183件中 81 - 90件表示
  • 冨田尚弥

    冨田尚弥から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    2010年アジア競技大会の200m平泳ぎで2分10秒36で優勝。冨田尚弥 フレッシュアイペディアより)

  • 広東オリンピックスタジアム

    広東オリンピックスタジアムから見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    2010年の第16回アジア競技大会では陸上競技が開催された。その他スタジアム周辺には同大会のアーチェリー、ホッケー、ソフトボール、野球などの競技会場がある。広東オリンピックスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • デニス・イストミン

    デニス・イストミンから見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    2010年の全豪オープンでも、イストミンは男子シングルス3回戦まで勝ち上がった。2大会連続の進出となった3回戦では、第3シードのノバク・ジョコビッチから4ゲームしか奪えず 1-6, 1-6, 2-6 の完敗に終わった。8月のニューヘイブン大会ではツアー初の決勝進出を果たしたが、セルジー・スタホフスキー(ウクライナ)に 6?3, 3?6, 4?6 で敗れた。11月の広州アジア大会では準決勝で、日本の添田豪に 6?1, 6?0 で完勝したが、決勝で(インド)に 1?6, 2?6 で完敗し銀メダルを獲得した。デニス・イストミン フレッシュアイペディアより)

  • 嶋原清子

    嶋原清子から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    2010年11月27日 広州アジア競技大会女子マラソン 2時間32分11秒 5位嶋原清子 フレッシュアイペディアより)

  • 張継科

    張継科から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    広州市で行われたアジア競技大会の男子ダブルスでは王皓とのペアで金メダルを獲得した。張継科 フレッシュアイペディアより)

  • 米満達弘

    米満達弘から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    2010年世界選手権は23位と振るわなかったが、アジア競技大会ではフリースタイルとしては1994年広島大会62kg級の和田貴広以来16年ぶりとなる金メダルを獲得。翌、2011年9月にイスタンブルで開催された世界選手権でも和田以来16年ぶりの銀メダルを獲得し、ロンドンオリンピックの日本の出場枠を獲得した。12月に開催された全日本選手権でも優勝してロンドンオリンピック代表に決定した。米満達弘 フレッシュアイペディアより)

  • 滕海浜

    滕海浜から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    その後は、長らく中国代表の座から遠ざかっていたが、2010年に返り咲く。2010年世界体操競技選手権(ロッテルダム)にて平行棒で2位、同年のアジア大会(広州)ではあん馬で優勝した。滕海浜 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎勇喜

    山崎勇喜から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    2010年5月のワールドカップ競歩チワワ大会50km競歩で日本選手初の6位入賞。11月のアジア大会の代表に選ばれていたものの、故障のため欠場した。山崎勇喜 フレッシュアイペディアより)

  • 金英權

    金英權から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    Jリーグ第3節C大阪戦でJリーグ初出場。左SBやCBで起用され、2010年6月6日のナビスコカップ第6節京都戦では直接フリーキックによるゴールを挙げた。同年7月には本人にとって初のフル代表入りを果たし、対ナイジェリア戦で3バックの左CBとして先発出場。若くしての活躍に「李正秀、趙容亨、郭泰輝の長所を併せ持つ選手が育っている」とも評された。11月、U-21韓国代表として広州アジア大会に出場。趙広来韓国A代表監督は、2014 FIFAワールドカップを見据えて金や洪正好を育てると公言しており、12月にはAFCアジアカップ2011予備登録メンバーに選出されるも、天皇杯準々決勝参加のために直前合宿を途中離脱したことや守備陣に経験を求めたことから本登録はされなかった。金英權 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見虹子

    鶴見虹子から見た2010年アジア競技大会2010年アジア競技大会

    2010年(平成22年)、全日本選手権で個人総合5連覇、NHK杯で連覇を果たし、3大会連続の世界選手権代表に選出された。ロッテルダムで行われた本大会では団体総合5位入賞に貢献したが、個人総合では21位と振るわず、前年に続いてのメダル獲得はならなかった。同年11月に中国・広州で行われた広州アジア大会では、団体総合で銀メダル、女子種目別の段違い平行棒では銅メダルを獲得した。しかし、帰国直後の同年12月の全日本団体・種目別は怪我の影響で欠場。朝日生命体操クラブは大会4連覇を逃した。鶴見虹子 フレッシュアイペディアより)

183件中 81 - 90件表示

「アジア競技大会」のニューストピックワード