214件中 71 - 80件表示
  • 小田部陽一

    小田部陽一から見たAPECアジア太平洋経済協力

    「日本経済外交の展望--北海道洞爺湖サミット、二〇一〇年日本APECに向けて(特集 経済外交のニューウェーブ)」(外交フォーラム 20(10)(通号231)、2007年10月)小田部陽一 フレッシュアイペディアより)

  • 上田秀明

    上田秀明から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    1995年(平成7年)には日本初開催となるAPEC大阪会議の準備事務局長に任命される。だが後に事務局次長ら数人が会場費を約4300万円分水増しして請求し、ホテルの宿泊費や上田も出席した打ち上げの費用などに流用していたことが発覚。上田は打ち上げ費用の出所について認識が明確でなかったと主張したが、直属の上司としての監督責任を問われ、2001年(平成13年)9月27日付で田中眞紀子外務大臣から厳重訓戒処分を受けた。また給与の2割・3か月分を自主返納し、打ち上げに流用された費用について弁済にあたる意向を示した。上田秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 山下一仁

    山下一仁から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    10月23日、第14回アジア太平洋経済協力閣僚会議日本政府代表随員(11月7日まで)山下一仁 フレッシュアイペディアより)

  • 黄教安

    黄教安から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    2016年10月下旬に朴槿恵が国家機密を親しい友人の崔順実に漏らしていたことが発覚し、支持率が急落。当面の打開策として挙国一致内閣を樹立すべきとの声が高まり、11月2日、朴は後継首相に青瓦台政策室長などを歴任した国民大学校教授の金秉準を指名したが、事前に野党への相談がなかったためこの人事が議会で承認を受けるめどが立たず、最終的に金秉準の指名は撤回されており、黄は首相職務を継続。同年11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議にも大統領の代わりに出席した。黄教安 フレッシュアイペディアより)

  • チリの奇跡

    チリの奇跡から見たアジア太平洋経済協力会議アジア太平洋経済協力

    政府は引き続き貿易の自由化に積極的に取り組み、1990年代だけでも、カナダやメキシコ、中央アメリカと自由貿易協定(FTA)を締結。また、ベネズエラやコロンビア、エクアドルとも特恵的な貿易協定を結んだ。1996年10月にはアルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、そしてウルグアイから成るメルコスルも発効した。輸出中心の成長戦略は21世紀に入っても続き、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の一員としてアジア市場との関係強化を模索。近年ではニュージーランド、シンガポール、ブルネイ、インド、中国、そして日本と経済連携協定を締結した。2007年にはオーストラリア、タイ、マレーシア、中国と貿易交渉に入った。現在、チリ、シンガポール、ニュージーランド、ブルネイの4ヶ国(P4)は、現行の協定に財政及び投資に係る条項を付加する計画がある。チリの奇跡 フレッシュアイペディアより)

  • ペルーの歴史

    ペルーの歴史から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    2001年の選挙により、「可能なペルー」から先住民(チョロ)初の大統領、アレハンドロ・トレドが就任した。親米政策を堅持し、貧困の一掃と雇用創出、政治腐敗の追及を公約とした政権は、しかし経済政策は成果を上げることはできず、国民の支持は2002年の8月には16%にまで低下した。左翼ゲリラによるテロ活動も復活し治安は悪化している。このため国内では貧困層を中心にフジモリ待望論が広がっており、国民の3割がフジモリを支持しているとされる。これに危機感を抱いたトレド政権はフジモリ大統領を引き渡すよう日本政府に要請しているが、日本政府は引き渡しを拒否し続けているため、 副大統領ら強硬派は日本との国交断絶を主張した。2005年11月、トレドはアジア太平洋経済協力首脳会議を利用して日本の小泉首相に首脳会談を申し入れた。しかし、小泉は日程を理由に断った。ペルーの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見たアジア太平洋経済協力会議アジア太平洋経済協力

    鳩山首相は、オバマ米大統領を日本に残し、深夜にアジア太平洋経済協力会議首脳会議出席のためシンガポールへ。来日中の外国首脳を残し、首相が外遊に出発するのは極めて異例。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本とマレーシアの関係

    日本とマレーシアの関係から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    日本政府の要人とマレーシア政府の要人は互いに数多く公式訪問している。2005年、マレーシア国王が日本を訪問し、2006年には、天皇皇后両陛下がマレーシアを訪問している。日本とマレーシアはともに、東アジアサミット、アジア太平洋経済協力、ASEAN+3と世界貿易機関の加盟国である。日本とマレーシアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • ジョコ・ウィドド

    ジョコ・ウィドドから見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    2014年11月9日、APEC首脳会議に出席し、中国の習近平国家主席と会談。中国が主導するアジアインフラ投資銀行への参加を表明した。インドネシアにとって中国は最大の貿易相手国であり、中国からの投資も増加しており、ジョコは「海洋国家構想」実現のため中国との関係強化を目指している。その一方、中国との南シナ海領有権問題については対話での解決を第一とする反面、軍事力強化のため2019年までに国防費を年間200億ドルに拡大するとしている。また、中国船による違法操業についても爆破を含む強硬な取り締まり姿勢を見せている。ジョコ・ウィドド フレッシュアイペディアより)

  • 知の回廊

    知の回廊から見たAPECアジア太平洋経済協力

    第74回:「変貌する世界経済とAPEC - 日本に期待される役割 -」/ 長谷川聰哲(経済学部)知の回廊 フレッシュアイペディアより)

214件中 71 - 80件表示

「アジア太平洋経済協力会議」のニューストピックワード