126件中 11 - 20件表示
  • 忍流

    忍流から見たアスパラガスアスパラガス

    久留滝家当主の娘。オオガー族支族シバ族の獣人。ゲーム中で久留滝家が滅亡後、再興のために水玄衆に支援を要請してくる。まだ幼いためか、武士・忍者の身分の差にとらわれない比較的自由な発想を持つ。また、商才にあふれ数多の商売を成功させる。しいたけとブロッコリーとアスパラガスが苦手。忍流 フレッシュアイペディアより)

  • 坂井美唯子

    坂井美唯子から見たアスパラアスパラガス

    10月にミッドナイト☆パーティーが終了した後は後継番組「ウィークエンド・ミッドナイト☆パーティー」でも「坂井美唯子のLove Again」の15?20分くらいのミニコーナーを担当(録音が主だが、たまには生放送も)。ここでは恋愛に関する内容が中心だが、11月25日深夜(26日早朝)には番組ゲストだった蛭田有希子から苦手克服のためにピーマン、人参、アスパラが入ったサラダなどを食べてもらう企画を行い、見事食べることに成功した。そして自身の故郷である名古屋・CBCラジオで「OTHELLO ?清水と坂井のコッチミーコイミー?」(中京広域圏ローカル)に同じ地元出身タレントの清水ミチコ(岐阜県高山市出身)とともに、さらに大阪・毎日放送「街的極私TV」(関西ローカル)にもレギュラー出演。自身にとってTBSラジオ以外では初のレギュラーである(すべてTBS系列局の番組出演だが、所属が同局の関連会社だった日音プロモーション(現在はないが、後に設立したCMAクリエイティブ・メディア・エージェンシーの代表電話番号が当時同事務所の代表番号と同じなためCMAに継承したのと思われる)に所属していたため、そのつながりからだと思われる)。坂井美唯子 フレッシュアイペディアより)

  • 作型

    作型から見たアスパラガスアスパラガス

    この他、上記に当てはまらない例外として、イチゴ、温室メロン、アスパラガスのように、作型の定義付けが行われる以前から現地呼称が定着していたり、ミョウガのように利用法が異なる部位に利用法を作型の前に冠する(例:ミョウガタケ促成栽培)ケースなどがある。作型 フレッシュアイペディアより)

  • ええじゃん鍋

    ええじゃん鍋から見たアスパラガスアスパラガス

    2005年(平成17年)10月に開催された「ひろしまフードフェスティバル」で初めて出展された料理で、広島県産の海の幸、山の幸を一度に楽しんでもらおうと開発された。具材は広島かき、広島牛、広島豚、生シイタケ、アスパラガス、ゴボウ、ニンジン、タマネギ、サトイモ、白ネギ、青ネギ、ショウガなど広島産を活用し、特製の「広島ええじゃん鍋の素」で煮込む。2007年(平成19年)からは一般の飲食店でも販売を始めた。ええじゃん鍋 フレッシュアイペディアより)

  • ザムトゲマインデ・アイストルプ

    ザムトゲマインデ・アイストルプから見たアスパラガスアスパラガス

    この地域は農業が大変に盛んである。ザムトゲマインデ・アイストルプではアスパラガス栽培が大変に重要である。ザムトゲマインデ・アイストルプ フレッシュアイペディアより)

  • あづみ農業協同組合

    あづみ農業協同組合から見たアスパラガスアスパラガス

    主な産物は稲作(コシヒカリ)、アスパラガス、加工用トマト、ナシ、リンゴのほか、花卉栽培や畜産(おもに山間部)も盛んに行われている。あづみ農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県央農業協同組合

    長崎県央農業協同組合から見たアスパラガスアスパラガス

    米、イチゴ、馬鈴薯・茶・アスパラガスなどの園芸品や肉牛・肉豚等の畜産品を集荷・出荷。長崎県央農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 国富駅

    国富駅から見たアスパラガスアスパラガス

    専用線の跡は残っておらず、終点にあった工場跡はアスパラガスの運送会社が利用している。国富駅 フレッシュアイペディアより)

  • 帯化

    帯化から見たアスパラガスアスパラガス

    帯化はエンドウ、タバコ、ジャガイモ、イチゴ、アスパラガス、トウモロコシなど、農作物で多くの事例が報告されている。また、多肉植物でもよく見られる。帯化 フレッシュアイペディアより)

  • タイ国家イノベーション庁

    タイ国家イノベーション庁から見たアスパラガスアスパラガス

    イノベーション庁は、国連貿易開発会議(UNCTAD)/世界貿易機関(WTO)国際貿易センター の支援を受けて2005-2006年の間「タイ王国有機農業輸出キャパシティ強化プロジェクト」を実施した。このプロジェクトはEU諸国にタイの有機農業製品の輸出能力の向上を促すとともにタイ製品の普及するためにイノベーション学の観点から研究を行うことを目標とした。このプロジェクトを通じて、海外市場で高い価値を持つタイの有機農業の製品は強みのある新ビジネスを創出するチャンスとなることが示唆された。2005年10月には有機産業にかかわる企業が集まりタイ有機貿易協会(TOTA)を結成した。2007年10月16日、国家経済社会開発委員会、農業・協同組合省、商務省、科学技術省、大学、民間セクターの代表からなる国家有機農業委員会が内閣承認の下で設置され、有機農業国家アクションプランが実行されることになった。イノベーション庁は独自のエコインダストリー戦略に基づき、この提案を後押しし、民間企業、研究者、有機農業製品生産者のネットワークを構築。「Think Organic…Think Thailand」(有機を考え、タイを考えよう)という概念の普及を試みている。2011年現在、サポートしているプロジェクトは以下の通り。「有機認証済み柑橘(ソムオー)」、「有機認証アスパラガス」、「有機認証卵」、「有機認証牛肉」、「有機認証石鹸」、「有機認証リゾート&レストラン」、「有機認証ナプキン・オムツ」など。タイ国家イノベーション庁 フレッシュアイペディアより)

126件中 11 - 20件表示

「アスパラガス」のニューストピックワード