187件中 41 - 50件表示
  • メディセオ

    メディセオから見たアステラス製薬アステラス製薬

    なお、当社の親会社であるメディパルホールディングスは現在も武田薬品が筆頭株主となっているが、同業他社であるアステラス製薬・第一三共・大日本住友製薬・小林製薬も主要株主(大株主)として同社に出資している。メディセオ フレッシュアイペディアより)

  • ファモチジン

    ファモチジンから見たアステラス製薬アステラス製薬

    1979年に山之内製薬(現・アステラス製薬)が開発。壁細胞のH2受容体を遮断することにより胃酸分泌を抑制するため、胃酸抑制薬として使用される。ファモチジン フレッシュアイペディアより)

  • 新薬スパイ事件

    新薬スパイ事件から見たアステラス製薬アステラス製薬

    1983年、藤沢薬品工業(現・アステラス製薬)の従業員が国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)の技官と共謀し、ほかの医薬品メーカーの新薬申請資料を盗み出した。犯行当初は発覚しなかったが、同年9月7日、予防衛生研の技官が別件(抗生物質不正検定事件)で逮捕されたことをきっかけに、本スパイ事件も明らかとなり、6日後の9月13日、藤沢薬品工業の課長ら3人が逮捕された。さらに、東京地検特捜部による捜査が進むにつれ捜査対象は拡大。最終的に中央薬事審議会委員、医師会事務職員を含む14人が逮捕され、官民が絡む一大産業スパイ事件に発展した。新薬スパイ事件 フレッシュアイペディアより)

  • ネモナプリド

    ネモナプリドから見たアステラス製薬アステラス製薬

    アステラス製薬からエミレースなどの商品名で販売されている。ネモナプリド フレッシュアイペディアより)

  • ガレノキサシン

    ガレノキサシンから見たアステラス製薬アステラス製薬

    ガレノキサシン(Garenoxacin, 略号: GRNX)は、富山化学工業で創製されたキノロン系経口抗菌剤である。商品名はジェニナック® (Geninax)。発売はアステラス製薬、販売提携は大正富山医薬品。海外での販売権はMSD(旧シェリング・プラウ)が持つ。ガレノキサシン フレッシュアイペディアより)

  • アステラス製薬株式会社

    アステラス製薬株式会社から見たアステラス製薬アステラス製薬

    アステラス製薬株式会社 フレッシュアイペディアより)

  • 樋口紀男

    樋口紀男から見たアステラス製薬アステラス製薬

    山之内製薬(現・アステラス製薬)『ガスター10』CM(1997年)樋口紀男 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幹司

    小林幹司から見たアステラス製薬アステラス製薬

    朝日放送取締役(弘世現の死去後)、三和銀行監査役(後のUFJホールディングス監査役)、アステラス製薬監査役などの社外取締役・監査役を務めるほか、関西経済同友会代表幹事(1998年度)、2001年7月から2005年3月まで大阪商工会議所副会頭、ニッセイ財団理事長もそれぞれ務めた。小林幹司 フレッシュアイペディアより)

  • ノーマン (オクラホマ州)

    ノーマン (オクラホマ州)から見たアステラス製薬アステラス製薬

    気候・気象関連産業以外のハイテク産業も発展してきている。ノーマンには単層カーボンナノチューブのサウスウェスト・ナノテクノロジーズをはじめ、自家用風力発電機のバーギー・ウィンドパワー、ジョンソン・コントロールズ、日立、アステラス製薬、AT&Tなどが拠点を置いている。ノーマン (オクラホマ州) フレッシュアイペディアより)

  • ロミデプシン

    ロミデプシンから見たアステラス製薬アステラス製薬

    ロミデプシンは1994年に藤沢薬品工業(現・アステラス製薬)の研究者らによって山形県で得られた土壌試料からのChromobacterium violaceumの培養液から単離された。ロミデプシンは抗菌活性はほとんど示さなかったが、複数のヒトがん細胞株に対して強力な細胞毒性を示した(正常細胞に対しては効果を示さなかった)。後にマウスを用いたin vivo試験でも抗腫瘍活性を示すことが明らかにされた。ロミデプシン フレッシュアイペディアより)

187件中 41 - 50件表示

「アステラス製薬」のニューストピックワード

  • コロナに負けない速度で、ウェブから劇場へという新しい形を、数カ月の間に打ち出した。

  • 怪獣の力でコロナを倒そう!

  • TSUBURAYACONVENTION 2019