前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
214件中 1 - 10件表示
  • APECビジネストラベルカード

    APECビジネストラベルカードから見たAPECアジア太平洋経済協力

    APECビジネストラベルカードは、APEC域内を頻繁に出張するビジネス関係者の移動を円滑にするために、制度参加国・地域の政府が自国・地域のビジネス関係者に発行する特別なカード(日本人ビジネス関係者には日本の外務省が発行)。日本は2003年から導入。APEC Business Travel Card の頭文字よりABTCと略される。APECビジネストラベルカード フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ボラード

    アラン・ボラードから見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    アラン・ボラード(Alan Bollard, CNZM, 1951年 - )は、ニュージーランドの経済学者。アジア太平洋経済協力(APEC)事務局長(2013年1月1日 - )、第10代ニュージーランド準備銀行総裁(2002年9月 - 2012年9月)。アラン・ボラード フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの歴史

    オーストラリアの歴史から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    ソ連のアフガニスタン侵攻を巡って米ソが対立するなど、世界は「新冷戦」と呼ばれる緊張状態を迎えていた。フレイザーはソ連によるインド洋進出の動きに対抗し、国内の海軍基地を米軍に使用させるなど、反ソを軸とする対米関係強化に努めた。また、南アフリカ共和国のアパルトヘイトを指弾し、ジンバブエ独立を支持するなど、イギリス連邦内での問題で影響力を行使した。その一方で、ASEAN諸国からの強い要求に応じてヴェトナム難民を大量に受容したことが示すように、ASEANとの関係を重視し、アジア太平洋経済協力 (APEC) の設立を提唱するなど、第三世界発展の主導者として自国を位置付ける戦略を採った。オーストラリアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 中村滋 (外交官)

    中村滋 (外交官)から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    2009年からは国際貿易・経済担当特命全権大使としてアジア太平洋経済協力高級実務者会合議長を務めた。中村滋 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 大平正芳

    大平正芳から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    外務大臣としては、池田内閣時代における日韓交渉、田中内閣における日中国交正常化交渉で、いずれも重要な役割を果たした。総理大臣時代に提案した「環太平洋連帯構想」は今日のAPECを始めとするアジア太平洋における様々な地域協力へと受け継がれている。また、特筆すべきものとして、鄧小平との交流とその影響がある。2人は1978年以降の短期間に合計4度も会談しているが、この中で大平は、占領期の傾斜生産方式や自身が深く携わった「所得倍増計画」を始めとした戦後日本の経済発展について詳細に説明、それがGNP「四倍増計画」その他、鄧小平による改革開放の着想と策定に与えた大きな影響について、日中双方の専門家から指摘されている。なお、専任の外務大臣としての在職日数は4年に及び、これは2017年に岸田文雄が超えるまで戦後最長であった。大平正芳 フレッシュアイペディアより)

  • チャイニーズタイペイ

    チャイニーズタイペイから見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    その後アジア太平洋経済協力 (APEC)、関税及び貿易に関する一般協定 (GATT) へのオブザーバー参加、世界貿易機関(WTO)での加入名義の略称、経済協力開発機構 (OECD) の一部委員会への参加など、国際機関(政府間組織)でも用いられるようになった。オリンピック以外の国際競技大会や国際的な民間組織でも、オリンピック方式で参加している事例がある。チャイニーズタイペイ フレッシュアイペディアより)

  • 高倉成男

    高倉成男から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    高倉 成男(たかくら しげお、1951年7月5日 -)は、日本の官僚。特許庁審判部長、明治大学法科大学院客員教授。ウルグアイ・ラウンドにおけるTRIPS協定交渉の担当官やアジア太平洋経済協力(APEC)知的財産専門家会合議長等の豊富な国際交渉の経験を有する、知的財産権に関する国際問題の第一人者である。高倉成男 フレッシュアイペディアより)

  • 一帯一路

    一帯一路から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    一帯一路(いったいいちろ、、)とは、2014年11月に中華人民共和国で開催されたアジア太平洋経済協力首脳会議で、習近平総書記が提唱した経済圏構想である。一帯一路 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    2014年、同国の一人当たりの国民所得は世界第5位であった。同国は国際連合、G20、イギリス連邦、ANZUS、経済協力開発機構 (OECD)、世界貿易機関、アジア太平洋経済協力及び太平洋諸島フォーラム加盟国である。2013年9月MIKTAにも参加した。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • 日本のTPP交渉及び諸議論

    日本のTPP交渉及び諸議論から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    製造業分野においては、日本の自動車市場が閉鎖的とされ、APECではその開放が要求されている。対して11月15日の記者会見で日本自動車工業会の志賀俊之会長は反発、「どこを閉鎖的と言っているのか、具体的な中身を知りたい」と語っている。日本のTPP交渉及び諸議論 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
214件中 1 - 10件表示

「アジア太平洋経済協力会議」のニューストピックワード