3990件中 61 - 70件表示
  • チベット高気圧

    チベット高気圧から見たアジアアジア

    チベット高気圧(チベットこうきあつ)とは、春から夏にかけての暖候期前半に、チベット高原を中心としてアジアからアフリカにかけての広範囲を覆う、対流圏上層の高気圧である。チベット高気圧 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のフットサル

    日本のフットサルから見たアジアアジア

    日本のフットサルは、日本サッカー協会とその傘下にある日本フットサル連盟によって統括されている。全国リーグとして、日本フットサルリーグが開催されている。ナショナルチームは、アジア地区でイランに次ぐ実績を持っている。日本のフットサル フレッシュアイペディアより)

  • 複雑な彼

    複雑な彼から見たアジアアジア

    日本に帰った譲二のアパートに、また「ふしぎな男」が現れた。そして黒幕の誰かを匂わすような口ぶりで、「あの方」は君に惚れ込んでおられると言い、その人物が近ごろの東南アジアの情勢に深く心を痛め、「今、一人の日本人が身を挺してこれを救わなければ、アジアは永久に救われない」と考えていることと伝え、ぜひ君が必要だと譲二を説得した。保釈中の譲二がNALに就職できたのも「あの方」の裏の力だった。冴子と別れ、もう命など惜しくない譲二は勧誘に承諾した。複雑な彼 フレッシュアイペディアより)

  • 田辺義明

    田辺義明から見たアジアアジア

    田辺 義明(たなべ よしあき、1955年 - )は、静岡県出身の産業社会学者。中国と周辺アジアを研究フィールドとする。また航空軍事評論家でもある。田辺義明 フレッシュアイペディアより)

  • サベナ・ベルギー航空

    サベナ・ベルギー航空から見たアジアアジア

    第二次世界大戦でベルギーがドイツに占領されたために壊滅的な打撃を受けるが、戦後には復活。首都ブリュッセルを中心に路線網を拡げ、ヨーロッパ、アフリカのみならず、ニューヨーク、中東、アジアや極東にも進出した。サベナ・ベルギー航空 フレッシュアイペディアより)

  • 太平洋問題調査会

    太平洋問題調査会から見たアジアアジア

    ビッソン、ラティモア、ノーマンなど、第二次世界大戦後に活躍するアジア研究者・日本研究者を育成する役割を果たし、特にアメリカではそれまで立ち遅れていた中国学・アジア地域研究の発展の基礎が作られた。しかし東西冷戦の影響のもと、特にアメリカで左派的・容共的団体とみなされて反共攻撃の標的になり、解散のやむなきに至った。太平洋問題調査会 フレッシュアイペディアより)

  • 第28回東京国際映画祭

    第28回東京国際映画祭から見たアジアアジア

    自主企画として行われる部門は、コンペティション、アジアの未来、日本映画スプラッシュ、特別招待作品、パノラマ、ワールド・フォーカス、国際交流基金アジアセンターpresents「CROSSCUT ASIA #02 熱風!フィリピン」、ブリランテ・メンドーサの世界、Japan Now、日本映画クラシックス、第28回東京国際映画祭プレゼンツ 歌舞伎座 スペシャルナイト、寺山修司生誕80年 TERAYAMA FILMS、追悼特集「高倉健と生きた時代」、ガンダムとその世界、生誕100年 オーソン・ウェルズ -- 天才の発見、日本のいちばん怖い夜〜Jホラー降臨。その他に共催/提携企画が行われた。第28回東京国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ディック・リー

    ディック・リーから見たアジアアジア

    ディックのサウンドはアジア風、天才的なメロディセンスによって紡ぎだされるメロディーはAOR風、歌詞は英語、マレー語、広東語というのが彼のミュージックスタイル(彼自身英語、マレー語、フランス語、広東語ができる)である。そして歌詞の内容は痛烈な風刺、感傷的なラブソング、コミカルなものと幅広い。ディック・リー フレッシュアイペディアより)

  • ROENTGEN

    ROENTGENから見たアジアアジア

    本作には日本を除くアジア諸国でリリースされた『ROENTGEN english version』(全曲英語詞化、2002年7月4日発売、国内では輸入盤扱い)と、その日本仕様である『ROENTGEN.english』(初回限定盤DVD付、2004年10月14日発売)も存在する。元々HYDEは全英語詞で制作したかったといういきさつもあり、全英語詞のアルバムが制作された。アルバムに英語詞の比重が多いのもその為である。『ROENTGEN english version』は、HYDEがアコースティック・ギターを抱えているというジャケットになっている。ROENTGEN フレッシュアイペディアより)

  • 日豪関係

    日豪関係から見たアジアアジア

    1960年代〜70年代、オーストラリアの貿易は、それまでのイギリス連邦中心からアジアが中心の貿易に変わっていき、その中でも日本は特に主要な取引相手となった。オーストラリアにとって日本は現在最も大きな輸出市場であり、また日本にとってもオーストラリアは、アメリカ、中国に続く輸出国第3位にあげられる。オーストラリアは日本に対して貿易黒字となっている。日豪関係 フレッシュアイペディアより)

3990件中 61 - 70件表示

「アジア」のニューストピックワード