前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • アスパラガス

    アスパラガスから見た

    本州中部では4月下旬頃から6月にかけて若芽が成長し低温期は1日1回、高温期は1日2回収穫する。長さが25cmくらいに伸びた柔らかい茎を食用とする。土寄せして軟白栽培した白いものをホワイトアスパラガス(白アスパラ)といい、それに対して土寄せせずに普通に育てた緑色のものはグリーンアスパラガスという。ドイツやオーストリアでは白アスパラはSpargel(シュパーゲル)と呼ばれ、日本でいうのような春の味覚として珍重されている。近年、アントシアニン色素の多い紫色品種のアスパラガスが登場したが加熱すると紫色は失われグリーンアスパラガスと変わらない外見になる。ホワイトアスパラガスの栽培には、土を被せず鉄道などの廃トンネルを利用した栽培も行われている。何れも家庭菜園でも容易に栽培可能。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た中国

    日本・中国・朝鮮には自生種のキジカクシ(A. schoberioides)、クサスギカズラ(A. cochinchinensis)などが分布する。キジカクシの茎は食用になり、クサスギカズラの根茎(天門冬)は薬用になる。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見たサラダ

    調理法として茹でる、炒める、焼くの方法があり茹でたあと冷ましてサラダにしたりできる。なお、ホワイトアスパラガスは外側の皮が固いので、ゆでる前に皮をむく必要がある。ゆでる際はむいた皮を一緒にゆでると風味が良くなるといわれている。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た北海道

    主要産地は長野県中野市、飯山市、北海道名寄市 、北海道富良野市、 栃木県大田原市、鹿児島県日置市ほか日本各地で露地栽培またはハウス栽培がされる。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た

    葉のように見えるものは実際は極端にほそく細かく分枝したであり、本来の葉は鱗片状に退化している。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た缶詰

    アスパラガス属の中にはA. plumosus、A. asparagoides、A. myriocladusなど観葉植物にされるものがいくつかある。江戸時代にオランダ船から鑑賞用として日本にもたらされたが、食用として導入されたのは明治時代。そして本格的な栽培が始まったのは大正時代からで、欧米への輸出用缶詰に使うホワイトアスパラガスが始まりであった。その後国内でも消費されるようになり、昭和40年代以降はグリーンアスパラガスが主流となった。現在では生のホワイトアスパラガスや調理しやすいミニアスパラガスなどが店頭に並んでいる。アスパラガスを食べると尿が強い臭いを発する人もいるが、これはアスパラガスに含まれる代謝物質によるもので害はない。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た長野県

    主要産地は長野県中野市、飯山市、北海道名寄市 、北海道富良野市、 栃木県大田原市、鹿児島県日置市ほか日本各地で露地栽培またはハウス栽培がされる。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た名寄市

    主要産地は長野県中野市、飯山市、北海道名寄市 、北海道富良野市、 栃木県大田原市、鹿児島県日置市ほか日本各地で露地栽培またはハウス栽培がされる。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見たピクルス

    アスパラガスの加工品として水煮の瓶詰や缶詰、ピクルスなども市販されている。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見たユリ科

    アスパラガス(Asparagus spp.)とは被子植物単子葉植物に属する多年生草本植物である。クロンキスト体系ではユリ科に含めているが分子系統学によるAPG植物分類体系ではクサスギカズラ科に属し、雌雄異株である。多くの種があり石刁柏(せきちょうはく)とも呼ばれるが、誤って石勺柏と表記されることもある。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「アスパラガス」のニューストピックワード