1 2 3 4 5 6 次へ
53件中 51 - 53件表示
  • アスパラガス

    アスパラガスから見たアントシアニン

    本州中部では4月下旬頃から6月にかけて若芽が成長し低温期は1日1回、高温期は1日2回収穫する。長さが25cmくらいに伸びた柔らかい茎を食用とする。土寄せして軟白栽培した白いものをホワイトアスパラガス(白アスパラ)といい、それに対して土寄せせずに普通に育てた緑色のものはグリーンアスパラガスという。近年、アントシアニン色素の多い紫色品種のアスパラガスが登場したが加熱すると紫色は失われグリーンアスパラガスと変わらない外見になる。ホワイトアスパラガスの栽培では日光を遮断するために、土を被せてアスパラガスを覆ってしまう方法のほか、鉄道などの廃トンネルを利用した栽培も行われている。いずれも家庭菜園でも容易に栽培可能。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見たアスパラギン酸

    ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、アスパラギン酸などを含む。ちなみに、アスパラギン酸はアスパラガスから発見されたことにちなんで命名された。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

  • アスパラガス

    アスパラガスから見たビタミンC

    ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、葉酸、アスパラギン酸などを含む。ちなみに、アスパラギン酸はアスパラガスから発見されたことにちなんで命名された。アスパラガス フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
53件中 51 - 53件表示

「アスパラガス」のニューストピックワード