54件中 41 - 50件表示
  • アスパラガス

    アスパラガスから見たAPG植物分類体系

    アスパラガス(Asparagus spp.)とは被子植物単子葉植物に属する多年生草本植物である。クロンキスト体系ではユリ科に含めているが分子系統学によるAPG植物分類体系ではクサスギカズラ科に属し、雌雄異株である。多くの種があり石刁柏(せきちょうはく)とも呼ばれるが、誤って石勺柏と表記されることもある。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見たアレロパシー

    アレロパシー作用があり、連作障害が起きる。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た法定耐用年数

    2008年度税制改正において法人税等の「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」が改正され、別表第四「生物の耐用年数表」によれば2008年4月1日以後開始する事業年度にかかるアスパラガスの法定耐用年数は11年となった。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見たクロンキスト体系

    アスパラガス(Asparagus spp.)とは被子植物単子葉植物に属する多年生草本植物である。クロンキスト体系ではユリ科に含めているが分子系統学によるAPG植物分類体系ではクサスギカズラ科に属し、雌雄異株である。多くの種があり石刁柏(せきちょうはく)とも呼ばれるが、誤って石勺柏と表記されることもある。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た焼く

    調理法として茹でる、炒める、焼くの方法があり茹でたあと冷ましてサラダにしたりできる。なお、ホワイトアスパラガスは外側の皮が固いので、ゆでる前に皮をむく必要がある。ゆでる際はむいた皮を一緒にゆでると風味が良くなるといわれている。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見たビタミンA

    ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、アスパラギン酸などを含む。利尿作用がある。ちなみに、アスパラギン酸はアスパラガスから発見されたことにちなんで命名された。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見たビタミンB1

    ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、アスパラギン酸などを含む。利尿作用がある。ちなみに、アスパラギン酸はアスパラガスから発見されたことにちなんで命名された。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見たビタミンB2

    ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、アスパラギン酸などを含む。利尿作用がある。ちなみに、アスパラギン酸はアスパラガスから発見されたことにちなんで命名された。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見た栃木県

    主要産地は長野県中野市、飯山市、北海道名寄市 、北海道富良野市、 栃木県大田原市、鹿児島県日置市ほか日本各地で露地栽培またはハウス栽培がされる。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見たアントシアニン

    本州中部では4月下旬頃から6月にかけて若芽が成長し低温期は1日1回、高温期は1日2回収穫する。長さが25cmくらいに伸びた柔らかい茎を食用とする。土寄せして軟白栽培した白いものをホワイトアスパラガス(白アスパラ)といい、それに対して土寄せせずに普通に育てた緑色のものはグリーンアスパラガスという。ドイツやオーストリアでは白アスパラはSpargel(シュパーゲル)と呼ばれ、日本でいう筍のような春の味覚として珍重されている。近年、アントシアニン色素の多い紫色品種のアスパラガスが登場したが加熱すると紫色は失われグリーンアスパラガスと変わらない外見になる。ホワイトアスパラガスの栽培には、土を被せず鉄道などの廃トンネルを利用した栽培も行われている。何れも家庭菜園でも容易に栽培可能。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

54件中 41 - 50件表示

「アスパラガス」のニューストピックワード