前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • 日米野球2014

    日米野球2014から見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    2014年8月20日に記者会見が行われ、日米野球の開催要項を発表するとともに、出場選手としてアルバート・プホルス、ロビンソン・カノ、アダム・ジョーンズ、ヤシエル・プイグの4選手が発表された。残る24人は9月末に発表されるとし、MLB選手会幹部は「参加したいという選手が殺到している」「参加候補者の長いリストから、チームバランスを考慮し選ぶ。顔触れは過去最高の1つになるでしょう」と語った。日米野球2014 フレッシュアイペディアより)

  • ダーネル・マクドナルド

    ダーネル・マクドナルドから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    3月9日にレッドソックスと1年契約に合意。5月6日の対オリオールズ戦では、延長戦が長引いたことでお互いに投手がいなくなり、17回に登板したが、アダム・ジョーンズに決勝3ランを浴び、最後はこちらも野手ながら2イニングを投げたクリス・デイビスの前に併殺打に打ち取られ、敗戦投手になってしまった。6月30日にDFAとなり、ウェーバーにかけられた。ダーネル・マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • メルヴィンズ

    メルヴィンズから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    アダム・ジョーンズ - ギター、ベース (1998, 2002, 2004, 2005, 2008)メルヴィンズ フレッシュアイペディアより)

  • ビル・バベシ

    ビル・バベシから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    2008年2月8日、アダム・ジョーンズ、ジョージ・シェリル、クリス・ティルマンら5選手を放出し、ボルティモア・オリオールズからエリック・ベダードを獲得。ベダードは前年メジャーでトップの奪三振率(10.93)を記録していた。先発の駒不足が取り沙汰される中、エース格の投手を獲得したことで、トレード成立時は「バベシの今までの失敗を帳消しにする大仕事」と評価されるなど概ね好評だった。しかしベダードは3度も故障者リストに入るなど散々で、結果的にバベシGM解雇の引き金となった。一方、シェリル、ジョーンズ、ティルマンはオリオールズでいずれもオールスターに選出されるまでに成長した。ビル・バベシ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のメジャーリーグベースボール

    2008年のメジャーリーグベースボールから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    2月8日 - シアトル・マリナーズはアダム・ジョーンズ、ジョージ・シェリルら5選手と、ボルチモア・オリオールズのエリク・ビダードとの5対1の交換トレードを発表2008年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ベダード

    エリック・ベダードから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    2月8日にアダム・ジョーンズ、ジョージ・シェリル、クリス・ティルマン、トニー・バトラー、キャム・ミコライオの計5選手との交換トレードでシアトル・マリナーズへ移籍した。エリック・ベダード フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のアメリカンリーグワイルドカードゲーム

    2012年のアメリカンリーグワイルドカードゲームから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    この均衡が破れたのは6回表だった。オリオールズは先頭の2番ハーディと3番クリス・デービスが連続右前打で無死一・三塁の好機を作る。ここで4番アダム・ジョーンズは、初球の内角低めスライダーを右翼ウォーニングゾーンの手前まで運ぶ犠牲フライにし、三塁走者ハーディを生還させた。この直後、ダルビッシュが右僧帽筋の張りを訴えたため、試合が一時中断することに。再開後、続投したダルビッシュの前にオリオールズはさらなる追加点こそ奪えなかったが、この回1点の勝ち越しに成功した。その裏、ソーンダースが3番ハミルトンと4番エイドリアン・ベルトレを打ち取り、二死無走者となったところでオリオールズは継投に入り、2番手のダレン・オデイが5番ネルソン・クルーズから3つ目のアウトをとった。7回表、オリオールズは二死二塁としてダルビッシュを降板に追い込み、2番手デレク・ホランドから1番マクラウスが適時打を放って、リードを2点に広げた。オデイはイニングをまたいで7回裏も三者凡退に抑えた。2012年のアメリカンリーグワイルドカードゲーム フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・ロバートソン (野球)

    デビッド・ロバートソン (野球)から見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    1月17日にヤンキースと521万5000ドルの1年契約に合意した。スプリングトレーニングでは7試合に登板し、6回を投げ無失点と好投。開幕ロースター入りし、リベラの引退で空いた抑えの座を勝ち取った。開幕後は3試合に登板し、2セーブを挙げたが、4月7日に左足の付け根を痛め、15日間の故障者リスト入りした。4月22日に故障者リストから外れた。本拠地最終戦となった9月25日のボルティモア・オリオールズ戦では、5対2とリードした局面で黒田博樹の後を受けて9回表のマウンドに登った。しかし、1死1塁からアダム・ジョーンズから2点本塁打を浴びると、続くネルソン・クルーズは打ち取り2死とするものの、その次のスティーブ・ピアースに再び本塁打を浴び、追いつかれてしまう。シーズン5度目のセーブ失敗となったが、続く9回裏に、このシーズン限りで引退を表明しているデレク・ジーターの現役最後のサヨナラタイムリーヒットが飛び出し、ロバートソンは勝利投手となった。結果として最高の幕切れを導いたセーブ失敗について、地元紙ニューヨーク・ポストの記事では「史上最高のブラウンセーブ」という見出しで書かれ、ESPNでは「良いブラウンセーブというものがあるなら、これがそれだった」と評された。この年は最終的にリーグ3位の39セーブをあげ、セーブ成功率は10セーブ以上あげた投手の中ではリーグ4位の88.6%を記録。防御率こそ3.08と前年より大幅に悪化したものの、被打率.191、WHIP1.06、奪三振率13.43はすべてキャリア2番目の記録であり、クローザー転向初年度としては充分な働きを見せた。オフの10月30日にFAとなった。デビッド・ロバートソン (野球) フレッシュアイペディアより)

  • ブラッド・ウィルカーソン

    ブラッド・ウィルカーソンから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    に、同年オフにFAとなったホセ・ギーエンの後釜の右翼手を求めていたシアトル・マリナーズへFA移籍。同年オフに若手有望株のアダム・ジョーンズがエリック・ベダードとのトレードで放出されたこともあり、正右翼手候補として期待された。しかし19試合で打率.232本塁打0打点5と結果を残せず、4月30日にジェフ・クレメント、ウラディミール・バレンティンという若手有望株2選手の昇格に伴い戦力外となり、5月9日にトロント・ブルージェイズへ移籍した。ブラッド・ウィルカーソン フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ウィリアムズ (野球)

    ニック・ウィリアムズ (野球)から見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    高い身体能力と超積極打法(2016年の四球率はわずか3.6%)からアダム・ジョーンズ二世との評価もある。ニック・ウィリアムズ (野球) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「アダム・ジョーンズ」のニューストピックワード