55件中 21 - 30件表示
  • アジア太平洋経済協力

    アジア太平洋経済協力から見た台湾

    首脳会議等も「非公式」とされているが、これは「公式」とすると、中華台北(台湾、中華民国)を事実上国家として認めることになり、中国等が参加しなくなるためである。アジア太平洋経済協力 フレッシュアイペディアより)

  • アジア太平洋経済協力

    アジア太平洋経済協力から見たシアトル

    APECは、1989年にオーストラリアのホーク首相の提唱で、日本・アメリカ合衆国・カナダ・韓国・オーストラリア・ニュージーランド及び当時の東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟6か国の計12か国で発足し、同国のキャンベラで閣僚会議(Ministerial Meeting)を開催した。また、1993年には米国のシアトルで初の首脳会議(Economic Leaders' Meeting)がもたれた。現在は、首脳会議、及び、外相、経済担当相による閣僚会議をそれぞれ年1回開いている。シンガポールに常設事務局を置き、開催国から任期1年で事務局長が選任されている。アジア太平洋経済協力 フレッシュアイペディアより)

  • アジア太平洋経済協力

    アジア太平洋経済協力から見たオーストラリア

    「アジア太平洋」という概念が最初に打ち出されたのは、永野重雄が1967年に発足させた太平洋経済委員会(PBEC)という経済団体の設立時であるとされるが、具体的にこうした地域概念が政府レベルの協力枠組みに発展する萌芽は、1978年、日本の大平正芳内閣総理大臣が就任演説で「環太平洋連帯構想」を呼びかけたことにある。これを具体化した大平政権の政策研究会「環太平洋連帯研究グループ」(議長:大来佐武郎、幹事佐藤誠三郎)の報告を受け、大平がオーストラリアのマルコム・フレイザー首相に提案して強い賛同を得たことが、1980年9月の太平洋経済協力会議(PECC)の設立につながった。PECCは地域における様々な課題を議論し研究するセミナーといった趣のものであったが、これを土台にして、各国政府が正式に参加する会合として設立されたのが、APECである。アジア太平洋経済協力 フレッシュアイペディアより)

  • アジア太平洋経済協力

    アジア太平洋経済協力から見た中華台北

    首脳会議等も「非公式」とされているが、これは「公式」とすると、中華台北(台湾、中華民国)を事実上国家として認めることになり、中国等が参加しなくなるためである。アジア太平洋経済協力 フレッシュアイペディアより)

  • アジア太平洋経済協力

    アジア太平洋経済協力から見た大韓民国

    APECは、1989年にオーストラリアのホーク首相の提唱で、日本・アメリカ合衆国・カナダ・韓国・オーストラリア・ニュージーランド及び当時の東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟6か国の計12か国で発足し、同国のキャンベラで閣僚会議(Ministerial Meeting)を開催した。また、1993年には米国のシアトルで初の首脳会議(Economic Leaders' Meeting)がもたれた。現在は、首脳会議、及び、外相、経済担当相による閣僚会議をそれぞれ年1回開いている。シンガポールに常設事務局を置き、開催国から任期1年で事務局長が選任されている。アジア太平洋経済協力 フレッシュアイペディアより)

  • アジア太平洋経済協力

    アジア太平洋経済協力から見た香港

    なお、APECには、多くの国から国家として承認されていない台湾や、中国の特別行政区である香港が参加しているため、参加国・地域を指す場合には、「国」ではなく「エコノミー」という語が用いられる。また、国旗や国歌の使用は禁止されている。さらに、条約等に基づいて設立された組織ではない非公式なフォーラムであるため、「加盟」等の語も用いられないアジア太平洋経済協力 フレッシュアイペディアより)

  • アジア太平洋経済協力

    アジア太平洋経済協力から見た投資

    APECは、開かれた地域協力によって経済のブロック化を抑え、域内の貿易・投資の自由化を通じて、世界貿易機関(WTO)のもとでの多角的自由貿易体制を維持・発展することを目的としてきたが、近年のWTOの新ラウンドの停滞や自由貿易協定締結の動きの活発化などによって、その存在意義が問われている。アジア太平洋経済協力 フレッシュアイペディアより)

  • アジア太平洋経済協力

    アジア太平洋経済協力から見たボゴール

    1994年11月 - ボゴール閣僚・首脳会議(インドネシア):2020年までの域内での貿易自由化を打ち出した。アジア太平洋経済協力 フレッシュアイペディアより)

  • アジア太平洋経済協力

    アジア太平洋経済協力から見た中国共産党中央委員会総書記

    2005年11月の釜山での首脳会議の際にも、台湾は立法院長・王金平の出席を予定していたが、中国の抗議や、韓国の拒否により、総統府経済顧問召集人・林信義を代わりに派遣した。しかし、2008年11月のリマでの首脳会議では、台湾からは過去最高クラスの国家元首級となる元副総統・連戦(中国国民党名誉主席)が出席し、中国共産党の総書記・胡錦濤と会談を行った。これには、台湾の国民党と中国の共産党両党の政治操作という背景があるのではないかという憶測が流されている。アジア太平洋経済協力 フレッシュアイペディアより)

  • アジア太平洋経済協力

    アジア太平洋経済協力から見た国旗

    なお、APECには、多くの国から国家として承認されていない台湾や、中国の特別行政区である香港が参加しているため、参加国・地域を指す場合には、「国」ではなく「エコノミー」という語が用いられる。また、国旗や国歌の使用は禁止されている。さらに、条約等に基づいて設立された組織ではない非公式なフォーラムであるため、「加盟」等の語も用いられないアジア太平洋経済協力 フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「アジア太平洋経済協力会議」のニューストピックワード