため、事実上それらのチーム同士のプレシーズンマッチとほとんど変わらない状態となった。A3チャンピオンズカップ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    前年の天皇杯で優勝し、既にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を得ている浦和がリーグ戦で優勝したため、規定によりAFCチャンピオンズリーグ2007への出場権を獲得した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜

    やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    Jリーグの試合ダイジェストや選手インタビュー、海外サッカー情報、そしてテレビ朝日が独占放映権を有するAFC(アジアサッカー連盟)公式戦(AFCアジアカップ、AFCチャンピオンズリーグなど)のダイジェストを放送する。テレビ朝日にとっては1993年4月から1996年9月まで放映された『Jリーグ A GOGO!!』以来、5年半ぶりの定期サッカー専門番組となった。やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田武史

    岡田武史から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    岡田はマスコミ業界への就職を志望していたが叶わず、1980年、早稲田大学政治経済学部卒業と同時に古河電工に入社。社員として働く傍ら、古河電気工業サッカー部(ジェフユナイテッド千葉の前身)に入団。大学時代と変わらず頭脳派のディフェンダーとして日本リーグで活躍し、1986年のアジアクラブ選手権優勝にも貢献した。岡田武史 フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアサッカー連盟

    東アジアサッカー連盟から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2002-03年度にアジアクラブ選手権とアジアカップウィナーズカップとアジアスーパーカップが統合されスタートしたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が、徐々に発展。2005年からクラブW杯にACL王者が出場できることになると、ACLの日程と重なるA3チャンピオンズカップの意義が問われるようになった。2008年、韓国で開催されるはずだったA3チャンピオンズカップは中止され以降、現在も事実上の休眠状態である。東アジアサッカー連盟 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグチャンピオンシップ

    Jリーグチャンピオンシップから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    勝利クラブには、Jリーグチャンピオンとしてゼロックス・スーパーカップ(天皇杯優勝クラブとの対戦)、AFCチャンピオンズリーグ、サンワバンクカップ(1995年まで)、A3チャンピオンズカップ(2002年以降)への出場権も与えられた。Jリーグチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のJリーグ

    2006年のJリーグから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    開幕戦は3月4日にG大阪対浦和戦、翌5日に残りの8試合が行われた。5月6日、7日の第12節をもってドイツW杯による中断期間に入った。再開は7月12日にAFCチャンピオンズリーグのため未消化であったG大阪対磐田戦が行われ、翌週の19日から本格的に再開された。以後はAFCアジアカップ予選などによる2週間程度の中断期間を数回挟みながら、12月2日まで開催された。2006年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のJリーグ

    2007年のJリーグから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    しかし、そこから一転、ACLの疲れからかチーム状態が一気に下降する(特にACLで優勝した後の4試合は引き分けか負けのみで、勝ち点3が1度も取れなかった)。一方の鹿島は、一時は優勝は不可能とまでささやかれるようになるも、第26節から第32節まで怒涛の7連勝で2位に浮上、33節の浦和との直接対決も制したことでその勝ち点差はとうとう「1」となった。しかし、最終節の浦和の相手はJリーグ史上最速でJ2降格(昨年も京都が最下位でJ2降格となり2年連続で前年J2優勝で昇格したチームが翌年最下位でJ2降格となった)など、多くの不名誉な記録を樹立してしまった最下位横浜FCであったことで、アウェー戦とはいえ浦和の優勝は確実とまで言われた。ところが、いざ始まってみると緊張と疲労のためか、いつも通りのプレーができず、逆にキングこと三浦知良のスルーパスから最後はMF根占真伍に決められ先制点を与えてしまう。浦和は怒涛の攻めで何回も決定機を作るも、横浜FCのゴールキーパー菅野孝憲を中心としたディフェンス陣に全て阻まれ0-1で敗戦。一方の鹿島は、清水に3-0で勝利。この結果、鹿島が最終節が終了した時点で初めて首位に立つという奇跡の逆転劇で6年ぶり5度目のリーグ優勝を果たし、通算10冠目となるタイトルを獲得した。2007年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

342件中 31 - 40件表示

「アジア・チャンピオンズリーグ」のニューストピックワード