126件中 71 - 80件表示
  • ななついろ★ドロップス

    ななついろ★ドロップスから見たアスパラガスアスパラガス

    実はフィグラーレの住人で、スピニア養成校「セント・アスパラス」の代表「プリマ・アスパラス」としてレトロシェーナに来た。すももと同じく星のしずくを集めているが、実力はすももを遥かに凌ぐ。だが、スピニアとして対等に勝負したいという気持ちから、しずく集めにもたついているすももを見かねて助言をしたり、手を貸したりする場面もある。すももにはスピニア姿の名前を憶えてもらえず、「アスパラさん」と呼ばれている。「ユキちゃん=正晴」であることを知っている数少ない人物(但し、ユキちゃんのことは「ひつじ」と呼び捨てで呼んではいる)。後には、より対等の立場で勝負したいという理由で、園芸部に入り一緒に活動を手伝っている。ななついろ★ドロップス フレッシュアイペディアより)

  • ベルリンテレビ塔

    ベルリンテレビ塔から見たアスパラガスアスパラガス

    テレビ塔は「アスパラガスの茎」に喩えられ、西ベルリンからテレビ塔を見上げていたジャーナリストたちはこの塔を「Telespargel」(テレ・アスパラガス)と呼んでいた。ベルリンテレビ塔 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン記念塔

    ワシントン記念塔から見たアスパラガスアスパラガス

    しかし工事が再び開始される前に、最も相応しいデザインについての議論が再び始まった。人々の多くは、柱廊のない簡素なオベリスクのみの記念塔のデザインがあまりに剥き出し過ぎないだろうかと考えた。設計したミルズは、柱廊を省いた記念塔はまるで「アスパラガスの茎」の様に見えてしまうと言ったとされ、また他の批評家はそのデザインに対し、「誇りに思われるには…あまりに小さい」と批判した。ワシントン記念塔 フレッシュアイペディアより)

  • 魔法の料理 かおすキッチン

    魔法の料理 かおすキッチンから見たアスパラガスアスパラガス

    くるみのクラスメート。くるみの料理をマズいと茶化して嫌味をかけたり、スカートめくりをするなど、たびたびくるみにちょっかいを出してくる。また他の女子にもセクハラを繰り返す根っからのスケベで、その変態っぷりは学園内に知れ渡っている。同じスケベであるダークオリエントの最高幹部「魔界八神獣」のケンタウラスとは、年齢差も種族の壁も超越して意気投合している。部活はサッカー部。その日の気分でエロワードが書き換えられる斜にかぶった帽子がトレードマーク。アソコは、くるみ曰くホワイトアスパラの形に似ている。魔法の料理 かおすキッチン フレッシュアイペディアより)

  • 琴海町

    琴海町から見たアスパラガスアスパラガス

    農業が中心で、ミカン、スイカ、ブドウ(巨峰)、イチゴ、アスパラガスなどの栽培が行われている。また、大村湾ではナマコ、カキなどが漁獲され、真珠養殖もおこなわれている。国道沿いにはこれらの生産者直売所が多い。琴海町 フレッシュアイペディアより)

  • チキンラーメン

    チキンラーメンから見たアスパラガスアスパラガス

    8月20日 - 具としてタマネギ、ニンジン、キャベツ、アスパラガスを加え、カレー風味を加えた「チキンラーメンどんぶり プラス野菜カレー」が発売された。「たまごポケット」未採用。チキンラーメン フレッシュアイペディアより)

  • ロートガウ

    ロートガウから見たアスパラガスアスパラガス

    20世紀半ば、ロートガウの旧町村では皮革加工に従事する中小企業が数多く設立された。ハンドバッグ、カバン、ベルト、財布、書類カバンといった製品が主に内職で作製された。1975年までに兼業農家もほとんどいなくなった。2004年時点で専業農家は 11軒(主にアスパラガス栽培)で、兼業農家は 4軒であった。ロートガウ フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド料理

    ポーランド料理から見たアスパラガスアスパラガス

    春はポーランド人にとってアスパラガス(シュパラク szparag)の季節である。ポーランド人は伝統的に軟白したアスパラガス(シュパラグ・ピャウィ szparag biały)を好む。白いアスパラガスは皮をむき、ゆでたものにバターやマヨネーズをベースにしたソースをかけたり、肉料理や魚料理のつけあわせにしたり、独特のクリームスープ(クレム・ゼ・シュパラグフ krem ze szparagów)の具にしたりして食べる。最近はイタリア料理や中華料理など外国料理の影響で緑のアスパラガス(シュパラグ・ジェロヌィ szparag zielony)も好まれるようになった。またポーランド国内では、すでに西ヨーロッパ諸国で見ることのできなくなった野生のアスパラガスがいまだ大量に自生し、田舎では若いものを摘んできて料理する。ポーランド料理 フレッシュアイペディアより)

  • 中国産食品の安全性

    中国産食品の安全性から見たアスパラアスパラガス

    ニッキートレーディング社(大阪市)が輸入し、ユーコープ事業連合(横浜市)が販売していた中国製「冷凍かつ」のアスパラから有機リン系殺虫剤ホレートが残留農薬として検出され、中国製「肉まん」からはメタミドホスが検出された。ホレートはメタミドホスより毒性が強く、農林水産省によると、中国では2007年1月にメタミドホスの使用が禁止されたのに対し、ホレートは2008年現在でも小麦などの農薬として使われていることを指摘。これによりユーコープ、ニッキートレーディングは自主回収するに至った。中国産食品の安全性 フレッシュアイペディアより)

  • ギンビス

    ギンビスから見たアスパラガスアスパラガス

    アスパラガスビスケット - 野菜のアスパラガスの茎を模した、スティックタイプのビスケット。戦後まもなく発売開始されたロングセラー商品で、当初は菓子店店頭で量り売りされていた。1975年には、第14回モンドセレクション金賞を受賞。ミニサイズのアスパラガスミニという商品もある。ギンビス フレッシュアイペディアより)

126件中 71 - 80件表示

「アスパラガス」のニューストピックワード