アダム・ジョーンズ ニュース&Wiki etc.

アダム・ラ・マーキー・ジョーンズ(Adam La Marque Jones, 1985年8月1日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。MLBのボルチモア・オリオールズに所属。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アダム・ジョーンズ」のつながり調べ

  • 小林誠司

    小林誠司から見たアダム・ジョーンズ

    'はWBCの正式なメンバーに選ばれた。日本代表の正捕手として全7試合にスタメンで出場し、守備面では準決勝でアメリカ合衆国代表のアダム・ジョーンズの盗塁を阻止(強肩というデータがあったためか盗塁企図はこの時のみ)、ワンバウンドの変化球もすべてブロックし捕逸は0、ピンチ時の投手への声掛けなど大いに評価された。課題とされた打撃面でもチームトップの打率.450、1本塁打、6打点と結果を残し、同大会のラッキーボーイと形容された。しかしシーズンに入ると打撃不振に陥り、打率も1割台後半を推移。初本塁打は8月30日と出遅れた。シーズン全体でも138試合の出場でかろうじて最終戦で規定打席には到達したが、2年連続規定打席最下位'の.206と打撃面に課題が残った。一方守備面では盗塁阻止率.380は2年連続でリーグ1位を記録した。またシーズンでの捕逸はわずか2であり、これはシーズン130試合出場した捕手では92年古田敦也以来の少ない数字だった。11月9日、自身初のゴールデングラブ賞を受賞した。(小林誠司 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・シェリル

    ジョージ・シェリルから見たアダム・ジョーンズ

    7月16日にメジャーデビュー。にチーム最多の73試合に登板し、防御率2.36を記録。他球団からの評価が上がり、ニューヨーク・ヤンキースなど数球団からトレードを打診されたが、マリナーズはそれに応じずにいた。しかし、2月8日にエリック・ベダードとのトレードでアダム・ジョーンズ、クリス・ティルマン、トニー・バトラー、キャム・ミコライオらと共にボルチモア・オリオールズへ移籍。(ジョージ・シェリル フレッシュアイペディアより)

「アダム・ジョーンズ」のニューストピックワード