187件中 61 - 70件表示
  • ナテグリニド

    ナテグリニドから見たアステラス製薬アステラス製薬

    ナテグリニド は、味の素製薬株式会社により創製された経口糖尿病薬のひとつ。日本ではファステックとして味の素製薬製造・第一三共販売、スターシスとしてアステラス製薬より販売されている。海外ではStarlixとしてスイスの製薬企業ノバルティスにより販売されている。ナテグリニド フレッシュアイペディアより)

  • 硝酸イソソルビド

    硝酸イソソルビドから見たアステラスアステラス製薬

    二硝酸イソソルビド(にしょうさんイソソルビド、)は、イソソルビドのヒドロキシ基が2つとも硝酸エステルとなっている誘導体である。代表的な製剤名(いわゆる先発医薬品)はニトロール錠・カプセル・注・スプレー(エーザイ販売)、フランドル錠・テープ(トーアエイヨー製造販売・アステラス販売)である。1976年には日本薬局方に収載されている。各種の後発医薬品も利用でき、日本国内では次に示す商品名で販売されている。硝酸イソソルビド フレッシュアイペディアより)

  • セルトリズマブ ペゴル

    セルトリズマブ ペゴルから見たアステラス製薬アステラス製薬

    日本においては、アステラス製薬が導入し、シムジア皮下注200mgとして2013年3月8日より販売を開始した。セルトリズマブ ペゴル フレッシュアイペディアより)

  • メトクロプラミド

    メトクロプラミドから見たアステラス製薬アステラス製薬

    メトクロプラミド()は、ドーパミン受容体拮抗薬の1つである。日本ではアステラス製薬がプリンペランの商品名で販売するほか、ジェネリック医薬品も流通している。主に消化管の機能を良くする効果がある。クロルプロマジンと同様に日本の保険適用となってはいない(米国のFDAでは認可されている)が、片頭痛にも効果がある。メトクロプラミド フレッシュアイペディアより)

  • フェブキソスタット

    フェブキソスタットから見たアステラス製薬アステラス製薬

    台湾:アステラス製薬が販売。フェブキソスタット フレッシュアイペディアより)

  • アモキシシリン

    アモキシシリンから見たアステラス製薬アステラス製薬

    アモキシシリン (Amoxicillin) は細菌感染症の治療に用いられる、近年開発されたβ-ラクタム系抗生物質の一つである。ペニシリン系抗生物質に属する。構造はほとんどアンピシリンと同じだが、腸からの吸収性が良いことから、経口摂取薬として用いられる。アモキシシリンはβ-ラクタマーゼ産生微生物による分解を受けやすく、分解を避けるためにクラブラン酸と一緒に供されることがある。1972年にビーチャム社(現在のグラクソ・スミスクライン)によって開発された。日本では協和発酵キリンがパセトシン、アステラス製薬がサワシリンの名前で販売するほか、様々な後発医薬品が存在する。アモキシシリン フレッシュアイペディアより)

  • ラモセトロン

    ラモセトロンから見たアステラス製薬アステラス製薬

    日本や一部の東南アジアでのみ認可されている。日本ではアステラス製薬から制吐薬ナゼア (Nasea)、下痢型過敏性腸症候群治療薬イリボー(Irribow)として製造販売されている。ラモセトロン フレッシュアイペディアより)

  • トリキュラー

    トリキュラーから見たアステラス製薬アステラス製薬

    1990年? - 山之内製薬(現アステラス製薬)も加わり共同開発。トリキュラー フレッシュアイペディアより)

  • アコチアミド

    アコチアミドから見たアステラス製薬アステラス製薬

    ゼリア新薬工業により創製された新規化合物で、ゼリア新薬とアステラス製薬が共同開発を行った。開発コードはゼリア新薬がZ338、アステラス製薬がYM443であった。2013年3月25日付で厚生労働省より承認を得て、アコチアミド塩酸塩水和物がアコファイドの商品名で、100mgの錠剤として販売開始された。アコチアミド フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する義援金寄付

    東日本大震災に対する義援金寄付から見たアステラス製薬アステラス製薬

    アステラス製薬:義援金1億円の寄付を決定。東日本大震災に対する義援金寄付 フレッシュアイペディアより)

187件中 61 - 70件表示

「アステラス製薬」のニューストピックワード