183件中 91 - 100件表示
  • 2006年アジア競技大会の開会式

    2006年アジア競技大会の開会式から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    中国 ? 北京(1990年・北京オリンピック), 広州(2010年2006年アジア競技大会の開会式 フレッシュアイペディアより)

  • 田中理恵 (体操選手)

    田中理恵 (体操選手)から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    同年11月の広州アジア大会にも出場。エースの鶴見が不振に陥る中、団体で銀メダル獲得に貢献。更に個人総合でも銅メダル、跳馬でも銀メダルを獲得した。なお日本人選手が跳馬でメダルを獲ったのは、1990年北京大会での瀬尾京子以来、20年振り。瀬尾は現在、自身のコーチも務めている。また小沢茂々子(戸田市スポーツセンター)も同種目で銅メダルを獲得している。同年12月に行われた全日本種目別では跳馬と平均台で優勝し、初のタイトルを獲得した。田中理恵 (体操選手) フレッシュアイペディアより)

  • 高昌成

    高昌成から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    2008年新人ドラフトで斗山ベアーズの2次ドラフト2順目(全体13位)指名を受けて入団した。2008年はワンポイントとして起用され、これと言って活躍はなかった。2009年に中継ぎに定着。2010年は中継ぎエースに抜擢される。前年に比べ失点が多く防御率も上昇、やや精彩を欠いた。 しかしながら、ホールド数は前年同様2位になり、結果を残した。四球が少ない投球内容と比較的稀なサイドスローという点から、2010年アジア競技大会国家代表チームに選抜され金メダルを獲得し、兵役免除の恩恵を受けた。だが2011年は成績が悪化し登板試合数も減った。2012年、1軍での登板数はさらに減り公式戦終了後にはポストシーズンに出場できずフェニックスリーグへ派遣された。同年11月、2013年より1軍へ参加する新球団NCダイノスの特別指名を受け移籍した。高昌成 フレッシュアイペディアより)

  • 梁ヒョン種

    梁ヒョン種から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    2010年はチーム最多、自己最多の16勝を記録し、最多勝争いにも加わったが1勝差で逃した。同年の広州アジア大会韓国代表にも選ばれ、準決勝中国戦で勝利投手となり、優勝に貢献したため兵役免除となった。2011年は成績が悪化し7勝、2012年はたった1勝にとどまった。梁ヒョン種 フレッシュアイペディアより)

  • オリンピックシンボル

    オリンピックシンボルから見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    オリンピック旗は、開会式・閉会式での入場行進やメダル授与の際に国旗の代わりとして利用されることがある。政治的な理由によるもので、1980年のモスクワオリンピックにおける西側諸国での利用や1992年のバルセロナオリンピックにおけるEUN・ユーゴスラビア(独立参加として参加)、2000年のシドニーオリンピックにおける東ティモール(個人参加として参加)での利用が挙げられる。また広州アジア大会では、クウェート政府がスポーツに介入したとして2010年1月よりIOCより資格停止処分を受けていたため、同国が個人参加として参加した際に使っている。オリンピックシンボル フレッシュアイペディアより)

  • 金廣鉉

    金廣鉉から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    2010年、負傷から復活し1年を通して先発ローテーションを守り、SKのエースとして活躍し17勝で自身2度目となる最多勝のタイトルを獲得した。広州アジア大会の代表チームに招集されたが、顔面麻痺により辞退し、日韓クラブチャンピオンシップの出場メンバーからも外れた。2011年は前年オフの体調不良がたたったか開幕1軍に入れず、治療のためたびたび戦線を離脱し4勝にとどまった。2012年も体調不良が治らず、1軍初登板は6月後半からだったが、先発として起用され続け8勝をあげた。金廣鉉 フレッシュアイペディアより)

  • 朴基赫

    朴基赫から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    だが2009年以降故障もあり成績が悪化し、2010年広州アジア大会の韓国代表に選ばれなかったこともあり、2010年11月軍へ入隊した。2012年11月除隊され、2013年シーズンよりロッテに復帰する。朴基赫 フレッシュアイペディアより)

  • 広州大学城体育中心

    広州大学城体育中心から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    2010年には、広州アジア大会において、サッカー競技やラグビー競技の会場となった。また、2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選において、サッカー中国代表がヨルダン代表とのホームゲームをこのスタジアムで開催している。また、2012年2月25日には8年ぶりに開催された中国スーパーカップの会場となり、広州恒大が天津泰達を破って優勝を果たしている。広州大学城体育中心 フレッシュアイペディアより)

  • ナックイメージテクノロジー

    ナックイメージテクノロジーから見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    フルHDサイズで最大600コマ/秒での撮影が可能。ワールドカップ、ユーロチャレンジ、ウィンブルドン選手権、フォーミュラ1、北京オリンピック、バンクーバーオリンピック、2010年アジア競技大会をはじめとした世界的なスポーツ中継で日常的に広く使用されており、放送業界で言う、いわゆる「ウルトラハイスピードカメラ」「ウルトラスローカメラ」として世界的に定番の機材となっている。2010年には数々の放送分野に於ける運用実績が評価され、米国テレビ芸術科学アカデミーより第62回技術・工学エミー賞を授与された。ナックイメージテクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • 金哲彦

    金哲彦から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    スタジオパークからこんにちは(2010年11月26日放送分 2010年アジア競技大会の解説の関係もあり事前に収録したもので出演し、金流のランニング論を熱弁)金哲彦 フレッシュアイペディアより)

183件中 91 - 100件表示

「アジア競技大会」のニューストピックワード