214件中 81 - 90件表示
  • 加治隆介の議

    加治隆介の議から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    外遊時に事件に巻き込まれることが多く、鳩村失脚後の総選挙期間中に一ノ関鮎美の消息を追ってカンボジアに向かった際にはゲリラに身柄を拘束され命を落とす寸前まで行ったほか、やくざとの裏取引(大阪でのAPEC会合開催時に中国代表団から別のホテルを用意するよう要求されたため、そのホテルを予約していたとある暴力団の組長と交渉したこと)を問題視され一時議員を辞職していた際に一民間人として韓国を訪問した際には、北朝鮮関係者により拉致されかかったり、新たに南侵トンネルの発見もした。加治隆介の議 フレッシュアイペディアより)

  • 下斗米伸夫

    下斗米伸夫から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    1998年から2001年まで朝日新聞客員論説委員をつとめる。2002年から2004年まで日本国際政治学会理事長。また、2003年、10月20日のAPEC首脳会合の際の日露首脳会談において設立が合意された日露賢人会議のメンバーである。下斗米伸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の政治

    2013年の政治から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    7日〜8日 - インドネシアのバリ島で、25回目となるAPEC首脳会議を開催。2013年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ボゴール

    ボゴールから見たAPECアジア太平洋経済協力

    独立したインドネシアの一部として、ボゴールは、植民地時代に造られた基盤があったこともあり、国のそして、西ジャワの文化、科学、経済発展に重要な役割を果たしている。植民地時代の総督の夏の宮殿が、インドネシア大統領の夏の宮殿に変えられたことも、この特別な地位を強化した。1990年代から2000年代に、この街では、定期的に多くの国際的な行事が行われている。例えば、アジア・太平洋研究所の大臣レヴェルの会合や、1994年11月15日に開催されたAPECなどがそれである。2008年以降、新しいキリスト教の教会を建てることでイスラーム原理主義者との争いが起きている。ボゴール フレッシュアイペディアより)

  • 新潟市の歴史

    新潟市の歴史から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    10月16日-17日 : APEC食料安全保障担当大臣会合が朱鷺メッセで開催される。新潟市の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田秀一

    岡田秀一から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    通商政策局長、経済産業審議官としては、日中韓FTAやTPP、APEC、インド、カザフスタンやミャンマーとの経済協力などを担当した。岡田秀一 フレッシュアイペディアより)

  • ルースキー島

    ルースキー島から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    ロシア経済が立ち直るとともに、風光明媚なルースキー島の活用が模索され2005年には沿海地方政府がルースキー島の開発計画を立てバイオテクノロジーや情報技術産業など先端技術の開発区や世界クラスの大学の誘致、北東アジア地域を視野に入れた医療施設が計画された。2006年にはモスクワの連邦政府がウラジオストクとルースキー島を結ぶ橋の建設計画に許可を下し、島へのスポーツ施設・保養施設・ホテル・博物館・別荘などの建設計画にも許可を出した。2007年1月31日のガーディアン紙では、ウラジーミル・プーチン大統領(当時)がルースキー島を大規模リゾートへと改造する計画を進めていることが報じられた。この計画は豊かになる中国経済への対応であるとともに、中国の経済覇権がロシア極東を席巻することに対抗するものであると報じられている。2012年のAPEC首脳会議がロシアで開催された際にルースキー島が会場になった。ルースキー島 フレッシュアイペディアより)

  • 東アジアサミット

    東アジアサミットから見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    APEC参加国から地理的に近い国家同士が更に緊密な経済圏を構築するために1990年12月10日、マレーシアのマハティール首相が東アジア経済グループ(EAEG、のちに東アジア経済協議体EAECと改称)を提唱した。しかし日本等は「米国を抜きにした地域経済統合は無意味だ」と述べた。東アジアサミット フレッシュアイペディアより)

  • 両岸関係史

    両岸関係史から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    李登輝政権は発足当初から台湾の国際的生存空間を拡大させるため、名より実をとる「実務外交」を展開し、在外窓口機関を通じた非公式実務関係の強化を図った。1990年、GATTに「台湾・澎湖・金門・馬祖」名義での加盟申請を行い(2002年のWTO正式加盟に結実した)、1991年にはAPECに中華台北 (Chinese Taipei) 名義で、経済地域体という形式でありながら正式参加を果たした(以後2001年を除き毎年代表を派遣)。さらに1993年からは国連復帰(再加盟)活動も開始した(以後2007年まで、台湾を承認する国家が国連総会に「中華民国」加盟を討議する委員会設置を求める総会決議案を提出し続けたが、中国の反対で却下されてきた)。李登輝はじめ、郝柏村・連戦両行政院長による首脳外交も活発化した。両岸関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 前野博紀

    前野博紀から見たアジア太平洋経済協力アジア太平洋経済協力

    APEC首脳会議in横浜・レシービング迎え花担当。前野博紀 フレッシュアイペディアより)

214件中 81 - 90件表示

「アジア太平洋経済協力会議」のニューストピックワード