578件中 41 - 50件表示
  • ジョホール・ダルル・タクジムFC

    ジョホール・ダルル・タクジムFCから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグの前身であるアジアクラブ選手権には1996-97シーズンに参戦しており、2回戦で横浜マリノスと対戦している。ジョホール・ダルル・タクジムFC フレッシュアイペディアより)

  • アウェーゴール

    アウェーゴールから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    クラブチーム間で争われる国際公式戦(UEFAチャンピオンズリーグ、AFCチャンピオンズリーグなど)や、FIFAワールドカップ予選のプレーオフなどでは、対戦するそれぞれのチームのスタジアムで試合を行うホーム・アンド・アウェー方式が採用されており、2試合の通算スコアによって成績を決定している。しかし、2試合の得点が同じ場合、単なる通算スコアの比較では両チームの勝敗が決まらず、勝ち上がるチームを決定できない。そこで、このような場合、アウェーでの獲得得点の多いチームを勝ちとする方式で勝敗を決定する。アウェーゴール フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグアウォーズ

    Jリーグアウォーズから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    リーグの年間優勝クラブ以外から選出されたのは5名(95年ストイコビッチ、03年エメルソン、07年ポンテ、13年中村俊輔、16年中村憲剛)。ただし、07年の浦和はAFCチャンピオンズリーグを制しており、それも評価の対象となった。また95年のストイコビッチと13年の中村俊は受賞後に所属クラブが天皇杯を獲得しているが、16年の中村憲は川崎が無冠に終わったため(天皇杯準優勝)、ステージ優勝も含めた3大タイトルを獲得しなかったクラブからMVP受賞という史上初のケースとなった。Jリーグアウォーズ フレッシュアイペディアより)

  • 山東魯能泰山足球倶楽部

    山東魯能泰山足球倶楽部から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグ2005でACL初出場すると予選で横浜FM、PSMマカッサル、BECテロ・サーサナのグループFを6勝の予選全勝で首位通過して決勝トーナメントに進出した。準々決勝でアル・イテハドと対戦した。ホームの第1戦を1-1で引き分け、アウェイの第2戦では2-7の大差で敗戦し合計スコア3-8で準々決勝で敗退が決定した。山東魯能泰山足球倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • ムリキ (サッカー選手)

    ムリキ (サッカー選手)から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグ最優秀選手賞:1回 (2013)ムリキ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • ゲルト・エンゲルス

    ゲルト・エンゲルスから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2008年3月16日、成績不振の責任とクラブ内の意思疎通の欠陥を問われたオジェックが解任されたことに伴い、監督に昇格した。これによって、Jリーグのクラブで指揮を執るのは4チーム目ということになった。就任後、守備の要である闘莉王をボランチで起用し、ユース出身の堤俊輔や、ブッフバルト体制からセンターバックとして起用されることが多かった細貝萌を本職のボランチで起用するなど、サプライズ起用や若手起用などを行うことでチームの活性化を図る。数々の策が功を奏し、第13節 G大阪戦までリーグ戦9試合負けなしの好成績を収め、下位に沈んでいたチームを上位まで引き上げた。しかし中断期間終了後は他チームに研究され始めたこともあってか、思うように白星を得られなくなり、ナビスコカップは予選リーグ敗退、連覇を目指していたACLもガンバ大阪に敗れて準決勝敗退、2年ぶりの奪還を目指した天皇杯も横浜F・マリノスに敗れて5回戦で敗退するなどとチームは低空飛行を続けた。ゲルト・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • 長春亜泰足球倶楽部

    長春亜泰足球倶楽部から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    スーパーリーグ優勝。AFCチャンピオンズリーグの出場権を獲得。長春亜泰足球倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木優磨

    鈴木優磨から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2017年、背番号が「9」番に変更された。2月18日、FUJI XEROX SUPER CUPの浦和戦では後半途中から投入され、相手のバックパスを奪って決勝点をあげた。3月10日、J1第3節の横浜F・マリノス戦では途中出場から決勝ゴールをあげて、2017年シーズンにおいてホーム初白星をあげた。5月10日、ACL第6節のムアントン・ユナイテッドFC戦で2得点を決めて首位通過に貢献した。7月22日、JリーグワールドチャレンジのセビージャFC戦では後半途中出場し2ゴールをあげる活躍にて勝利に貢献した。9月3日のベガルタ仙台とのルヴァンカップ準々決勝第2戦で2得点を奪い、鹿島の下部組織出身選手最多のシーズン通算14得点目を決めた。鈴木優磨 フレッシュアイペディアより)

  • ミハイロ・ペトロヴィッチ

    ミハイロ・ペトロヴィッチから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    同年6月、Jリーグ下位に低迷していたサンフレッチェ広島監督に就任、停滞していた流れを若手起用やコンバートで乗り切り、J1残留させた。翌2007年、現行ルールで決勝トーナメントへ進んだ事のなかったナビスコカップで初の決勝トーナメント進出を果たすものの、一部の選手に固執したことが災いし、同年末に天皇杯で決勝に進出(準優勝)するも、リーグ入れ替え戦の末J2降格。これに対し、クラブ幹部はJ2降格チームとしては異例の監督留任を決定。翌2008年、FUJI XEROX SUPER CUP優勝、J2史上初の9月中優勝・全節首位を決め、J1昇格。J1復帰の2009年、昇格1年目のチームとしては当時の最高記録であるリーグ戦4位入賞、天皇杯の結果で繰り上げでACL出場権 を獲得した。2010年、ナビスコ杯準優勝。2011年末、広島は2年連続で赤字になる見込みとなったことから累積赤字解消のため、高年俸となったペトロヴィッチの契約延長を断念した。ミハイロ・ペトロヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 等々力陸上競技場

    等々力陸上競技場から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    フロンターレは2006年・2008年・2009年の3度リーグ戦で2位に入り、2013年にはレッズに続いてリーグ2位の65得点を誇る攻撃陣の頑張りで終盤8試合で7勝を挙げ3位になったため、2007年・2009年・2010年・2014年は等々力でAFCチャンピオンズリーグの試合も実施された。チーム成績の上昇と共に観客動員も増加し、1試合で2万人以上の動員をたびたび記録するようになっている。また2008年には署名運動を受けた川崎市による再整備計画が示された(「施設整備計画」の節を参照)。等々力陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

578件中 41 - 50件表示

「アジア・チャンピオンズリーグ」のニューストピックワード