3990件中 81 - 90件表示
  • フォーシーズンズホテル

    フォーシーズンズホテルから見たアジアアジア

    会社のビジョンが決定して以降は順調にホテル数を増やしたものの、1970年に開業したロンドンのイン・オン・ザ・パーク(現フォーシーズンズ・ホテル・ロンドン・パークレーン)を除いて、カナダとアメリカ以外の国での進出を果たせずにいた。しかし、1992年1月にアジア進出第1号として開業したフォーシーズンズホテル椿山荘東京(現ホテル椿山荘東京)を皮切りに、カナダとアメリカ以外の国にも積極的に進出を果たすようになった。フォーシーズンズホテル フレッシュアイペディアより)

  • リス

    リスから見たアジアアジア

    第1の系統、亜科 は、アジアの熱帯地方に分布する大型の樹上性リスで、オオリス属の1属4種を含む。リス フレッシュアイペディアより)

  • 英語帝国主義

    英語帝国主義から見たアジアアジア

    ヨーロッパで生じている状況が、例えばアメリカ大陸・アフリカ・アジアのような他の文脈で経験されるかどうか考えなさい。英語帝国主義 フレッシュアイペディアより)

  • 英国海外航空

    英国海外航空から見たアジアアジア

    さらに1941年12月の日本とイギリスとの間の開戦以降は、アジア各地のイギリス軍が次々に日本軍に敗北した結果、シンガポールをはじめとしたマレー半島一帯やビルマ、香港をはじめとするアジアにおけるイギリスの植民地の多くが日本軍の占領下となった上に、インド洋一帯の制海権も喪失し、さらにオーストラリア北部も日本軍の爆撃を頻繁に受けるような状況に陥ったため、イギリス領インド帝国とオーストラリア、香港をシンガポール経由で結ぶ路線の運航も休止に追い込まれた。英国海外航空 フレッシュアイペディアより)

  • サル目

    サル目から見たアジアアジア

    熱帯系の動物であり、その分布は熱帯域に集中する。東アジアには温帯域まで分布する種があり、特にニホンザルは最も高緯度に分布するサルとして有名である。曲鼻亜目及びメガネザル類はアジア・アフリカの熱帯域、広鼻猿類は中南米の熱帯、類人猿を含む狭鼻猿類はアジア・アフリカの熱帯域から温帯域の一部にかけて分布している。ヨーロッパにはほとんど棲息せず、ジブラルタル海峡ごしにバーバリーマカク1種が棲息するのみである。また、北アメリカ大陸北部(アングロアメリカ相当地域)にも分布しない。サル目 フレッシュアイペディアより)

  • 政府開発援助

    政府開発援助から見たアジアアジア

    日本のODAは、アジアに対するものが大きい。日本に限らず、どの援助国も、歴史的、地理的、経済的な理由で、援助対象国の地域的な偏りが見られ、日本の場合はアジアがそれに該当する。また、日本のODAが、アジアに対する第二次世界大戦の戦後賠償に端を発している、という特殊要因も挙げられる。政府開発援助 フレッシュアイペディアより)

  • 大東亜戦争

    大東亜戦争から見たアジアアジア

    「欧米諸国によるアジアの植民地を解放し、大東亜細亜共栄圏を設立してアジアの自立を目指す」、という理念と構想を元に始まった大東亜戦争が、アジアの植民地の宗主国を中心に構成された連合国側にとっては都合が悪かったため、終戦後にはGHQによって「戦時用語」として使用が禁止され、「太平洋戦争」などの語がかわって用いられた。GHQの指定は現在では失効しているが、1960年頃から一種のタブー扱いとされメディアでの使用は控えられている。一方で、「連合国軍の都合で一方的に使用が止められた『大東亜戦争』の用語を用いるべきである」とする主張も存在し、歴史認識問題などでこの戦争の呼称については議論が多数なされている。大東亜戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 新川 (企業)

    新川 (企業)から見たアジアアジア

    当社創業以来のエートスは、「人が人の持つ可能性に挑戦できる環境の実現」。研究開発、販売、保守まで一括して行う総合グローバルメーカーとして、日本をはじめアメリカ、アジアなど10カ国に拠点がある。新川 (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 東アジア共同体

    東アジア共同体から見たアジアアジア

    これに対して中華人民共和国(中国)は、アジア地域における自国の影響力の拡大を図り、アメリカ・欧州連合に対抗するため、本構想に対して積極的である。これは中国に対抗できるオセアニア、インドなどの諸国を含めないASEAN+3(日中韓)という枠組みで、ロシアが主導するCISのような中国主導の共同体を意図していると考えられる。ASEAN+3の枠組みについてはマレーシアも賛同している(クアラルンプール宣言)。東アジア共同体 フレッシュアイペディアより)

  • 後発開発途上国

    後発開発途上国から見たアジアアジア

    後発開発途上国には、アフリカ・アジアの内陸国が多い。内陸国は、隣国の港湾の賃貸料やそこまでの輸送費などがかかるために、貿易の利益が少なくなる他、港湾のある隣国の情勢に左右されることが多く、経済活動が不安定である。後発開発途上国 フレッシュアイペディアより)

3990件中 81 - 90件表示

「アジア」のニューストピックワード

  • 修造さすがですわ...好き...

  • 10年不況

  • 最終的かつ不可逆的に解決されることになった。日韓関係が未来志向の新時代に入ることを確認した