578件中 51 - 60件表示
  • グレゴリオ・マンサーノ

    グレゴリオ・マンサーノから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2014年、中国に渡り北京国安監督就任。ACLで決勝トーナメント進出、中国スーパーリーグでも惜しくも優勝は逃したが、優勝争いに絡んだ。グレゴリオ・マンサーノ フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグカップ

    Jリーグカップから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    J1が18チームになり、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)が3月開幕となって開催時期が重複するようになった2005年大会からは以下のようなレギュレーションが定着している。2015年大会からステージの名称が改められた。2017年大会からノックアウトステージに進出するためのプレーオフステージが追加された。Jリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • 中国サッカー・スーパーリーグ

    中国サッカー・スーパーリーグから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    試合はホーム・アンド・アウェーの2回総当りである。上位3クラブには翌年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権が与えられる。中国サッカー・スーパーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 日立柏サッカー場

    日立柏サッカー場から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    なお、命名権採用後は、基本的に上記の名称を使うことになっているが、クリーンスタジアム規定が適用される国際サッカー連盟及びアジアサッカー連盟主催の国際試合・大会(AFCチャンピオンズリーグなど)では、例外として正式名称を使用する。日立柏サッカー場 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥栖スタジアム

    鳥栖スタジアムから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    完成から15年以上経過したスタジアムでは設備の老朽化が見られると共に、Jリーグクラブライセンス基準やAFCチャンピオンズリーグ (ACL) の開催基準を満たさない項目が一部見られることを踏まえ、2013年度から2,3年をかけて一部の施設改修を行うこととしている。設備改修は鳥栖市が主導してJリーグのオフシーズンに集中して行うが、佐賀県も支援を検討しているという。具体的には以下のような項目が実施される。鳥栖スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ベストメンバー規定

    ベストメンバー規定から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグ出場チームと日本代表を3人以上輩出したチームは規定を緩和される事になったベストメンバー規定 フレッシュアイペディアより)

  • AFCチャンピオンズリーグ 2013 決勝

    AFCチャンピオンズリーグ 2013 決勝から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグ2013 決勝(-けっしょう、)は、アジアサッカー連盟(AFC)により開催されるAFCチャンピオンズリーグ2013の決勝戦であり、11回目のAFCチャンピオンズリーグの決勝戦である(アジアクラブ選手権時代を含めると32回目)。試合は第1戦が2013年10月26日に、第2戦が2013年11月9日に開催された。AFCチャンピオンズリーグ 2013 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜

    やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    Jリーグの試合ダイジェストや選手インタビュー、海外サッカー情報、そしてテレビ朝日が独占放映権を有するAFC(アジアサッカー連盟)公式戦(AFCアジアカップ、AFCチャンピオンズリーグなど)のダイジェストを放送する。テレビ朝日にとっては1993年4月から1996年9月まで放映された『Jリーグ A GOGO!!』以来、5年半ぶりの定期サッカー専門番組となった。やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋グランパスエイト

    名古屋グランパスエイトから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2節から7節を6連勝するなど幸先良いスタート切りるなどして最終節まで優勝争いを演じ、最終的に3位(17勝8分9敗)。初めてAFCチャンピオンズリーグの出場権を獲得した。また、8月には1993年のJリーグ開幕以来1度も勝ち星を挙げることができなかったカシマスタジアムでの鹿島戦で初勝利を収めた。名古屋グランパスエイト フレッシュアイペディアより)

  • 柴村直弥

    柴村直弥から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2012年2月、ウズベキスタン国内リーグ、カップ共に最多優勝回数を誇り、ACLでは開幕以来すべての大会に出場しているウズベキスタントップリーグの名門クラブFCパフタコール・タシュケントに移籍。同国初の日本人選手となる。キャンプからレギュラーポジションを獲得し、チーム内で唯一2,3月の練習試合やトルコでの大会など全試合にフル出場していたが開幕直前の最後の練習試合で負傷。ACL初戦アル・イテハド戦に強行出場しフル出場するも怪我が悪化、復帰できないまま前半戦を終了する。 同年7月、2004年にはウズベキスタン最優秀監督賞も受賞した名将タチュムラド・アガムラドフ監督からの熱烈オファーにより同リーグのFKブハラへ移籍。FKブハラ加入後は契約の条項の上出場できない古巣パフタコール戦を除くすべての公式戦に出場しホームでは6勝2分と無敗。前半戦で13位と降格圏内にいたチームを見事に救い、最終順位は7位にまで上昇した。また、パフタコールは柴村が在籍した2012シーズン、リーグ最多の9回目のリーグ優勝を果たした。柴村直弥 フレッシュアイペディアより)

578件中 51 - 60件表示

「アジア・チャンピオンズリーグ」のニューストピックワード