578件中 61 - 70件表示
  • FC東京

    FC東京から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    城福体制2年目。福岡から中村北斗、水戸から平松大志を獲得した。序盤戦は低迷するが、MF今野泰幸をCBにコンバートし、ブルーノ・クアドロスとコンビを組ませ、またボランチに梶山陽平と高卒ルーキー米本拓司を固定した頃から守備が安定。更に、石川直宏の24試合で15得点を挙げる大活躍によってリーグ戦の順位も上がり、ACL出場圏内入りは逃したものの5位に入った。また、長友佑都と石川がJリーグベストイレブンに選出された。2名が受賞したのはクラブ初。また、GK権田修一がリーグ戦の年間完封試合数タイ記録を打ち立てた。FC東京 フレッシュアイペディアより)

  • アジアサッカー連盟

    アジアサッカー連盟から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    加盟協会 (Member Association) のランキング。FIFAランキングおよび、当季と過去 4 季のAFCチャンピオンズリーグ、AFCカップにおける協会所属クラブの成績から算出される。各大会への出場枠を決定する基準のひとつとなる。アジアサッカー連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアサッカー連盟

    東アジアサッカー連盟から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2002-03年度にアジアクラブ選手権とアジアカップウィナーズカップとアジアスーパーカップが統合されスタートしたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が、徐々に発展。2005年からクラブW杯にACL王者が出場できることになると、ACLの日程と重なるA3チャンピオンズカップの意義が問われるようになった。2008年、韓国で開催されるはずだったA3チャンピオンズカップは中止され以降、現在も事実上の休眠状態である。東アジアサッカー連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 広州富力足球倶楽部

    広州富力足球倶楽部から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグの本戦をかけて予選2回戦から広州富力は出場した。2月10日、AFCチャンピオンズリーグ2015の予選2回戦ホームでシンガポールのウォリアーズFCと戦い3-0で勝利した。2月17日にはAFCチャンピオンズリーグ2015のプレーオフラウンドで本戦出場をかけてアウェイでオーストラリアのセントラルコースト・マリナーズFCと戦い3-1で勝利し、初の本戦出場を果たした。広州富力足球倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 上海上港集団足球倶楽部

    上海上港集団足球倶楽部から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグの本戦をかけてプレーオフラウンドから上海上港は出場する。2月9日、AFCチャンピオンズリーグ2016のプレーオフラウンドをホームでムアントン・ユナイテッド(タイ)と戦い3-0で勝利し、初の本戦出場を果たした。上海上港集団足球倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    国内3大タイトル(J1リーグ、Jリーグカップ、天皇杯全日本サッカー選手権大会)を全て獲得しているクラブの一つであり、AFCチャンピオンズリーグにおいて、Jリーグクラブで初めて複数回優勝を成し遂げたクラブである(前身のアジアクラブ選手権時代を含む)。また、観客動員と営業収入においては、長年Jリーグ加盟クラブ中最高の成績を維持し続けている(当項目を参照のこと)。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • 奥寺康彦

    奥寺康彦から見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    帰国した奥寺は木村和司と共に日本国内初のスペシャル・ライセンス・プレーヤー契約を結び注目を集めた。また古河の一員としてはこの年にアジアクラブ選手権優勝。日本代表にも復帰し1987年のソウル五輪アジア最終予選進出に貢献した。最終的に中国との争いとなり、左サイドバックとして第1戦では相手エースを完璧に抑え1-0の勝利に貢献したが、ホームの第2戦では奥寺の逆サイドを守備の穴として狙われ、0-2で落としソウル五輪出場は叶わなかった。奥寺康彦 フレッシュアイペディアより)

  • ランコ・ポポヴィッチ

    ランコ・ポポヴィッチから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    2012年シーズンからFC東京監督に就任。クラブ初となるAFCチャンピオンズリーグでの戦いに臨み、ベスト16に入った。攻撃的サッカーを徹底して貫く姿勢はクラブ首脳陣から高く評価され2013年には同クラブでのJ1における過去最多得点を挙げたが、勝ち点の取りこぼしから優勝争いに加われず、同年限りで退任。ランコ・ポポヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    前年の天皇杯で優勝し、既にAFCチャンピオンズリーグ (ACL) 出場権を得ている浦和がリーグ戦で優勝したため、規定によりAFCチャンピオンズリーグ2007への出場権を獲得した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • AFCカップ

    AFCカップから見たAFCチャンピオンズリーグAFCチャンピオンズリーグ

    これまでアジアのクラブチーム間の国際公式戦は「アジアクラブ選手権」(各国リーグ戦優勝クラブによる大会)、「アジアカップウィナーズカップ」(各国主要カップ戦優勝クラブによる大会)と、この2大会の優勝チームが更にアジアナンバーワンの座をかけて争った「アジアスーパーカップ」の3大会があったが、これを統合して2002-03年シーズンに「AFCチャンピオンズリーグ」として再スタートした。AFCカップ フレッシュアイペディアより)

578件中 61 - 70件表示

「アジア・チャンピオンズリーグ」のニューストピックワード