594件中 81 - 90件表示
  • →Pia-no-jaC←

    →Pia-no-jaC←から見たアジア競技大会アジア競技大会

    2014年9月20日 アジア競技大会2014のシンクロナイズドスイミングのデュエット・テクニカル部門において日本代表が「CROSSBEAT(s)」等の→Pia-no-jaC←オリジナル曲を採用。→Pia-no-jaC← フレッシュアイペディアより)

  • 新宅雅也

    新宅雅也から見たアジア大会アジア競技大会

    広島県三原市立幸崎中学校で、陸上部に入り陸上をはじめた。中学時代は目立った選手ではなかったが、負けず嫌いで、練習は熱心で、一人で遅くまで走っていることも多かった。高校進学では、駅伝で有名な世羅高校を希望したが、学区が違うため、広島県立西条農業に進学し、約2時間かけて通学していた。田園風景のバラス(砂利)道を走り足腰を鍛えた。当時箱根駅伝5連覇、全日本大学駅伝3連覇等駅伝で実績のある実力校日本体育大学に進学し、トラック競技で活躍。在学中から多くの国際大会に参加。1977年、ユニバーシアード第9回ソフィア大会で3000m障害出場。1978年、第8回アジア大会(バンコク)では3000m障害物で金メダル。この1ヶ月後に出場した箱根駅伝で日体大の総合優勝をもたらした山登りの激走は有名。1979年に国立霞ヶ丘陸上競技場において3000m障害で出した記録 8分25秒8 は今も2番目に古い日本学生最高記録として残る。この頃同期の中村孝生、瀬古らと共に中村清の指導を受け、卒業後は中村が指揮を執るヱスビー食品で指導を受けたいと思うようになっていった。このことで一時日体大関係者の中に「新宅、中村は卒業してもOB会には入れない」と不快感を示す者も現れた。その状況下でも新宅と中村は「それはそれ、これはこれ」と割り切り、1980年の箱根駅伝(56回大会)では快走し、瀬古を擁する早稲田大学を下して優勝を果たした。日体大卒業後は中村、瀬古とヱスビー食品に入社。この3人だけで東日本実業団対抗陸上競技大会に出場し団体優勝。1984年?1988年の全日本実業団駅伝4連覇にも貢献した。中村監督の指導を受け、自身も1980年3000m障害で、8分19秒52の日本記録を出した。これは2003年、岩水嘉孝が抜くまで23年間破られなかった。モスクワオリンピックの3000m障害代表にも選ばれたが、日本が大会をボイコットした。また1982年、第9回アジア大会(ニューデリー)5000m金メダル、1984年ロサンゼルスオリンピック10000m出場。1986年第10回アジア大会(ソウル)5000m銀メダル・10000m金メダルを獲得。新宅雅也 フレッシュアイペディアより)

  • 山田恵子

    山田恵子から見たアジア競技大会アジア競技大会

    アジア大会には高校2年で日本選手権初優勝をした1970年に開催されたバンコクアジア大会で初出場し、100メートルは12秒1で銀メダル。200メートルでは25秒0で金メダルを獲得した。4年後、1974年のテヘランアジア大会にも出場し、100メートルにおいて12秒42で銅メダルを獲得している。山田恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 園田隆二

    園田隆二から見たアジア競技大会アジア競技大会

    1994年10月 - アジア大会 2位園田隆二 フレッシュアイペディアより)

  • 本多忠

    本多忠から見たアジア競技大会アジア競技大会

    アジア競技大会では1970年、1974年の100m背泳ぎ、200m背泳ぎでそれぞれ金メダルを獲得している。本多忠 フレッシュアイペディアより)

  • 塚原直貴

    塚原直貴から見たアジア競技大会アジア競技大会

    第15回アジア競技大会(カタール・ドーハ)では男子100mで銀メダル、男子4×100mリレーでも銀メダルを獲得した。塚原直貴 フレッシュアイペディアより)

  • 二宮美穂

    二宮美穂から見たアジア競技大会アジア競技大会

    1998年(平成10年) - アジア大会柔道競技 78kg超級 3位二宮美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 立山真衣

    立山真衣から見たアジア競技大会アジア競技大会

    東海大学に入学すると、1年の時に福岡国際の78kg超級と無差別で優勝を果たした。2年の時には全日本選手権と選抜体重別でそれぞれ決勝まで進むものの、大学の先輩である綜合警備保障の塚田真希に敗れた。学生体重別と講道館杯では優勝を飾った。塚田がケガをしたために代わりに出場したアジア大会では3位だった。3年の時には全日本選手権で3位になると、全日本学生柔道優勝大会ではチームの優勝に貢献した。学生体重別では大学の後輩である田知本愛に敗れて2位だった。講道館杯では2連覇を飾った。4年の時にも全日本選手権で3位になった。アジア選手権では優勝するが、全日本学生柔道優勝大会と学生体重別ではそれぞれ2位に終わった。嘉納杯では優勝を飾った。立山真衣 フレッシュアイペディアより)

  • 三嶋恭代

    三嶋恭代から見たアジア競技大会アジア競技大会

    1966年にバンコクで開催されたアジア競技大会に出場し、800mで銅メダルを獲得した。和歌山県立和歌山北高等学校の教員だった1969年には日本陸上競技選手権大会の400mで優勝しており、同年、400mで手動計時56秒5の日本記録を樹立している。三嶋恭代 フレッシュアイペディアより)

  • 足立美穂

    足立美穂から見たアジア競技大会アジア競技大会

    高校時代の1997年、文部大臣杯でシングル・ペア・フォアの3冠を獲得。2002年のアジア大会、アテネ予選ともにフォアに出場した。アテネ五輪では、北本忍、鈴木祐美子、竹屋美紀子とのフォアでカヌー競技日本女子初となる決勝進出(9位)と大いに健闘した。足立美穂 フレッシュアイペディアより)

594件中 81 - 90件表示

「アジア競技大会」のニューストピックワード