178件中 61 - 70件表示
  • シュヴェツィンゲン

    シュヴェツィンゲンから見たアスパラガスアスパラガス

    シュヴェツィンゲンは1759年に市場開催権を獲得し、18世紀にバロック様式で再建がなされた。1803年に、ライン川右岸のプファルツ選帝侯領全域とともにバーデン大公領となり、この町は行政機関の所在地に昇格した。1833年、シュヴェツィンゲンはバーデン大公レオポルトによって都市権を授けられた。1850年から工業化が始まった。シュヴェツィンゲンはレンガ工場、缶詰工場の所在地となった。また、アスパラガス栽培も重要な産業となった。シュヴェツィンゲン フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルドルフ (バーデン)

    ヴァルドルフ (バーデン)から見たアスパラガスアスパラガス

    19世紀の終わりまで、ヴァルドルフは農業の町であった。ホップ、タバコ、アスパラガスが栽培された。その後、農作物取引の商業都市へとゆっくりと移行していった。アスパラガスは現在も栽培されており、多くのアスパラガス農家は直販路を持っている。ヴァルドルフ (バーデン) フレッシュアイペディアより)

  • 新山重治

    新山重治から見たアスパラガスアスパラガス

    あさイチ(2012年5月14日、NHK総合)「台湾風豆乳スープ&アスパラガスの貝柱あんかけ」新山重治 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン記念塔

    ワシントン記念塔から見たアスパラガスアスパラガス

    しかし工事が再び開始される前に、最も相応しいデザインについての議論が再び始まった。人々の多くは、柱廊のない簡素なオベリスクのみの記念塔のデザインがあまりに剥き出し過ぎないだろうかと考えた。設計したミルズは、柱廊を省いた記念塔はまるで「アスパラガスの茎」の様に見えてしまうと言ったとされ、また他の批評家はそのデザインに対し、「誇りに思われるには…あまりに小さい」と批判した。ワシントン記念塔 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・サイモン (料理人)

    マイケル・サイモン (料理人)から見たアスパラガスアスパラガス

    『アイアン・シェフ・アメリカ』のシーズン2において、森本正治にアスパラガスをテーマに挑戦するが、敗北している。2007年に『アイアン・シェフ・アメリカ』のスピンオフ企画である勝ち抜き料理番組『The Next Iron Chef』(第1シーズン)で優勝し、以後『アイアン・シェフ・アメリカ』に地中海料理の鉄人として出演している。『Dinner: Impossible』のシーズン5でホストを務めた。マイケル・サイモン (料理人) フレッシュアイペディアより)

  • イカ (ペルー)

    イカ (ペルー)から見たアスパラガスアスパラガス

    イカはペルーでは重要な農業地域である。商品作物として、綿花・ブドウ・アスパラガス・オリーブなどが栽培されている。特にブドウ畑は南アメリカで最古とされる。またアスパラガスの欧米への輸出によって、イカは好景気を迎え、失業率は0に近く、映画館などの娯楽施設も建設されるようになった。イカ (ペルー) フレッシュアイペディアより)

  • ポツダム=ミッテルマルク郡

    ポツダム=ミッテルマルク郡から見たアスパラガスアスパラガス

    経済はもっぱら中小企業によるものであり、工業はわずかである。北東部ではの地の利から、とりわけサービス業、先端技術関連の企業が進出している。例として、、がある。クラインマッハノウにはeBayのドイツ本部、テルトウにはO?の東部ドイツ支部がある。とブランデンブルク・アン・デア・ハーフェルの間には、果樹栽培地が比較的多く、周辺ではアスパラガスが栽培されている。ポツダム=ミッテルマルク郡 フレッシュアイペディアより)

  • 中條健一

    中條健一から見たアスパラガスアスパラガス

    髪を尖らせ眉なし顔(無論隠している)にし、靴下や靴、さらには財布や名刺や携帯まで全身緑のスーツのヤクザ役で、借金取りの場合グリーンファイナンスのもんやと名乗ったり、新幹線の席がグリーン車であったり、緑茶を持ち歩いていたり、かかってきた電話の相手がみどりといったり徐々に増えつつある。最近ではドスや血まで緑である(稀にスーツではなく緑のスカジャンで舞台に出ることも。他、復讐に来た建設会社の社長、家出した大会社の御曹司、極道風の釣り客など)。「アスパラガス」「ニワトリ」(「ウコッケイ」「名古屋コーチン」など)「トサカ」「ネギ」「カマキリ」「キュウリ」「観葉植物」「非常口」「京阪電車」 「青汁の訪問販売」、「生協」、「ミドリちゃん」といじられる。ヘアスタイルは吉田ヒロが考案した。最近では「居酒屋のメニュー、ベーコン巻いて食べたい!(=アスパラガス)」という応用編も使われる。この他、辻本茂雄から「ニワトリ怪獣・トサカーン」といじられたり、「日本語が通じやん奴やな…」「(「やるんかい!!」と挑発されて)やったろやないかい!!」っと言って「コケーッ!!!コッコッコッコッ!!…コケーッ!!コッコッコッ…」とジェスチャーを交えていじられたり、内場勝則から「確か、にわ・とり夫(名古屋コーチン/烏骨鶏)さんとおっしゃいましたね?」といじられたこともあった。特に髪は紙飛行機が引っかかっているのに本人が気付かなかったり、板前をやることになったのに三角巾でなくフランス料理のコックを思わせる長帽子を被ったりと自発的ギャグにも使われる。中條健一 フレッシュアイペディアより)

  • ベルクシュトラーセ郡

    ベルクシュトラーセ郡から見たアスパラガスアスパラガス

    ベルクシュトラーセは、観光地である。一方、その穏やかな気候のため、タバコ、アスパラガス、あるいは良質のブドウが栽培されている。また、ベルクシュトラーセ沿いには、Ciba Specialty Chemicals(化学、ランペルトハイム)、Langnese-Iglo(食品、ヘッペンハイム)、SAP SI(ソフトウェア、ベンスハイム)、Sirona Dental Systems GmbH(歯科材料、ベンスハイム)、スズキ(原動機付き車両、ベンスハイム)、Tyco Electronics(電子部品、ベンスハイム)といった企業が拠点を構えている。ベルクシュトラーセ郡 フレッシュアイペディアより)

  • 村井弦斎

    村井弦斎から見たアスパラガスアスパラガス

    結婚後、1904年から亡くなるまで神奈川県平塚市の平塚駅の南側に居住した。『食道楽』の印税で屋敷の広大な敷地に和洋の野菜畑、カキ、ビワ、イチジクなどの果樹園、温室、鶏、ヤギ、ウサギなどの飼育施設、果ては厩舎を築造し、新鮮な食材を自給した。当時は珍しかったイチゴやアスパラガスの栽培まで行った。また各界の著名人を招待したり、著名な料理人や食品会社の試作品などが届けられるという美食の殿堂のように取りざたされる優雅な暮らしを営んだ。ただし、彼は一連の『食道楽』ものを終了した後に断筆、報知新聞をも辞職してしまう。その後、脚気治療のために玄米食の研究に没頭し、また断食、自然食を実践した。また、自ら竪穴住居に住み、生きた虫など、加工しない自然のままのものだけを食べて暮らし、奇人、変人扱いされた。本人の死後、自宅一部、東側を河野一郎に、西側を小平浪平に売却している。村井弦斎 フレッシュアイペディアより)

178件中 61 - 70件表示

「アスパラガス」のニューストピックワード