2900件中 51 - 60件表示
  • オーストラリアの歴史

    オーストラリアの歴史から見たアジアアジア

    連邦成立後は、旧宗主国イギリスと新興国アメリカ合衆国との狭間で揺れながらも独自性の模索を続け、主にアジア地域との関係強化を図っている。オーストラリアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 東アジア共同体

    東アジア共同体から見たアジアアジア

    これに対して中華人民共和国(中国)は、アジア地域における自国の影響力の拡大を図り、アメリカ・欧州連合に対抗するため、本構想に対して積極的である。これは中国に対抗できるオセアニア、インドなどの諸国を含めないASEAN+3(日中韓)という枠組みで、ロシアが主導するCISのような中国主導の共同体を意図していると考えられる。ASEAN+3の枠組みについてはマレーシアも賛同している(クアラルンプール宣言)。東アジア共同体 フレッシュアイペディアより)

  • ROENTGEN

    ROENTGENから見たアジアアジア

    本作には日本を除くアジア諸国でリリースされた『ROENTGEN english version』(全曲英語詞化、2002年7月4日発売、国内では輸入盤扱い)と、その日本仕様である『ROENTGEN.english』(初回限定盤DVD付、2004年10月14日発売)も存在する。元々HYDEは全英語詞で制作したかったといういきさつもあり、全英語詞のアルバムが制作された。アルバムに英語詞の比重が多いのもその為である。『ROENTGEN english version』は、HYDEがアコースティック・ギターを抱えているというジャケットになっている。ROENTGEN フレッシュアイペディアより)

  • 神韻

    神韻から見たアジアアジア

    神韻芸術団は、中国共産党の数十年の統治下で破壊された中国五千年の伝統文化を復興するという目的を持ち、2006年に設立されて以来、2007年には初ステージを披露、2009年には、「神韻ニューヨーク芸術団」、「神韻国際芸術団」、「神韻巡回芸術団」の三つの舞踊団とオーケストラに規模を拡大し、北米のみならずヨーロッパ、オセアニア、アジアなど世界各国で巡回公演が行われている。神韻 フレッシュアイペディアより)

  • 松本孝弘

    松本孝弘から見たアジアアジア

    ギターの演奏技術が高く評価され、1999年から、日本人ギタリストで初めてギブソンから彼の名前を冠した、レスポールのシグネチャモデルが発売されている。ちなみに、このレスポールのシグネチャモデルを供給されたのは、世界でもジミー・ペイジ、ジョー・ペリー、エース・フレーリー、スラッシュ、ザック・ワイルド、ゲイリー・ムーアのみ(2011年現在)であり、松本はアジアで初、世界では5番目のシグネチャープレイヤーとなる。松本孝弘 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジル

    ブラジルから見たアジアアジア

    ブラジルの最初の住民は、紀元前11,000年にベーリング海峡を渡ってアジアからやって来た人々(狩人)だった。彼らは紀元前8000年頃、現在のブラジルの領域に到達した。現在のブラジルとなっている地に遠く離れたタワンティンスーユ(インカ帝国)の権威は及ばず、この地には、後にヨーロッパ人によって「インディオ」(インディアン)と名づけられる、原始的な農耕を営む・グアラニー族・アラワク族系の人々が暮らしていた。16世紀前半の時点でこうした先住民の人口は、沿岸部だけで100万人から200万人と推定されている。しかし、ヨーロッパ人が渡来してくるまでは、ブラジルに住んでいた人々の生活については何も知られていない。ブラジル フレッシュアイペディアより)

  • トルコの国際関係

    トルコの国際関係から見たアジアアジア

    トルコと日本の友好関係を語る上で第一に記憶されるのは、1890年(明治23年)のエルトゥールル号遭難事件において、日本の人々がエルトゥールル号の生存者にさしのべた救援と同情である。続く20世紀の初頭頃から、日露戦争でトルコが長年苦しめられてきたロシア帝国に日本が一矢報いたことなどから、アジアの近代化の優等生として認識されるようになった。トルコの国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • 近代化

    近代化から見たアジアアジア

    したがって、ソ連の存在は欧米諸国や日本とは異なった行き方で第二次産業革命を達成したものととらえることが可能であり、その点で第二次世界大戦後に独立を果たしたアジア・アフリカ諸国にとっては一種の近代化のモデルとしてアピールしたのであった。近代化 フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄

    地下鉄から見たアジアアジア

    第一次世界大戦が開戦するまでには西ヨーロッパや北アメリカの大都市に、第一次世界大戦中から20世紀半ば頃まではヨーロッパ各地の中都市や日本を中心に建設が行なわれていたが、1970年代以降はアジアなどの発展途上国での建設が盛んになった。地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • モスクワ会社

    モスクワ会社から見たアジアアジア

    モスクワ会社(モスクワがいしゃ、、)はモスクワ大公国会社とも呼ばれ、イギリス(当時はイングランド)で初めての勅許会社として設立され、当時のモスクワ大公国(モスクワ国家、ロシア・ツァーリ国)との貿易を独占した。後のイギリスのアジア向けの東インド会社、新大陸向けのハドソン湾会社などの先鞭をつけた。後にロシア会社(英語:Russia Company)とも呼ばれた。モスクワ会社 フレッシュアイペディアより)

2900件中 51 - 60件表示

「アジア」のニューストピックワード