157件中 81 - 90件表示
  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見たアジア太平洋経済協力会議アジア太平洋経済協力

    アジア太平洋経済協力会議首脳会議(APEC)に5回、東南アジア諸国連合(ASEAN)+日中韓首脳会議に5回、アジア欧州会議(ASEM)首脳会議に3回などのようにアジア地域の中心の多国間協議に総理として積極的に参加していた。小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • アジア欧州会合

    アジア欧州会合から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    アジア太平洋経済協力(APEC) - アジアと環太平洋地域諸国(アメリカ合衆国など)のフォーラムアジア欧州会合 フレッシュアイペディアより)

  • 技術士原子力・放射線部門

    技術士原子力・放射線部門から見たAPECアジア太平洋経済協力

    APEC(アジア太平洋経済協力会議)エンジニア・プロジェクト等を通じた日本の原子力技術者の国際展開。技術士原子力・放射線部門 フレッシュアイペディアより)

  • 日加関係

    日加関係から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    1929年に創設され、日本(東京)へ派遣されたカナダ使節団はアジアにおけるカナダの使節団としては最も古い歴史を有し、非イギリス連邦としては駐米(ワシントン)と駐仏(パリ)の使節団に次いで3番目に古いものであった。2012年現在、カナダは東京に大使館、名古屋に領事館をそれぞれ置いている。一方、日本はオタワに大使館、カルガリー、トロント、バンクーバー、モントリオールの4都市に総領事館を置いている。また、両国は共にG8、OECD、APECの加盟国である。日加関係 フレッシュアイペディアより)

  • 知の回廊

    知の回廊から見たAPECアジア太平洋経済協力

    第74回:「変貌する世界経済とAPEC - 日本に期待される役割 -」/ 長谷川聰哲(経済学部)知の回廊 フレッシュアイペディアより)

  • 連戦

    連戦から見たAPECアジア太平洋経済協力

    2005年7月には、国民党主席を退き、新設の名誉職ポストである国民党名誉主席に就任した。その後も中国首脳部から厚遇され、2006年4月と2008年8月(北京五輪開幕式に出席)、同年12月にも訪中し、胡錦涛ともたびたび会談している(連戦に代わって国民党主席に就いた馬英九はいまだ一度も訪中していない)。2008年11月のAPECリマ会議に過去最高位の台湾代表として参加した際にも、胡錦涛との間で初のAPEC中台代表者会談を行った。2008年12月の訪中では祖父・連横の記念館開館式に出席している。連戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の国際関係

    日本の国際関係から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    日加関係はG7/G8、国際連合、OECD、QUAD(米国、カナダ、EU、日本)の他、アジア太平洋経済協力フォーラム (APEC) やASEAN地域フォーラム (ARF) 等への参加を含む環太平洋域における関連団体・会合等による多国間パートナーシップ組織によって支えられている。日本の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • グエン・ミン・チェット

    グエン・ミン・チェットから見たアジア太平洋経済協力会議アジア太平洋経済協力

    同年5月16日から6月29日まで開催された第11期国会第9回会議において、6月27日、正式に国家主席に選出された。就任直後の記者会見でチェットは、内政の課題として党・政府内で蔓延する汚職の撲滅に対する決意を示すとともに、外交分野では「米国、中国との友好・経済関係を強化したい」と語った。11月にハノイで開催された第18回アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議ではホスト役も務めた。翌年7月、第12期国会第1回会議で国家主席に再選。なお、ベトナムの国家主席は儀礼的な国家元首であり、ベトナムの事実上の最高指導者は共産党書記長で、政府の統括は首相が行うが、ノン・ドゥック・マイン書記長が前述の第10回党大会で政治的威信を低下し、政治の決定権はグエン・ミン・チェット国家主席、グエン・タン・ズン首相、チュオン・タン・サン党書記局常任書記の3名が掌握しているとの見方があった。グエン・ミン・チェット フレッシュアイペディアより)

  • グエン・ミン・チェット

    グエン・ミン・チェットから見たAPECアジア太平洋経済協力

    同年5月16日から6月29日まで開催された第11期国会第9回会議において、6月27日、正式に国家主席に選出された。就任直後の記者会見でチェットは、内政の課題として党・政府内で蔓延する汚職の撲滅に対する決意を示すとともに、外交分野では「米国、中国との友好・経済関係を強化したい」と語った。11月にハノイで開催された第18回アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議ではホスト役も務めた。翌年7月、第12期国会第1回会議で国家主席に再選。なお、ベトナムの国家主席は儀礼的な国家元首であり、ベトナムの事実上の最高指導者は共産党書記長で、政府の統括は首相が行うが、ノン・ドゥック・マイン書記長が前述の第10回党大会で政治的威信を低下し、政治の決定権はグエン・ミン・チェット国家主席、グエン・タン・ズン首相、チュオン・タン・サン党書記局常任書記の3名が掌握しているとの見方があった。グエン・ミン・チェット フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    貿易組合 : APEC、WTO、OECDオーストラリア フレッシュアイペディアより)

157件中 81 - 90件表示

「アジア太平洋経済協力会議」のニューストピックワード