3990件中 31 - 40件表示
  • カール・タロウ・グリーンフェルド

    カール・タロウ・グリーンフェルドから見たアジアアジア

    カール・タロウ・グリーンフェルド(Karl Taro Greenfeld, 1964年 - )はアメリカのジャーナリスト。スポーツ・イラストレイテッド誌の編集者。現代のアジアにおける生活を綴った記事で知られる。カール・タロウ・グリーンフェルド フレッシュアイペディアより)

  • ダークウィスパー

    ダークウィスパーから見たアジアアジア

    アメリカ合衆国消失時、第三次世界大戦が勃発したとされている。どの程度の時間の経過があったか自体も謎だが、合衆国の国家機能の消失が先んじ、シベリア経済圏を中核とする北方アジア連合がアメリカ西海岸に、同時に、NATO(北大西洋条約機構)軍がアメリカ東海岸から上陸し、戦端が開かれている。また、ほぼ同時期にヨーロッパのドイツでも、ヨーロッパ大陸内(ウラル山脈以西を指す)で孤立した東ドイツ軍とNATO軍の戦闘が行われており、どちらの陣営か不明であるが、戦略核弾頭の使用がニドの回想部分に描かれている。ダークウィスパー フレッシュアイペディアより)

  • 恐角目

    恐角目から見たアジアアジア

    恐角目(きょうかくもく、Dinocerata)は哺乳類の絶滅した目の一つ。暁新世後期から始新世中期にかけて、北アメリカおよびアジアに分布していた。ウインタテリウムが最もよく知られている。恐角目 フレッシュアイペディアより)

  • シータテハ

    シータテハから見たアジアアジア

    シータテハ(Polygonia c-album)は、チョウ目・タテハチョウ科に分類されるチョウの一種。キタテハによく似たタテハチョウで、ヨーロッパからアジアにかけて広く分布する。シータテハ フレッシュアイペディアより)

  • インカルチュレーション

    インカルチュレーションから見たアジアアジア

    ユダヤ系キリスト教徒と異邦人キリスト教徒間の文化的対立は、キリスト教がギリシア・ローマ文化 (:en:Greco-Roman) を包括するまで継続した。似たようなインカルチュレーションの例は、ローマ帝国が滅亡し、ゲルマンおよび中世文化が優勢となったころ、数世紀にまたがって起こった数々のプロセスである。宣教史における初期インカルチュレーション実践者には、アイルランドの聖パトリキウス、あるいは東欧スラヴの聖キリルと聖メトディウスなどが挙げられる。1054年、東西教会の分裂の後、ローマ・カトリック教会はおおよそヨーロッパ西部に活動範囲が限定された。また十字軍、コンスタンティノポリスのラテン帝国(1204年 - 1261年)といった中東の文化に影響を及ぼそうとする試みは失敗した。プロテスタントによる宗教改革は西方教会の分割をもたらした。しかしながら、同時に、スペインとポルトガルによるアメリカ大陸の発見、アジアおよびアフリカへの進出は異文化、異文明との接触を拡大していくこととなった。インカルチュレーション フレッシュアイペディアより)

  • ザンジバルの歴史

    ザンジバルの歴史から見たアジアアジア

    1497年11月22日にポルトガルの航海者ヴァスコ・ダ・ガマがアフリカ大陸南端部の喜望峰を超え、翌1498年にインド洋に入ると、ダ・ガマ率いる艦隊は同年3月22日にモザンビーク島に、4月10日にモンバサに、4月13日にマリンディに入港した。ここにスワヒリ世界、及びその先に広がるアジアと西欧キリスト教文明の最前衛としてのアヴィス朝ポルトガル王国の接触が始まったのである。ダ・ガマ率いる艦隊はマリンディを拠点にインドを目指し、5月28日にカリカットの国王に会見した後、帰路マリンディ、ザンジバル、モザンビークを経て1499年9月にポルトガルの首都リスボンに帰投した。このヴァスコ・ダ・ガマの第一次航海の後、隣国スペインと共に大航海時代の主導者となったポルトガルはトルデシリャス条約(1494年)の世界分割協定に基づいてヨーロッパによるアフリカ、アジア進出の尖兵となり、インド洋交易に参入するため艦隊を派遣した。1502年2月10日に再びポルトガルから第二次航海に出帆したダ・ガマの艦隊は7月12日にキルワを訪れた後、カリカットの国王と対立しながらもインドのコチン、カナノールにポルトガル商館を建設し、ヨーロッパによるアジアの植民地化の先鞭をつけた。1505年に国王マヌエル1世によってインド総督に任命されたフランシスコ・デ・アルメイダは同年3月25日にリスボンを出帆した後、キルワ王国を征服して同国をポルトガルに服属させ、さらにモンバサを略奪した後にインドに向い、グジャラート・スルターン朝との抗争で息子のロウレンソを喪った後、1509年2月にディウ沖海戦でポルトガルのインド洋征服に対抗しようとしたマムルーク朝とディウ、カリカットのイスラーム連合艦隊を破ってインド洋の制海権を確立した。デ・アルメイダの後に総督に任命されポルトガル艦隊を率いたアフォンソ・デ・アルブケルケは、1510年にゴアを占領してポルトガル領インドを確立した後、1511年に東南アジアのマラッカを、1515年にイランのホルムズ島を征服し、ポルトガル海上帝国の礎を築き上げた。この過程でマリンディ、キルワ、ザンジバル、ブラワなどの殆どのスワヒリ諸都市がポルトガルの支配を受け容れた中、ただモンバサだけはポルトガルへの抵抗を続け新興のオスマン帝国の救援を得ようとしたものの、1592年にオスマン帝国の東アフリカ進出を恐れたポルトガルによってモンバサも征服された。ザンジバルの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見たアジアアジア

    平成期になり日本政府の留学生受け入れ増加計画で中華人民共和国などアジアからの留学生が急増する。その反面、日本からの海外留学生数は団塊ジュニア世代が大学生だった1990年代がピークだった。2000年代にゆとり世代が大学生となりアメリカの大学や欧米諸国を中心に海外に留学する日本の若者が減少した。2012年(平成24年)に文部科学省は世界の大学が採用する共通の大学入学資格取得に必要な教育課程の国際バカロレア資格の国内認定校の拡大のために200高校に留学支援課程を設置する計画を立案した。英語の第二公用語化の議論や一部の学力が高い大学で講義の英語化が実施された。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • H&K HK21

    H&K HK21から見たアジアアジア

    H&K HK21は、ドイツのベルト給弾式汎用機関銃である。1961年、ヘッケラー&コッホ(H&K)社がH&K G3を元に開発した。本銃は現在でもアジア、アフリカ、ラテンアメリカ諸国で一線で使用されており、ポルトガルのINDEP社(Indústrias Nacionais de Defesa EP, Defense National Industries Public Corporation, 旧称:Fábrica do Braço de Prata)ではm/968という名称で、メキシコのSEDENA社(Secretariat of National Defense)ではMG21という名称でそれぞれライセンス生産されている。H&K HK21 フレッシュアイペディアより)

  • シャンティ国際ボランティア会

    シャンティ国際ボランティア会から見たアジアアジア

    公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(しゃんてぃこくさいぼらんてぃあかい、英字: Shanti Volunteer Association 略称: SVA)は、1981年に創立された日本の仏教組織で、国際開発NGOに分類される。2011年公益社団法人認可された。ベトナムを除くインドシナ仏教地域を中心とするアジアの教育・文化支援事業、および日本国内を含めたアジア各地で災害救援事業を行う。シャンティはサンスクリット語で、「平和、寂静」の意。シャンティ国際ボランティア会 フレッシュアイペディアより)

  • 真珠層

    真珠層から見たアジアアジア

    工芸用などの目的で真珠層を利用する上で代表的な資源を挙げると、まずはウグイスガイ科の真珠貝類であり、アジアを中心とする温帯および熱帯の海に生息する。さらにイシガイ上科のイシガイ科、カワシンジュガイ科といった淡水産二枚貝類の一部は別名淡水真珠貝とも呼ばれており、アメリカ合衆国、ヨーロッパ、アジアなどの川に住む。アワビはカリフォルニア、日本、アフリカ南部などの太平洋、インド洋に生息する。また、特に20世紀に貝ボタンの素材として広く利用されたヤコウガイも挙げなければならないだろう。真珠層 フレッシュアイペディアより)

3990件中 31 - 40件表示

「アジア」のニューストピックワード

  • 修造さすがですわ...好き...

  • 10年不況

  • 最終的かつ不可逆的に解決されることになった。日韓関係が未来志向の新時代に入ることを確認した