214件中 91 - 100件表示
  • 梅原克彦

    梅原克彦から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    大学入学前年の1972年(昭和47年)に日中国交正常化が実現、その影響を受けた梅原は学生時代、第二外国語として中国語を学んだ。教材は共産党の指導文書であり、マルクス・レーニン主義や文化大革命に関する読書も多かったが、梅原には現在でも中国人の友人との交流があるという。また、中国については官僚時代、APECやASEAN+3などにおいて、厳しい外交交渉を行った経験を持つ。梅原克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田美香

    吉田美香から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    1994、96年、関西囲碁将棋記者クラブ賞受賞。1995年、NHK囲碁講座「美香の見合い大作戦」の講師。同年に大阪で開催されたアジア太平洋経済協力 (APEC) 首脳会議の特別広報委員に選ばれる。2001年に結婚。2002年に朝日新聞でエッセイ「棋士のひとりごと」を連載。性格は自称神経質、趣味は中国画。吉田美香 フレッシュアイペディアより)

  • 松井孝治

    松井孝治から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    1990年、ノースウエスタン大学経営大学院を修了し、経営学修士号を取得した。1994年から内閣官房へ出向して内閣副参事官を務め、羽田・村山・橋本の各内閣を支える。村山談話の起草や、橋本龍太郎首相が推進した「橋本行革」の発案にも携わった。その後一旦通商産業省に復帰して大臣官房総務課課長補佐を務め、アジア太平洋経済協力(APEC)や日米半導体問題の実務責任者を務める。その後行政改革会議に通商産業省から出向。復帰後は青木昌彦の下で経済産業研究所の設立に関わった。2000年12月、通商産業省を退官。松井孝治 フレッシュアイペディアより)

  • 日豪関係

    日豪関係から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    オーストラリアと日本は、アジア太平洋経済協力(APEC)、ASEAN地域フォーラム(ARF)そして東アジアサミット(EAS)を含む、様々な地域のフォーラムを強化するため、共に働きかけていくことに同意した。だが、捕鯨問題においては長年対立しており、捕鯨反対派のオーストラリアは調査捕鯨を行っている日本に対し、懸念の意を表明している。日豪関係 フレッシュアイペディアより)

  • 辜振甫

    辜振甫から見たAPECアジア太平洋経済協力

    1982年(民国71年)、蒋経国政権で中国国民党中央常務委員となり、1990年(民国79年)には国家統一委員会委員や海峡交流基金会の初代理事長に就任、対中交渉役のトップとなった。1993年(民国82年)、海峡両岸関係協会の汪道涵会長とシンガポールで初のトップ会談を実現。1998年(民国88年)にも上海で汪会長と再び会談し、北京で江沢民中国共産党総書記とも対面した。李登輝政権で長く総統府資政(顧問)を務め、総統特使として3回、APECに参加するなど、1990年代、台湾の重要な政策決定の中核に常にいた人物である。辜振甫 フレッシュアイペディアより)

  • 貿易史

    貿易史から見たアジア太平洋経済協力会議アジア太平洋経済協力

    北アメリカでは1988年にが締結され、1993年にアメリカ、カナダ、メキシコで北米自由貿易協定(NAFTA)が成立した。南アメリカでは1995年に関税同盟としてメルコスールが発足して、域内での自由貿易を進めている。アフリカではロメ協定ののち、2000年にコトヌー協定が締結されてEPAを目標としている。南アジアでは1985年に南アジア地域協力連合(SAARC)が設立され、当初は政治・軍事問題を中心に話し合われた。1997年の第9回首脳会議では、域内貿易を自由化する(SAFTA)の構想について合意がなされ、2006年にSAFTAが発足した。東アジアでは、1989年にアジア太平洋経済協力会議(APEC)、1993年にASEAN自由貿易地域(AFTA)が成立した。2006年からは、環太平洋地域の国々におけるEPAとして、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)が発効している。貿易史 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の政治

    1998年の政治から見たアジア太平洋経済協力会議アジア太平洋経済協力

    11月14日 - マレーシア、クアラルンプールでアジア太平洋経済協力会議(APEC)開会。** インドネシアの首都ジャカルタで学生や市民ら数万人がデモ。一部は暴徒化。1998年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の政治

    1998年の政治から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    11月14日 - マレーシア、クアラルンプールでアジア太平洋経済協力会議(APEC)開会。** インドネシアの首都ジャカルタで学生や市民ら数万人がデモ。一部は暴徒化。1998年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    検察では当初、船長の起訴は可能という判断であり、勾留延長をするなど起訴に向けて動いていたが、24日午前の閣議の後、仙谷官房長官が柳田法務大臣に船長の釈放を指示し、さらに大林宏検事総長の指示の下、那覇地検による釈放の発表になったという。一方、この決定について前原外務大臣を除いた外務省政務3役(副大臣・政務官)は、事前に釈放の話は全く知らされていなかったという。民主党関係者からは、国連総会出席中で不在の菅と前原に代わって仙谷が泥を被ったのではないかとの見方も出ている。那覇地検は外交関係に配慮したとの趣旨を盛り込むことについて政府の了解を得て、記者会見では「日中関係を考慮すると、身柄を拘束して捜査を続けることは相当ではない」と言及した。政府が当初の方針から釈放に転じた理由として中国新聞は、中国が11月に行われるAPECを欠席することを懸念した菅が船長の帰国を求めたと報じた。尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの経済

    オーストラリアの経済から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    オーストラリアはまた、貿易も活発であり、世界で19番目の輸入国であると同時に19番目の輸出国でもある。オーストラリアは、アジア太平洋経済協力(APEC)、G20、経済協力開発機構(OECD)、世界貿易機関(WTO)に加盟し、加えて、自由貿易協定を東南アジア諸国連合(ASEAN)、チリ、ニュージーランド、シンガポール、タイ王国、アメリカ合衆国と締結している。隣国であるニュージーランドとの自由貿易協定(en)によって、オーストラリアとニュージーランドの経済は一体化が進んでおり、2015年までにオーストラシアン経済市場が創出される計画もある。オーストラリアの経済 フレッシュアイペディアより)

214件中 91 - 100件表示

「アジア太平洋経済協力会議」のニューストピックワード