178件中 91 - 100件表示
  • 庭師

    庭師から見たアスパラガスアスパラガス

    宮廷庭師の蔬菜栽培に関する記録はほかにも多く、フランスで13世紀頃に食されていたアスパラガスは貴族の野菜と称されるほど高価なものとされるが、特にルイ14世は宮廷庭師に、一年中食べられるように温室栽培を命じたというし、1593年にイベリア半島を旅行したマクシミリアン2世の宮廷植物学者シャルル・ド・レクリューズがカスティリア(スペイン)で、庭師や主婦までもがカプシクム(唐辛子)を丁寧に栽培していると報告。またイタリアでトマト栽培が裕福層の観賞用としてものから食用に移行するのは、ナポリの宮廷庭師が苗を自分の家に持ち帰り食用にしたからといわれている。宮廷庭師ミヒャエル・ハンフらは16世紀に果樹や野菜を栽培する実用園として造られていたルストガルテンを1647年にブランデンブルク選帝侯のフリードリヒ・ヴィルヘルムの命によりオランダ庭園に改造したことが知られる。17世紀にはジャガイモやトマトなどが観賞用から食糧としての経済的有用性が認められるようになり、イギリスなどは食糧を大量生産するという目的で、それら蔬菜の苗木を植民地で栽培し始める。庭師 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド料理

    ポーランド料理から見たアスパラガスアスパラガス

    春はポーランド人にとってアスパラガス(シュパラク szparag)の季節で、軟白したアスパラガス(シュパラグ・ピャウィ szparag biały)を好むとされ、皮をむき、ゆでたものにバターやマヨネーズをベースにしたソースをかけたり、独特のクリームスープ(クレム・ゼ・シュパラグフ krem ze szparagów)の具にしたりして食べる。最近はイタリア料理や中華料理など外国料理の影響で緑のアスパラガス(シュパラグ・ジェロヌィ szparag zielony)も好まれるようになった。またポーランド国内では、すでに西ヨーロッパ諸国で見ることのできなくなった野生のアスパラガスがいまだ大量に自生していると言われている。ポーランド料理 フレッシュアイペディアより)

  • アスパルテーム

    アスパルテームから見たアスパラガスアスパラガス

    アスパラギン酸はアスパラガスに多く含まれるアミノ酸であり、また一部のスポーツドリンクなどに配合されている。フェニルアラニンは食品に含まれる必須アミノ酸である。FDAは「健常人ではアスパルテームにはアレルギー性はないが、フェニルケトン尿症患者では危険性があるかもしれない」という見解を示している。これはフェニルアラニンが同患者に悪影響を与えるためである。アスパルテーム フレッシュアイペディアより)

  • 北上市

    北上市から見たアスパラガスアスパラガス

    北上牛、二子芋、しらゆりポーク、和賀のアスパラの4つの食材を使った、北上コロッケが各お店独自のレシピにより売り出されている。開発は、北上調理師協会青年部が行った。北上市 フレッシュアイペディアより)

  • キッシュ

    キッシュから見たアスパラガスアスパラガス

    パイ生地・タルト生地で作った器の中に、卵、生クリーム、ひき肉やアスパラガスなど野菜を加えて熟成したグリュイエールチーズなどをたっぷりのせオーブンで焼き上げる。ロレーヌ風キッシュ(キッシュ・ロレーヌ)では、クリームとベーコンを加える。ナッツ類を加える場合もある。生地ごと三角形に切って皿に出す。地中海沿岸の地域でも一般的な料理である。語源はドイツ語のKuchen(クーヘン)である。キッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 宇久町

    宇久町から見たアスパラガスアスパラガス

    農業 - 畜産(肉用牛)、米、補完作物(メロン、アスパラガス宇久町 フレッシュアイペディアより)

  • ななついろ★ドロップス

    ななついろ★ドロップスから見たアスパラガスアスパラガス

    実はフィグラーレの住人で、スピニア養成校「セント・アスパラス」の代表「プリマ・アスパラス」としてレトロシェーナに来た。すももと同じく星のしずくを集めているが、実力はすももを遥かに凌ぐ。だが、スピニアとして対等に勝負したいという気持ちから、しずく集めにもたついているすももを見かねて助言をしたり、手を貸したりする場面もある。すももにはスピニア姿の名前を覚えてもらえず、「アスパラさん」と呼ばれている。「ユキちゃん=正晴」であることを知っている数少ない人物(ただし、ユキちゃんのことは「ひつじ」と呼び捨てで呼んではいる)。後には、より対等の立場で勝負したいという理由で、園芸部に入り一緒に活動を手伝っている。ななついろ★ドロップス フレッシュアイペディアより)

  • 2-sec-ブチル-3-メトキシピラジン

    2-sec-ブチル-3-メトキシピラジンから見たアスパラガスアスパラガス

    モヤシ、ニンジン、ミョウガ、アスパラガス、セロリ、キュウリ、豆類2-sec-ブチル-3-メトキシピラジン フレッシュアイペディアより)

  • クリーム・パフ

    クリーム・パフから見たアスパラガスアスパラガス

    クリーム・パフ(Creme Puff、1967年8月3日 - 2005年8月6日)は、38年と3日生きたアメリカ合衆国のネコである。2016年現在、世界で最も長く生きたネコとしてギネス世界記録に認定されている。クリーム・パフは飼い主のジェイク・ペリー、ネコのグランパ(1964?1998)とともに、アメリカ合衆国のテキサス州オースティンにて生活した。クリーム・パフ、グランパと、どちらも非常に長生きであったが、この長寿の秘訣はベーコンエッグ、アスパラガス、ブロッコリー、コーヒーなどの様々な食物の摂取にあるのではないかと言われている。(ただし一般的にはネコによるコーヒーの摂取は彼らの健康を損なうとの指摘がある。)クリーム・パフ フレッシュアイペディアより)

  • フェルスモルト

    フェルスモルトから見たアスパラガスアスパラガス

    フェルスモルトにおける社会生活のピークは2月に行われる春の教会祭「聖ペトリ市」(地元では「ジュンネ・パイダー」として知られている)、8月の第4週末に音楽、演芸、教会祭が行われる「フェルスモルト都市フェスティバル」、6月の第1週末に開催される「射撃祭」である。7月の第2週末には市立野外プールで伝統的な「フライバートパーティー」(野外プールパーティー)が開催される。ボックホルストでは、5月末の「シュパーゲルマルクト」(アスパラガス市)が観光の目玉として始まった。さらに、第3アドヴェントの週末には教会前広場でクリスマスマーケットが開かれる。フェルスモルト フレッシュアイペディアより)

178件中 91 - 100件表示

「アスパラガス」のニューストピックワード