126件中 81 - 90件表示
  • アドリアーン・コールテ

    アドリアーン・コールテから見たアスパラガスアスパラガス

    コールテはベリー類やアスパラガス、貝といった題材を好んで描いた。また、17世紀の手法としては珍しく、板に紙を張ったものの上に描いた作品も多い。コールテの作品は60点あまりが現存している。アドリアーン・コールテ フレッシュアイペディアより)

  • 食餌療法

    食餌療法から見たアスパラガスアスパラガス

    野菜 ニガウリ、山芋、ニンニク、アスパラガス、カボチャ、キュウリ、ニンジン食餌療法 フレッシュアイペディアより)

  • 庭師

    庭師から見たアスパラガスアスパラガス

    宮廷庭師の蔬菜栽培に関する記録はほかにも多く、フランスで13世紀頃に食されていたアスパラガスは貴族の野菜と称されるほど高価なものとされるが、特にルイ14世は宮廷庭師に、一年中食べられるように温室栽培を命じたというし、1593年にイベリア半島を旅行したマキシミリアン皇帝の宮廷植物学者シャートル・ド・ルクルーズがカスティリア(スペイン)で、庭師や主婦までもがカプシクム(唐辛子)を丁寧に栽培していると報告。またイタリアでトマト栽培が裕福層の鑑賞用としてものから食用に移行するのは、ナポリの宮廷庭師が苗を自分の家に持ち帰り食用にしたからといわれている。宮廷庭師ミヒャエル・ハンフらは16世紀に果樹や野菜を栽培する実用園として造られていたルストガルテンを1647年にブランデンブルク選帝侯のフリードリヒ・ヴィルヘルムの命によりオランダ庭園に改造したことが知られる。17世紀にはジャガイモやトマトなどが観賞用から食糧としての経済的有用性が認められるようになり、イギリスなどは食糧を大量生産するという目的で、それら蔬菜の苗木を植民地で栽培し始める。庭師 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン州

    ワシントン州から見たアスパラガスアスパラガス

    2004年では次の産品で国内第1位になった。括弧内は国内生産高に占める構成比である。赤ラズベリー (90.0%)、皺種 豆類 (80.6%)、ホップ (75.0%)、スペアミント油 (73.6%t)、リンゴ (58.1%)、サクランボ (47.3%)、ナシ (42.6%)、ペパーミント油 (40.3%)、コンコードブドウ (39.3%)、加工用ニンジン (36.8%)、ナイアガラブドウ (31.6%)。レンズ豆、秋ジャガイモ、乾燥食用豆、アプリコット、ブドウ(全種)、アスパラガス、加工用トウモロコシ、加工用グリーンピースでは第2位、酸味サクランボ、プルーンとプラム、乾燥夏タマネギでは第3位、オオムギとマスでは第4位、コムギ、クランベリー、イチゴでは第5位である。ワシントン州 フレッシュアイペディアより)

  • 金田一耕助

    金田一耕助から見たアスパラガスアスパラガス

    一人暮らしから、食事は簡便に済ますことが多い。朝食はトースト・ゆで卵(しばしば茹で過ぎる)・牛乳が中心で、他にもサラダや果物、アスパラガスの缶詰などを付け合わせることもあるが貧相なもので、朝の身支度と同時進行で数分で片づけてしまう。横溝は「これが流儀」と述べている。金田一耕助 フレッシュアイペディアより)

  • レタス

    レタスから見たアスパラガスアスパラガス

    ステム (stem) とは「茎」を意味し、その名の通り茎を食用とするレタス。一般的にレタスの茎はロゼット状であるのに対し、ステムレタスの茎は30cm程にまで生長する。アスパラガスレタスともいう。日本では乾燥したものを水で戻して漬け物に加工した「山クラゲ」の名前の方が有名である。中国では、生の茎を炒め物に使う。レタス フレッシュアイペディアより)

  • サラダ

    サラダから見たアスパラガスアスパラガス

    幕末から明治時代になり、欧米諸国との外交が始まると、外国人向けにサラダが提供され、主にフランス語や英語に近いサラドやサラデという言い方が用いられた。ただし、トマト、ダイコン類か、カリフラワーやアスパラガスなどのいったん茹でた野菜が主である。1872年(明治5年)出版の『西洋料理指南』にはトマトのサラダなどの作り方が掲載されている。また、1875年(明治8年)8月27日に宮中で前アメリカ合衆国大蔵卿らを招いた際のフランス語のメニューにsaladeが記載されている。キャベツなどの外国人向けの栽培もこの頃に始まった。サラダ フレッシュアイペディアより)

  • 上川支庁

    上川支庁から見たアスパラガスアスパラガス

    旧上川支庁管内の上川盆地と旧空知支庁管内には北海道最大の稲作地帯で日本一の収穫量を誇る道央水田地帯が広がり、また日本を代表する野菜産地でもある。小麦の生産量も多く、生産量は現在の上川総合振興局管内が全道一。美瑛町が小麦のブランド化を進めている。たまねぎ・じゃがいも・にんじん・とうもろこし・アスパラガス・きのこなどの生産量が大変に多い。また、大豆・小麦・小豆(アズキ)・ビートなども生産されている。富良野市はにんじんで、アスパラガスは名寄市で、かぼちゃは和寒町で、そばは幌加内町でそれぞれ生産量日本一を誇っている。愛別町はきのこの生産が道内一。上川支庁 フレッシュアイペディアより)

  • 茎

    から見たアスパラガスアスパラガス

    葉状茎(葉状枝):葉のような茎。多くは本来の葉が退化し、それに代わって光合成を行う。カニサボテン、ナギイカダなどのように扁平なものと、アスパラガスのように線状のものがある。 フレッシュアイペディアより)

  • 民間語源

    民間語源から見たアスパラガスアスパラガス

    語源俗解については、多くは似た発音の語と結び付ける安直で歴史的な史料に信頼できる裏づけが求められないものであり、異分析が頻繁に見られる。英語では、アスパラガス (Asparagus) がスパローグラス(Sparrow-grass,「雀が食べる草」の意) に由来するという俗説や、ヒストリー (History, 歴史)がヒズ・ストーリー (His story, 彼の物語) に由来するという俗説が有名である。民間語源 フレッシュアイペディアより)

126件中 81 - 90件表示

「アスパラガス」のニューストピックワード