前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • ブラッド・ウィルカーソン

    ブラッド・ウィルカーソンから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    に、同年オフにFAとなったホセ・ギーエンの後釜の右翼手を求めていたシアトル・マリナーズへFA移籍。同年オフに若手有望株のアダム・ジョーンズがエリック・ベダードとのトレードで放出されたこともあり、正右翼手候補として期待された。しかし19試合で打率.232本塁打0打点5と結果を残せず、4月30日にジェフ・クレメント、ウラディミール・バレンティンという若手有望株2選手の昇格に伴い戦力外となり、5月9日にトロント・ブルージェイズへ移籍した。ブラッド・ウィルカーソン フレッシュアイペディアより)

  • ダーネル・マクドナルド

    ダーネル・マクドナルドから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    5月6日の対オリオールズ戦では延長戦が長引いたことでお互いに投手がいなくなり、17回に登板したが、アダム・ジョーンズに決勝3ランを浴び、最後はこちらも野手ながら2イニングを投げたクリス・デイビスの前に併殺打に打ち取られ、敗戦投手になってしまったダーネル・マクドナルド フレッシュアイペディアより)

  • ビル・バベシ

    ビル・バベシから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    2008年2月8日、アダム・ジョーンズ、ジョージ・シェリル、クリス・ティルマンら5選手を放出し、ボルティモア・オリオールズからエリック・ベダードを獲得。トレード成立時は「今までのバベシGMの失敗を帳消しにする大仕事」と評価されたが、オリオールズでシェリルとジョーンズがオールスターに出場するまでに成長したのに対し、ベダードは3度も故障者リストに入るなど散々で、結果的にバベシGM解雇の引き金となった。ビル・バベシ フレッシュアイペディアより)

  • クインティン・ベリー

    クインティン・ベリーから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    現ボルチモア・オリオールズのアダム・ジョーンズとは7歳の頃からの親友で、高校までチームメイトだった。クインティン・ベリー フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のMLBオールスターゲーム

    2009年のMLBオールスターゲームから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    先発投手は、ナショナルリーグがティム・リンスカム、アメリカンリーグがロイ・ハラデイ。初回アメリカンリーグが2点を挙げ先制。2回にナショナルリーグがヤディアー・モリーナの安打とプリンス・フィルダーの二塁打で3点を挙げ、逆転。その後、アメリカンリーグが5回にジョー・マウアーの二塁打で同点に追いつき、8回にカーティス・グランダーソンが三塁打を放ち、アダム・ジョーンズの犠牲フライで逆転。9回にマリアノ・リベラが打者3人を抑え、オールスター通算4セーブ目を記録。デニス・エカーズリーのオールスター通算セーブ記録を更新、アメリカンリーグが勝利を収めた。2009年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • トロイ・トゥロウィツキー

    トロイ・トゥロウィツキーから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    にコロラド・ロッキーズからドラフト1巡目(全体7位)指名を受け、プロ入り。トゥロウィツキー自身は当初、1巡目・全体3位指名権を持つシアトル・マリナーズからの指名を予想していた。しかし当時のマリナーズは、本拠地球場セーフコ・フィールドの特性に合う強打の左打者を欲していたことや、遊撃にはマイク・モースやアダム・ジョーンズなど有望株が控えていたことなどから、トゥロウィツキーではなくジェフ・クレメントを指名している。トロイ・トゥロウィツキー フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ティルマン

    クリス・ティルマンから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    2月9日、エリック・ベダードとの交換トレードで、アダム・ジョーンズ、ジョージ・シェリルら4選手と共にボルチモア・オリオールズへ移籍。クリス・ティルマン フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・シェリル

    ジョージ・シェリルから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    7月16日にメジャーデビュー。にチーム最多の73試合に登板し、防御率2.36を記録。他球団からの評価が上がり、ニューヨーク・ヤンキースなど数球団からトレードを打診されたが、マリナーズはそれに応じずにいた。しかし、2月8日にエリック・ベダードとのトレードでアダム・ジョーンズ、クリス・ティルマン、トニー・バトラー、キャム・ミコライオらとともにボルチモア・オリオールズへ移籍。ジョージ・シェリル フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ベダード

    エリック・ベダードから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    7月2日のレンジャーズ戦で先発投手として通算102試合の登板で初完投を記録した。同年9月9日に故障者リスト入りしてシーズンを終えたが、マイク・ムッシーナがに記録した217奪三振を上回る221奪三振を記録して、球団シーズン記録(1954年以降)を更新した。また、奪三振率10.93も球団新記録となった。同年オフに一杯でFAになるベダードとの契約延長交渉をしたが、ベダードが拒否。球団はトレードを模索し、2月8日にアダム・ジョーンズ、ジョージ・シェリル、クリス・ティルマン、トニー・バトラー、キャム・ミコライオの計5選手との交換トレードでシアトル・マリナーズへ移籍した。エリック・ベダード フレッシュアイペディアより)

  • キャム・ミコライオ

    キャム・ミコライオから見たアダム・ジョーンズアダム・ジョーンズ

    、エリック・ベダードとのトレードで、アダム・ジョーンズ、ジョージ・シェリル、クリス・ティルマンらとボルチモア・オリオールズに移籍。この時、後に広島東洋カープでチームメイトとなる現埼玉西武ライオンズ所属のデニス・サファテとチームメイトだった。キャム・ミコライオ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示

「アダム・ジョーンズ」のニューストピックワード