前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
143件中 1 - 10件表示
  • 第一三共

    第一三共から見たアステラス製薬アステラス製薬

    2011年時点で国内業界3位。世界業界19位。武田薬品工業(同12位)・アステラス製薬(同17位)・エーザイ(同22位)とともに国内製薬メーカー大手4社の1つである。2012年4月時点の時価総額は、医薬品セクターで5位。第一三共 フレッシュアイペディアより)

  • 青木初夫

    青木初夫から見たアステラス製薬アステラス製薬

    青木初夫(あおき はつお、1936年4月8日 - )は、アステラス製薬株式会社代表取締役会長。群馬県立渋川高等学校卒業、1960年、東京大学農学部農芸化学科を卒業。同校で1963年に農学修士、1972年に農学博士。青木初夫 フレッシュアイペディアより)

  • アストラゼネカ

    アストラゼネカから見たアステラス製薬アステラス製薬

    日本には住友化学との合弁による現地法人として、大阪市北区大淀中に建つ梅田スカイビル内にアストラゼネカ株式会社(AstraZeneca K.K.)本社を置く。また東京都文京区の後楽森ビル内に東京支社を置いている。住友化学とは、旧ICI時代からの関係を持っている。一方のアストラは旧藤沢薬品工業(現・アステラス製薬)と業務提携し藤沢アストラを設立したことがあった。アストラゼネカ フレッシュアイペディアより)

  • ゼファーマ

    ゼファーマから見たアステラス製薬アステラス製薬

    2004年10月1日に山之内製薬および藤沢薬品工業のヘルスケア部門(消費者向け医薬品・薬粧品事業)を分割統合して発足した(出資比率は山之内製薬50%、藤沢薬品工業50%)。なお、2005年4月1日に親会社であった両社は合併し、医科向け医薬品事業のアステラス製薬となった。ゼファーマ フレッシュアイペディアより)

  • マキロン

    マキロンから見たアステラス製薬アステラス製薬

    1971年に山之内製薬(現・アステラス製薬)から発売され、それまで外傷消毒液として普及していたマーキュロクロム液(赤チン)に取って替わり、外傷消毒薬の代表製品として親しまれている。2006年に配合が見直され、主力商品の外傷消毒液は「マキロンs」として販売されている。マキロン フレッシュアイペディアより)

  • ビスホスホネート

    ビスホスホネートから見たアステラス製薬アステラス製薬

    インカドロネート - ビスフォナール®(注射用製剤・アステラス製薬・販売中止)ビスホスホネート フレッシュアイペディアより)

  • 徳光和夫

    徳光和夫から見たアステラス製薬アステラス製薬

    2001年6月に、急性心筋梗塞を患い緊急入院したが、同月末に現場復帰。息子の著書によれば、年齢不相応の不摂生が原因であるという。「健康に気を遣うということが、既に不健康である」というのが自身のモットーであったが、後にこの認識は改めざるを得なかった、とレギュラー番組で語っている。この経験により、2008年からはアステラス製薬が展開する、コレステロール適正管理キャンペーンに起用され、CMなどで日常での健康管理の重要性を呼びかけた。徳光和夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山之内製薬

    山之内製薬から見たアステラス製薬アステラス製薬

    山之内製薬株式会社(やまのうちせいやく、Yamanouchi Pharmaceutical Co., Ltd.)は、かつて存在した医薬品メーカー。通称「山之内」、「Yamanouchi」。2005年(平成17年)4月に藤沢薬品工業と合併し、アステラス製薬が発足した。本社所在地は東京都中央区日本橋本町二丁目3番11号。山之内製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 迫和博

    迫和博から見たアステラス製薬アステラス製薬

    迫 和博(さこ かずひろ)は、日本の薬学者。学位は薬学博士。アステラス製薬株式会社製剤研究所所長、静岡県立大学薬学部客員教授。迫和博 フレッシュアイペディアより)

  • タクロリムス

    タクロリムスから見たアステラス製薬アステラス製薬

    1984年、藤沢薬品工業(現アステラス製薬)の研究により筑波山の土壌細菌(ストレプトマイセス・ツクバエンシス)より分離された。23員環マクロライド・マクロラクタム構造を持つ。タクロリムス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
143件中 1 - 10件表示

「アステラス製薬」のニューストピックワード