53件中 11 - 20件表示
  • アスパラガス

    アスパラガスから見た根茎

    日本・中国・朝鮮には自生種のキジカクシ(A. schoberioides)、クサスギカズラ(A. cochinchinensis)などが分布する。キジカクシの茎は食用になり、クサスギカズラの根茎(天門冬)は薬用になる。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た

    のように見えるものは実際は極端にほそく細かく分枝した茎であり、本来の葉は鱗片状に退化している。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た観葉植物

    アスパラガス属の中にはオオミドリボウキ A. plumosus、クサナギカズラ A. asparagoides、A. myriocladusなど観葉植物にされるものがいくつかある。江戸時代にオランダ船から鑑賞用として日本にもたらされたが、食用として導入されたのは明治時代。そして本格的な栽培が始まったのは大正時代からで、欧米への輸出用缶詰に使うホワイトアスパラガスが始まりであった。その後国内でも消費されるようになり、昭和40年代以降はグリーンアスパラガスが主流となった。現在では生のホワイトアスパラガスや調理しやすいミニアスパラガスなどが店頭に並んでいる。アスパラガスを食べたあとの尿に強い臭いを感じる人もいるが、これはアスパラガスに含まれる代謝物質によるもので害はない。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た減価償却資産の耐用年数等に関する省令

    2008年度税制改正において法人税等の「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」が改正され、別表第四「生物の耐用年数表」によれば2008年4月1日以後開始する事業年度にかかるアスパラガスの法定耐用年数は11年となった。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た雌雄同体

    アスパラガス(竜髭菜、Asparagus spp.)とは、被子植物の中の単子葉植物に属する多年生草本植物である。クロンキスト体系ではユリ科に含めているが分子系統学によるAPG植物分類体系ではキジカクシ科に属し、雌雄異株である。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見たドイツ

    ドイツやオーストリアでは白アスパラはSpargel(シュパーゲル)と呼ばれ、日本での筍のように、春から初夏にかけての味覚として珍重されている。一般的な食べ方は、茹でた白アスパラガスに溶かしバターやオランデーズソースをかける。ハムやジャガイモを付け合わせにしたり、逆に肉料理の付け合せにする場合もある。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た調理法

    調理法として茹でる、炒める、焼くの方法があり茹でたあと冷ましてサラダにしたりできる。また基本的に皮が固いことが多いので、ゆでる前に皮をむく必要がある。ゆでる際はむいた皮を一緒にゆでると風味が良くなるといわれている。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見たオランデーズソース

    ドイツやオーストリアでは白アスパラはSpargel(シュパーゲル)と呼ばれ、日本での筍のように、春から初夏にかけての味覚として珍重されている。一般的な食べ方は、茹でた白アスパラガスに溶かしバターやオランデーズソースをかける。ハムやジャガイモを付け合わせにしたり、逆に肉料理の付け合せにする場合もある。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た連作

    アレロパシー作用があり、連作障害が起きる。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た瓶詰

    アスパラガスの加工品として水煮の瓶詰や缶詰、ピクルスなども市販されている。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

53件中 11 - 20件表示

「アスパラガス」のニューストピックワード