143件中 61 - 70件表示
  • 筑波研究学園都市

    筑波研究学園都市から見たアステラス製薬アステラス製薬

    アステラス製薬 御幸が丘研究センター、東光台研究センター筑波研究学園都市 フレッシュアイペディアより)

  • 時価総額

    時価総額から見たアステラス製薬アステラス製薬

    29位アステラス製薬(約1兆8,133億円)時価総額 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の経済

    2005年の経済から見たアステラス製薬アステラス製薬

    医薬品大手山之内製薬と藤沢薬品工業が合併し、アステラス製薬が発足。2005年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • ノーマン (オクラホマ州)

    ノーマン (オクラホマ州)から見たアステラス製薬アステラス製薬

    気候・気象関連産業以外のハイテク産業も発展してきている。ノーマンには単層カーボンナノチューブのサウスウェスト・ナノテクノロジーズをはじめ、自家用風力発電機のバージー・ウィンドパワー、ジョンソン・コントロールズ、日立、アステラス製薬、AT&Tなどが拠点を置いている。ノーマン (オクラホマ州) フレッシュアイペディアより)

  • テラメント事件

    テラメント事件から見たアステラス製薬アステラス製薬

    2008年1月25日、金融庁の運営するEDINETにおいてトヨタ自動車・アステラス製薬・フジテレビ・三菱重工業・ソニー・日本電信電話といった日本の大手上場企業の株式をそれぞれ51%取得したという株式の大量保有報告書がテラメントによって関東財務局に提出された。テラメント事件 フレッシュアイペディアより)

  • キヤノンITSメディカル

    キヤノンITSメディカルから見たアステラス製薬アステラス製薬

    2006年 - キヤノンマーケティングジャパングループ入り(アステラス製薬から、キヤノンITソリューションズ株式会社に株主変更)キヤノンITSメディカル フレッシュアイペディアより)

  • キヤノンITソリューションズ

    キヤノンITソリューションズから見たアステラス製薬アステラス製薬

    アステラス製薬から株式会社FMSの株式譲渡を受け、子会社化。キヤノンITソリューションズ フレッシュアイペディアより)

  • ほくやく

    ほくやくから見たアステラス製薬アステラス製薬

    武田薬品、アステラス製薬、中外製薬、三菱ウェルファーマ、ファイザー、ノバルティス、大日本住友製薬、エーザイ、小野薬品工業、第一三共、田辺製薬、大塚製薬、塩野義製薬、持田製薬、キッセイ薬品工業、グラクソ・スミスクライン などほくやく フレッシュアイペディアより)

  • 翔薬

    翔薬から見たアステラス製薬アステラス製薬

    第一三共、エーザイ、ノバルティス、塩野義製薬、中外製薬、旭化成ファーマ、大正富山医薬品、鳥居薬品、大塚製薬、小野薬品工業、キッセイ薬品工業、久光製薬、グラクソ・スミスクライン、アステラス製薬、興和、田辺製薬、ツムラ など(順不同)翔薬 フレッシュアイペディアより)

  • 樟脳

    樟脳から見たアステラス製薬アステラス製薬

    藤沢薬品工業 - かつて存在した日本の製薬会社。1890年に、前身の藤澤商店から「藤澤樟脳」を発売、同社の看板商品となる。2005年、山之内製薬と合併して「アステラス製薬」が発足したために消滅した。「藤澤樟脳」は、山之内製薬と藤沢薬品工業の大衆薬部門が統合して発足した「ゼファーマ」からの販売になるが、2007年にゼファーマが第一三共に買収され、ゼファーマの商品は第一三共の大衆薬事業会社「第一三共ヘルスケア」からの販売に移管した。現在の「藤澤樟脳」は日本精化が製造、第一三共ヘルスケアが販売を行っている。市販されている現在の藤澤樟脳は、松根油から製造されている。樟脳 フレッシュアイペディアより)

143件中 61 - 70件表示

「アステラス製薬」のニューストピックワード