前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
594件中 1 - 10件表示
  • 宮平保

    宮平保から見たアジア競技大会アジア競技大会

    天行健中国武術館館長。外国人としては初となる中国の体育学院武術専攻(在籍は研究生部)を卒業した公認指導者でもある。また第11回アジア競技大会科学大会(1990 BEIJIN ASIAN GAMES SCIENTIFIC CONGRESS・中国北京で開催、世界24カ国より参加)に日本代表の一人として出席し、論文《中国武術和日本武道的淵源》を発表。宮平保 フレッシュアイペディアより)

  • 宮田孝治

    宮田孝治から見たアジア競技大会アジア競技大会

    日本代表としては1951年に代表デビュー。同年3月にインドで開催された第1回アジア競技大会、1954年3月のワールドカップ・スイス大会予選、同年5月にフィリピンで開催された第2回アジア競技大会に出場するなど国際Aマッチ6試合に出場した。1956年6月3日のメルボルンオリンピック予選、対韓国戦で代表デビュー。同年11月の本大会にも出場した。その後、1958年の第3回アジア競技大会、1959年のローマオリンピック予選に出場するなど国際Aマッチ5試合に出場した。宮田孝治 フレッシュアイペディアより)

  • 西アジア競技大会

    西アジア競技大会から見たアジア競技大会アジア競技大会

    もともと2年に1回の開催を意図したが、戦争や財政状況などの様々な困難のため、2002年に4年に1回の開催に変更した。アジア大会の前年に開催されている。西アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 寺島武志

    寺島武志から見たアジア競技大会アジア競技大会

    2010年 - アジア競技大会チーム戦・ダブルス銅メダル寺島武志 フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥル・ハリク

    アブドゥル・ハリクから見たアジア競技大会アジア競技大会

    1954年にマニラで開催されたアジア競技大会に出場し、100mで金メダル、4×100mリレーで銀メダルを獲得した。このときの100mの優勝タイムは当時のアジア記録であった。1956年には、メルボルンオリンピックで100m、200m、4×100mリレーの競技に出場している。1958年には、東京で開催されたアジア競技大会に出場し、100mで金メダル、200mで銀メダル4×100mリレーで銅メダルを獲得した。1960年には、ローマオリンピックで再び100m、200m、4×100mリレーの競技に出場した。アブドゥル・ハリク フレッシュアイペディアより)

  • 中村兼三

    中村兼三から見たアジア競技大会アジア競技大会

    しかし20代も半ばに差し掛かったこの頃から徐々に陰りが見え始め、世界チャンピオンとして臨んだ1998年のアジア大会ではサンボの経験もあるモンゴルのハリウム・ボルドバータルに敗れ、まさかの準優勝。1999年の世界選手権(バーミンガム)でも3回戦で敗退した。中村兼三 フレッシュアイペディアより)

  • 水間百合子

    水間百合子から見たアジア競技大会アジア競技大会

    水間百合子(みずま ゆりこ、1970年7月22日 - )は、元女子サッカー選手。山形県生まれ、埼玉県育ち。身長163cm。ポジションはおもにフォワード。日本女子代表としては1990年に行われた第11回アジア競技大会(中国・北京)の北朝鮮戦でゴールを決め、銀メダル獲得に貢献した。水間百合子 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国の歴史年表

    韓国の歴史年表から見たアジア競技大会アジア競技大会

    9月20日 - 第10回アジア競技大会ソウル開催、中国代表団参加韓国の歴史年表 フレッシュアイペディアより)

  • 金野潤 (柔道)

    金野潤 (柔道)から見たアジア競技大会アジア競技大会

    選手として全日本選手権やアジア大会での優勝経験を持ち、現在は日本大学柔道部監督および文理学部准教授を務める。金野潤 (柔道) フレッシュアイペディアより)

  • 飯端美樹

    飯端美樹から見たアジア競技大会アジア競技大会

    - 第16回アジア競技大会 広州 日本代表飯端美樹 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
594件中 1 - 10件表示

「アジア競技大会」のニューストピックワード