342件中 51 - 60件表示
  • 崔殷誠

    崔殷誠から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2002年10月9日、AFCチャンピオンズリーグ・C.D. Monte Carlo戦で得点し、AFCチャンピオンズリーグで得点した最初のGKとなった。崔殷誠 フレッシュアイペディアより)

  • みやぎチャレンジリーグ

    みやぎチャレンジリーグから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    かつてJリーグでは若手選手育成を目的としたJサテライトリーグを開催していたが、主にAFCチャンピオンズリーグとの兼ね合いと土日分散開催の影響で日程調整が困難となっており、また景気低迷の影響で各チームとも経費削減が急務となっていることもあり、2009年限りで廃止された。その代替として各地域毎に独自の育成リーグが創設され、東北地方ではMCLが創設されることとなった。みやぎチャレンジリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 川添孝一

    川添孝一から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    メ?テレでのサッカー解説はJリーグ開幕初期から行なっている。そのため、AFCチャンピオンズリーグでは名古屋グランパスの試合を担当することが多い(ホームゲームはメ?テレ解説者として、アウェイゲームはテレビ朝日解説者として)。川添孝一 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のJリーグカップ

    2003年のJリーグカップから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    この内、AFCチャンピオンズリーグに参加する鹿島アントラーズと清水エスパルスは決勝トーナメントからの参加になる。2003年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • ナンタワット・タエンソパ

    ナンタワット・タエンソパから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2008年のAFCチャンピオンズリーグでは6試合で9得点し、得点王に輝いた。ナンタワット・タエンソパ フレッシュアイペディアより)

  • 宮島一代

    宮島一代から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    これまで、Jリーグでの主審経験はないが、JFLでは安定したジャッジで信頼を受けていた。副審に転向後は、国際副審としてACLやFIFAワールドカップ・アジア予選、また国内では2006年J1リーグ最終節の浦和レッズ-ガンバ大阪戦や、2007年ナビスコカップ決勝の川崎フロンターレ-ガンバ大阪戦、2008・09年・10年天皇杯全日本サッカー選手権大会準決勝などで活躍している。宮島一代 フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・ロベルト・ロドリゲス・モタ

    ジョゼ・ロベルト・ロドリゲス・モタから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    ジョゼ・ロベルト・ロドリゲス・モタ(José Roberto Rodrigues Mota、1979年5月10日 - )は、ブラジル・サンパウロ出身のサッカー選手。ポジションはFW。現在はノルウェー・エリテセリエンのモルデFKに所属している。Kリーグの水原三星ブルーウィングスに期限付きで在籍していた2010年にAFCチャンピオンズリーグ得点王となった。ジョゼ・ロベルト・ロドリゲス・モタ フレッシュアイペディアより)

  • アジアチャンピオンクラブズトーナメント1969

    アジアチャンピオンクラブズトーナメント1969から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    アジアチャンピオンクラブズトーナメント1969は2回目のアジアチャンピオンクラブズトーナメントである。アジアチャンピオンクラブズトーナメント1969 フレッシュアイペディアより)

  • FCパフタコール・タシュケント

    FCパフタコール・タシュケントから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    ウズベク・リーグでは、2002年から2007年までに6シーズン連続で優勝した。2003年に始まったAFCチャンピオンズリーグの常連であり、2003年と2004年には準決勝に進出した。FCパフタコール・タシュケント フレッシュアイペディアより)

  • 橋本光夫 (経営者)

    橋本光夫 (経営者)から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2010年、浦和OBの柱谷幸一をゼネラルマネージャー (GM) に迎え、前年度まで信藤が務めていたTD職を廃止。柱谷GMを本部長とする強化本部を設置することで柱谷の権限を強め、前年度にTDと同格の立場だった監督職を強化本部の傘下に置く組織改革を行った。2010年度には田中マルクス闘莉王や高原直泰ら主力選手を放出するなど人件費を削減する一方で、AFCチャンピオンズリーグ出場権を確保する目標を掲げるも1シーズン制になった2005年以降では最低の成績となる10位でシーズンを終えると、チーム再建のために招聘したフィンケ監督との契約を更新せず、2011年度より浦和OBのゼリコ・ペトロビッチを監督として迎えることを発表した。この人事について橋本は「強く魅力のあるサッカーを目指す中、強さの部分が課題だった」とフィンケ退任とペトロビッチ招聘の理由を説明。ペトロビッチ監督には1年目から結果を求め、自らも進退を賭ける覚悟であると主張した。橋本光夫 (経営者) フレッシュアイペディアより)

342件中 51 - 60件表示

「アジア・チャンピオンズリーグ」のニューストピックワード