126件中 21 - 30件表示
  • 北海道あけぼの食品

    北海道あけぼの食品から見たアスパラガスアスパラガス

    1969年に日魯漁業(のちの株式会社ニチロ、現マルハニチロ食品)の子会社として札幌で設立され、主にアスパラガス・スイートコーン・帆立貝柱・紅鮭・タラバガニなどの製缶を行うほか通信販売事業も手掛けていた。北海道あけぼの食品 フレッシュアイペディアより)

  • 本当の話

    本当の話から見たアスパラガスアスパラガス

    つむじ風で船が飛ばされ、七日七晩の空中旅行の末、彼らは月に着陸する。その時、月世界(エンデュミオーンを王とする)は明けの明星の領土を巡って太陽(パエトーンが王)と戦争を始めるところであった。青年たちは月世界側に与して戦う。味方の乗用動物は頭が3つの大鷲や巨大な蚤。敵は巨大な蟻。武器には通常の剣に加えてアスパラガスの槍や投擲用辛子大根が使われた。戦いは月世界側が一時的に勝利を得るが、銀河から遅れてやって来たケンタウロス軍が戦況を一変させ、結局は太陽側に有利な講和条約が結ばれる。本当の話 フレッシュアイペディアより)

  • トリシティズ (ワシントン州)

    トリシティズ (ワシントン州)から見たアスパラガスアスパラガス

    トリシティズの経済は昔から農業とハンフォード核開発保護地域に基づいてきた。1891年にパスコが市制を布いて以来、トリシティズは肥沃な土壌のお陰で大規模な農業を行ってきた。近くに川があることで灌漑も容易である。小麦が最大の農製品であるが、リンゴ、トウモロコシおよびブドウも大量に生産されている。またジャガイモやアスパラガスなどの野菜も栽培されている。サクランボも生産されている。トリシティズ (ワシントン州) フレッシュアイペディアより)

  • イソマツ属

    イソマツ属から見たアスパラガスアスパラガス

    カスピア (L. bellidifolium) は耐寒性に優れる一方で暑さに弱い、シベリア・カフカース原産のリモニウムである。露地栽培では7-8月に50-60cmのアスパラガスにも似たか弱い花序をつける。花は青色。ハウス内では四季咲きである。日本ではこれを片親とした種間交雑による園芸品種が普及している。イソマツ属 フレッシュアイペディアより)

  • クサスギカズラ科

    クサスギカズラ科から見たアスパラガスアスパラガス

    かつてはユリ科に含められており、代表的な種としてアスパラガス、日本に自生するものではクサスギカズラ、キジカクシなどがある。クサスギカズラ属(キジカクシ属またはアスパラガス属とも) のみ(ただし3属に分けることもある)、300種ほどからなり、主に旧世界に広く分布する。アスパラガス科、キジカクシ科ともいう。クサスギカズラ科 フレッシュアイペディアより)

  • ジクロルボス

    ジクロルボスから見たアスパラガスアスパラガス

    各国で野菜、果樹、穀物、綿花、タバコ、茶、桑、キノコなど、多岐にわたる作物の、多種の害虫防除に用いられている。多くは40?80%の成分を含む乳剤として販売され、用途に応じて100倍から1500倍程度に希釈して散布する。また、燻煙剤、燻蒸剤もある。農薬としてのジクロルボス製剤の散布方法について、日本では、作物及び栽培方法別に剤型、使用方法、使用期間、使用回数などの安全使用基準が定められている。例えば、ブドウは乳剤の散布または燻煙剤の燻煙に限り、収穫の3日前までしか使わない、アスパラガスでは乳剤の散布を収穫前日までしか使わない、などである。ジクロルボス フレッシュアイペディアより)

  • ラフィノース

    ラフィノースから見たアスパラガスアスパラガス

    ラフィノース (raffinose) は天然に存在するオリゴ糖で、フルクトース、ガラクトース、グルコース分子が1つずつ連なった三糖の一つである。主にビートから抽出精製されるが、キャベツ、ブロッコリー、アスパラガスなど植物に広く含まれている。甘味はスクロースの約20%、カロリーは約半分で、大腸まで届いてビフィズス菌を増殖させる。ラフィノース フレッシュアイペディアより)

  • フルクタン

    フルクタンから見たアスパラガスアスパラガス

    フルクタン(Fructan)は、フルクトース分子の重合体である。アーティチョーク、アスパラガス、サヤマメ、リーキ、タマネギ、ワケギ、ヤーコン、小麦などの食物にも含まれている。フルクタン フレッシュアイペディアより)

  • 中條健一

    中條健一から見たアスパラガスアスパラガス

    髪を尖らせ眉なし顔(無論隠している)にし、靴下や靴、さらには財布や名刺や携帯まで全身緑のスーツのヤクザ役で、借金取りの場合グリーンファイナンスのもんやと名乗ったり、新幹線の席がグリーン車であったり、緑茶を持ち歩いていたり、かかってきた電話の相手がみどりといったり徐々に増えつつある。最近ではドスや血まで緑である(稀にスーツではなく緑のスカジャンで舞台に出ることも。他、復讐に来た建設会社の社長、家出した大会社の御曹司、極道風の釣り客など)。「アスパラガス」「ニワトリ」(「ウコッケイ」「名古屋コーチン」など)「トサカ」「ネギ」「カマキリ」「キュウリ」「観葉植物」「非常口」「京阪電車」といじられる。ちなみにヘアスタイルは吉田ヒロが考案した。最近では「居酒屋のメニュー、ベーコン巻いて食べたい!(=アスパラガス)」という応用編も使われる。この他、辻本茂雄から「ニワトリ怪獣・トサカーン」といじられたり、「日本語が通じやん奴やな…」「(「やるんかい!!」と挑発されて)やったろやないかい!!」っと言って「コケーッ!!!コッコッコッコッ!!…コケーッ!!コッコッコッ…」とジェスチャーを交えていじられたり、内場勝則から「確か、にわ・とり夫(名古屋コーチン)さんとおっしゃいましたね?」といじられた事もあった。特に髪は紙飛行機が引っかかっているのに本人が気付かなかったり、板前をやる事になったのに三角巾でなくフランス料理のコックを思わせる長帽子を被ったりと自発的ギャグにも使われる。中條健一 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・サイモン (料理人)

    マイケル・サイモン (料理人)から見たアスパラガスアスパラガス

    『アイアン・シェフ・アメリカ』のシーズン2において、森本正治にアスパラガスをテーマに挑戦するが、敗北している。2007年に『アイアン・シェフ・アメリカ』のスピンオフ企画である勝ち抜き料理番組『The Next Iron Chef』(第1シーズン)で優勝し、以後『アイアン・シェフ・アメリカ』に地中海料理の鉄人として出演している。『Dinner: Impossible』のシーズン5でホストを務めた。マイケル・サイモン (料理人) フレッシュアイペディアより)

126件中 21 - 30件表示

「アスパラガス」のニューストピックワード