1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示
  • 2010年アジア競技大会

    2010年アジア競技大会から見た台湾

    女子テコンドーにて、金メダルの有力候補であった台湾の楊淑君が、「規定外のソックスの使用」を理由に試合途中で失格となった(対戦相手はベトナムの武氏厚選手)。試合前の検査をパスしており、また、慣例では、規定外の防具を使用した場合は「減点」ないし「交換」となっている。台湾の行政院体育委員会は遺憾の意と抗議を表明、中華民国テコンドー協会を通して、アジアテコンドー連盟に審査請求を行う予定。その後、台湾国内では(問題と直接の関係がない)テコンドー発祥国の韓国に対する批判が相次ぎ、怒りの収まらないファンが台湾体育委員会の前で太極旗を破ったり韓国産輸入品を投げて抗議した。また一部商店では「中華民国チームのために韓国人には物を売らない」という警告文まで掲げられた。馬英九総統は「今回の失格は受け入れにくい」「主催側の事故原因調査を強力に要求する」とコメント、戴遐齢体育委員会主任も「納得できる説明を出さない場合、国際司法裁判所に提訴する」とコメントした。2010年アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アジア競技大会

    2010年アジア競技大会から見た蘋果日報 (香港)

    11月8日、香港紙蘋果日報は、大会組織委員会が同紙の取材申請を認めていないことを明らかにした。同紙が中国の民主化運動を支持し、共産党政権を批判していることから、報復とされる。同紙は「アジア大会はアジア・オリンピック評議会が主催するもので、中国独自の行事ではない」と指摘し、香港立法会の民主派議員からも「中国側の対応はひど過ぎる」などと批判の声が出た。2010年アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アジア競技大会

    2010年アジア競技大会から見たアジアオリンピック評議会

    2010年のアジア競技大会は2004年に行われたOCA総会でクアラルンプール、ソウル、アンマンを破り広州での開催が決定された。2010年アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アジア競技大会

    2010年アジア競技大会から見たクウェート

    政府が不当に介入したとして、2010年1月よりIOCから資格停止になったクウェートの参加が同国のオリンピック委員会からではなく、個人参加(Athletes From Kuwait)扱いになっている。2010年アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アジア競技大会

    2010年アジア競技大会から見た広州市

    2010年アジア競技大会(XVI Asian Games 2010)は、2010年11月12日から11月27日まで中国・広州で行われた第16回アジア競技大会。2010年アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アジア競技大会

    2010年アジア競技大会から見たTBSチャンネル

    日本放送協会・JNN(TBSテレビ)共同制作。大会の中継はNHK衛星第1テレビジョンでの生放送を主に、深夜での録画放送を中心にNHK総合テレビジョン(男子マラソンはNHK教育テレビジョンで生放送)、TBSテレビ(東京都など一部地域)、TBSチャンネル(サッカー男子のみ。決勝はBS-TBSと同時生放送)でも放送された。また一部の競技(柔道など)ではTBS系列のRKB毎日放送から茅野正昌・櫻井浩二両アナウンサーが派遣された。2010年アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アジア競技大会

    2010年アジア競技大会から見たアジア競技大会

    2010年アジア競技大会(XVI Asian Games 2010)は、2010年11月12日から11月27日まで中国・広州で行われた第16回アジア競技大会2010年アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アジア競技大会

    2010年アジア競技大会から見たクアラルンプール

    2010年のアジア競技大会は2004年に行われたOCA総会でクアラルンプール、ソウル、アンマンを破り広州での開催が決定された。2010年アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アジア競技大会

    2010年アジア競技大会から見た北京オリンピックにおけるバドミントン競技

    バドミントン男子シングルス決勝は2008年の北京オリンピック決勝と同じ、中国の林丹とマレーシアのリー・チョンウェイの対戦となり、林丹が優勝して大会MVPにも選出された。2010年アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アジア競技大会

    2010年アジア競技大会から見た国際柔道連盟

    女子柔道48kg級では、防戦一方だった中国の呉樹根が判定で日本の福見友子を破るという結果になった。呉が帯を外して道着を直すという露骨な時間稼ぎを何度も繰り返したが、主審は注意をしなかった。また、地元の係員が観衆の声援を煽り、呉勝利の瞬間には跳び上がって喜んでいた。福見は「結果も内容も納得いかない」と不満を漏らした他、日本女子柔道監督の園田隆二も「アグレッシブさがあり、国際柔道連盟が求める柔道をしていた」、さらに国際柔道連盟審判委員の川口孝夫も「3-0で福見が勝っていた」、吉村和郎強化委員長も「あんな判定をしていたら中国自体が疑われる。100人が見たら、100人が福見の勝ちだと言う」と判定の不可解さに不満を漏らしている。観客の異常なまでの盛り上がりが、主審のモンゴル人審判・副審の韓国人審判に影響を与えたと考えられる。また、女子63キロ級準決勝において、上野順恵が北朝鮮のキム・スギョンに試合中左目付近をこぶしで数回殴られて負傷した。試合中、上野は痛みでうずくまっていたが、審判は反則を取らず、上野に試合続行をせかした。試合後には目に青あざができ、競技終了後には打撲と診断された。11月15日、全日本柔道連盟(全柔連)の上村春樹会長は、試合中の映像を編集して国際柔道連盟に提出する考えを明らかにした。2010年アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示

「アジア競技大会」のニューストピックワード