594件中 11 - 20件表示
  • 2014年アジア競技大会における卓球競技

    2014年アジア競技大会における卓球競技から見たアジア競技大会アジア競技大会

    2014年アジア競技大会における卓球競技(2014年あじあきょうぎたいかいにおけるたっきゅうきょうぎ、)は、アジアオリンピック評議会(OCA)の主催のアジア競技大会で、2014年大韓民国で開催された第17回アジア競技大会にて行われた、卓球競技である。卓球は9月27日から10月4日までの日程で水原市の水原体育館にて行われ、種目は男女ともシングルス・ダブルス・団体で争われた。2014年アジア競技大会における卓球競技 フレッシュアイペディアより)

  • 錦織育子

    錦織育子から見たアジア競技大会アジア競技大会

    錦織育子(にしこおり いくこ、1980年1月5日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は棒高跳。屋外元日本記録保持者、室内日本記録保持者である。2005年アジア選手権・東アジア競技大会日本代表。2006年ドーハアジア競技大会日本代表。島根県出雲市出身。出雲市陸協所属。錦織育子 フレッシュアイペディアより)

  • 小野秀二

    小野秀二から見たアジア競技大会アジア競技大会

    1958年秋田県能代市生まれ。能代第一中学1年よりバスケットボールを始める。当時、中学では友川かずきがコーチをしており、友川に能代工スタイルを叩き込まれた。名門秋田県立能代工業高校3年時に初の高校3冠(インターハイ、国民体育大会、ウィンターカップ)を達成。筑波大学進学後には全日本に選出され、同時にインカレ4位の成績をおさめる。1980年、住友金属工業に入社し、ポイント・ガードとして1982年日本リーグ、1984年オールジャパンの優勝に貢献。また9年間に渡り日本代表の主力として活躍し、アジア競技大会など数多くの国際試合を経験する。小野秀二 フレッシュアイペディアより)

  • 李小双

    李小双から見たアジア競技大会アジア競技大会

    1990年、地元で開催された北京アジア競技大会で個人総合で銅メダルを獲得したのが李の国際大会でのデビューであった。バルセロナ五輪で中国の団体総合銀メダルに貢献、また個人ゆかでも金メダル、個人つり輪で銅メダルを獲得した。李小双 フレッシュアイペディアより)

  • 今村文男

    今村文男から見たアジア大会アジア競技大会

    バルセロナオリンピック、シドニーオリンピック日本代表。広島アジア大会銀メダリスト、バンコクアジア大会銅メダリスト。今村文男 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾ビール

    台湾ビールから見たアジア競技大会アジア競技大会

    2010年、第16回アジア競技大会(中国・広州)の正式パートナー台湾ビール フレッシュアイペディアより)

  • 若井江利

    若井江利から見たアジア競技大会アジア競技大会

    アジア大会(カタール・ドーハ)軽量級ダブルスカルで銀メダルを獲得。若井江利 フレッシュアイペディアより)

  • 渡部香生子

    渡部香生子から見たアジア競技大会アジア競技大会

    2014年にオーストラリアで開催されたNSWオープン選手権では50m平泳ぎ・100m平泳ぎ・200m個人メドレーなどに出場し、予選も含めると17レースに出場した。そして17レース目となった200m個人メドレーでは大会期間中に蓄積されたであろう疲労をものともせず日本新記録を樹立した。なお200m平泳ぎでも日本高校新記録を樹立していた。4月の第90回日本水泳選手権では100m平泳ぎ、200m個人メドレー、200m平泳ぎの3種目に出場してすべて優勝(100mと200m平泳ぎでは日本高校記録を樹立)すると、6月のジャパン・オープン初日の女子100m平泳ぎで日本新記録をマークして優勝した。同年8月に開催されたパンパシフィック水泳選手権では主要な国際大会において初優勝を果たし、さらに9月のアジア競技大会200m平泳ぎでも優勝を果たした。アジア大会では金2・銀3の計5枚のメダルを獲得。渡部香生子 フレッシュアイペディアより)

  • 中村克

    中村克から見たアジア競技大会アジア競技大会

    競泳は調布に住んでいた中学1年の時に始めた。中学2年の時に足立第十四中学へ転校すると、東京マリン舎人の所属となった。3年の時には全国中学校水泳競技大会の400mリレーで2位となった。武蔵野高校2年の時にはインターハイの50m自由形で優勝した。3年の時には2連覇を達成すると、100m自由形でも2位になった。2012年には早稲田大学スポーツ科学部へ進学した(2016年卒業)。3年の時には日本選手権の50mと100m自由形で3位に入った。パンパシフィック選手権の100m自由形では6位だったものの、初の48秒台となる48秒96を記録した。また、400mメドレーリレーではチームの2位に貢献した。学生選手権では50mと100m自由形で2冠を達成した。アジア大会の400mフリーリレーでは2位だった。4年の時には日本選手権の50m自由形で2位だったが、100mは48秒78で初優勝を飾った。世界選手権の派遣標準記録に達していなかったので個人戦の代表にはなれなかったが、リレーの代表メンバーに選ばれた。ジャパンオープンの100m自由形では、2009年の高速水着時代に藤井拓郎が記録した48秒49を0秒08上回る48秒41の日本新記録を樹立して優勝を成し遂げた。2016年の日本選手権では100m自由形で個人の派遣標準記録は切れなかったものの、自身の日本記録を更新する48秒25で優勝して、400メートルリレーのリオデジャネイロオリンピック代表に選出された。同オリンピック同リレー予選レースにおいて、第一泳者として47秒99の日本記録を樹立。日本人として初めて47秒台を記録した。2018年2月のきららカップ2018の50メートル自由形で21秒87の日本記録を樹立した。さらに、コナミオープンでは100m自由形で自身の日本記録を0秒12更新する47秒87で優勝した。中村克 フレッシュアイペディアより)

  • びわ湖毎日マラソン

    びわ湖毎日マラソンから見たアジア競技大会アジア競技大会

    オリンピック・世界陸上競技選手権大会・アジア競技大会の男子代表を選ぶための最終選考会となっている。本大会と福岡国際マラソン、東京マラソンの3大会で3年おきに持ち回りで男子マラソンの日本選手権を兼ねて行われる。また開催時期が3月であり、箱根駅伝などの大学駅伝シーズンも終わり、比較的長い期間マラソン練習が積めるため、有力な学生ランナーにとっては、在学時に最も出場しやすい大会である。過去には日本大学の川島義明、中京大学の中尾隆行、近年では山梨学院大学の中村祐二が優勝を果たし、中央大学の藤原正和が初マラソン日本人最高記録および学生最高記録更新の快挙を達成している。びわ湖毎日マラソン フレッシュアイペディアより)

594件中 11 - 20件表示

「アジア競技大会」のニューストピックワード