187件中 21 - 30件表示
  • ケンコー産業

    ケンコー産業から見たアステラス製薬アステラス製薬

    藤沢薬品工業(現在・アステラス製薬):5%ケンコー産業 フレッシュアイペディアより)

  • ビザン薬局

    ビザン薬局から見たアステラス製薬アステラス製薬

    1950年(昭和25年) - この年から1955年(昭和30年)頃まで「割石守成堂」「藤川薬局」「板野厚生堂」が姿を消し徳島県の「武田薬品」特約店の筆頭取引卸・「山之内製薬」(現・アステラス製薬)特約店筆頭取引卸に躍進していく。ビザン薬局 フレッシュアイペディアより)

  • セレコキシブ

    セレコキシブから見たアステラス製薬アステラス製薬

    セレコキシブ(Celecoxib, 日本における製品名:セレコックス)は、非ステロイド性消炎・鎮痛薬(Non-steroidal anti-inflammatory Drugs:NSAIDs)であり、100mgと200mgの錠剤がある。セレコキシブは、COX-2を選択的に阻害することを目的にドラッグデザインされ、日本でCOX-2選択的阻害剤としてカテゴライズされている唯一の薬剤である。日本では、アステラス製薬が製造販売、ファイザーが販売提携を行っている。セレコキシブはファイザーが特許を保有しており、2012年現在、日本ではジェネリック医薬品としての使用はできない。セレコキシブ フレッシュアイペディアより)

  • セフジニル

    セフジニルから見たアステラス製薬アステラス製薬

    セフジニル(Cefdinir、商品名セフゾン)とは、第三世代セファロスポリンに属する抗生物質である。日本では第三世代セフェムと呼ばれることも多い(いずれもセファロスポリン参照)。この薬剤は半合成で作られ、広い抗菌スペクトルを持っている。米国では1997年2月にFDAの承認を受けた。日本では藤沢薬品工業(現・アステラス製薬)が1991年11月に発売した。セフジニル フレッシュアイペディアより)

  • 幸燿

    幸燿から見たアステラス製薬アステラス製薬

    アステラス製薬、アルフレッサ、エーザイ、大塚製薬、キッセイ薬品工業、協和発酵キリン、グラクソ・スミスクライン、興和創薬、参天製薬、塩野義製薬、第一三共、大鵬薬品、田辺三菱製薬、ツムラ、テルモ、鳥居薬品、ノバルティス、ファイザー、幸燿 フレッシュアイペディアより)

  • 製品戦略部

    製品戦略部から見たアステラス製薬アステラス製薬

    製品戦略部が存在する製薬企業には、武田薬品工業、アステラス製薬、田辺三菱製薬、マルホなどが挙げられる。製品戦略部 フレッシュアイペディアより)

  • 日本製薬団体連合会

    日本製薬団体連合会から見たアステラス製薬アステラス製薬

    会長 - 野木森雅郁(アステラス製薬代表取締役会長) 日本製薬団体連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 三井製薬工業

    三井製薬工業から見たアステラス製薬アステラス製薬

    1978年 日本初肝癌マーカーα-フェトプロテイン酵素免疫定量法(EIA)キット、販売会社カイノス社経由発売。ミラドール(スルピリド:精神・情動安定剤、視床下部作用性抗潰瘍剤):フランスサノフィ サンテラボ社導入品)発売(大日本住友製薬(アビリット)、アステラス製薬(ドグマチール)の3社販売)。関東電化工業からフッ化ウラシル購入開始三井製薬工業 フレッシュアイペディアより)

  • 翔薬

    翔薬から見たアステラス製薬アステラス製薬

    第一三共、エーザイ、ノバルティス、塩野義製薬、中外製薬、旭化成ファーマ、大正富山医薬品、鳥居薬品、大塚製薬、小野薬品工業、キッセイ薬品工業、久光製薬、グラクソ・スミスクライン、アステラス製薬、興和、田辺三菱製薬、ツムラ など(順不同)翔薬 フレッシュアイペディアより)

  • 常盤薬品

    常盤薬品から見たアステラス製薬アステラス製薬

    他県への商品流失を嫌っていた武田薬品も徐々に筆頭株主であるエバルス(広島市)やアステム(大分市)へ比重を変えてきておりシェアは低くなっている。現在は自社株を持っているアステラス製薬が筆頭取引メーカーとなった。常盤薬品 フレッシュアイペディアより)

187件中 21 - 30件表示

「アステラス製薬」のニューストピックワード