233件中 121 - 130件表示
  • アッコにおまかせ!

    アッコにおまかせ!から見た数字選択式全国自治宝くじ

    2008年4月6日から2011年3月5日までは『That's宝くじ』を放送していた。1週間内に行われた数字選択式全国自治宝くじ「ミニロト」「ロト6」「ナンバーズ」の抽選結果を発表。 司会は峰竜太と週替わりのアシスタント2名 が務める。アッコにおまかせ! フレッシュアイペディアより)

  • アッコにおまかせ!

    アッコにおまかせ!から見たサンデーモーニング

    琉球放送では12月の第1日曜日(NAHAマラソン)、熊本放送では2月中旬の日曜日(熊本城マラソン)、南日本放送は3月の第1日曜日(鹿児島マラソン)、長崎放送は10月7日が日曜日と重なった場合(長崎くんち)に限り、終了後に『サンデーモーニング』が放送される。アッコにおまかせ! フレッシュアイペディアより)

  • アッコにおまかせ!

    アッコにおまかせ!から見たディープインパクト (競走馬)

    2007年に競走馬・ディープインパクトに薬物乱用というニュースを扱った際、和田が「いいじゃない。人間じゃないんだから」と失言をした。番組の最後に安東が「お伝えしたコーナーの中に一部不適切な表現がありました」と謝罪。アッコにおまかせ! フレッシュアイペディアより)

  • アッコにおまかせ!

    アッコにおまかせ!から見たサンデージャポン

    テレビ高知・RKB毎日放送では、終了後に『サンデージャポン』が放送される(制作局のTBSや他の系列局と逆)。アッコにおまかせ! フレッシュアイペディアより)

  • アッコにおまかせ!

    アッコにおまかせ!から見たNHK紅白歌合戦

    番組開始翌年の1986年に和田が『NHK紅白歌合戦』にカムバックして以降2015年まで30年間、毎年11月中旬の放送では、和田が紅白に出場が決定したことについて、共演者が「出場おめでとうございます」と和田を祝福する演出も恒例だった(最初に触れたのは生島ヒロシ。2016年は1年目の1985年以来、31年ぶりに落選しているため、当おまかせとしては2度目の落選に当たる)。同時に2015年まで紅白の特集コーナーも行っていた。アッコにおまかせ! フレッシュアイペディアより)

  • アッコにおまかせ!

    アッコにおまかせ!から見た広島東洋カープ

    しかし、TBSが買収した同球団PRのためにむりやり挿入された感は否めず、「プロ野球自体よく分からない」 と話す和田はもとから興味がなく、中日ドラゴンズファンの峰、広島東洋カープファンの安東、東京ヤクルトスワローズファンの出川、阪神タイガースファン(阪神ファン)の松村、読売ジャイアンツファンの竹山など出演者陣には横浜と競合するセントラル・リーグの他球団ファンも多く、シーズン途中から番組後半に回され、VTRで表彰されることが多くなった。2006年度でコーナーは終了。アッコにおまかせ! フレッシュアイペディアより)

  • アッコにおまかせ!

    アッコにおまかせ!から見た埼玉西武ライオンズ

    そのうち、本編で前記の石川が名実況(「清原が優勝目前、涙を流しています!」)をしたことで有名な1987年(西武対巨人)の第6戦の際には吉村明宏が西武ライオンズ球場に出向き、スタンド内の観客が和田らに出題する「観客席クイズ」(「歩道橋クイズ」の変形版)が実施されたことがある。アッコにおまかせ! フレッシュアイペディアより)

  • アッコにおまかせ!

    アッコにおまかせ!から見た東北地方太平洋沖地震

    結果的に東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の影響により2011年3月5日の放送で「That's宝くじ」は終了し、2011年4月3日放送分からジャパネットたかたテレビショッピングに変更された。「That's宝くじ」同様収録で、峰と週替わりアシスタントが進行。峰が「高田社長、お願いします」と呼び掛けると高田明が、ジャパネットの佐世保本社スタジオに登場し「峰さん、今回は○○の商品をおまかせください」と言ってから商品説明に入る。高田の部分は勿論VTRで納品されたもので、生放送の中に疑似生放送のコーナーが入り、さらに高田のVTRも疑似生という形で放送される。アッコにおまかせ! フレッシュアイペディアより)

  • アッコにおまかせ!

    アッコにおまかせ!から見たウルトラマン

    2013年10月にNHK総合テレビジョン『ニュースウオッチ9』で「ウルトラマンの未公開映像が見つかる」とのニュースを紹介する際に実際にウルトラマンをゲストに迎え、メインキャスターの大越健介(NHK政治部記者)がウルトラマンと絶妙なやりとりを展開した。最後は「ウルトラマンさんは地球には3分程しか居られないので先程お帰りになりました」などと真顔で大越が発言。大きな話題となり、これを本番組内で紹介し両番組の交流が始まった。その際の本番組の放送をNHKの報道局長が視聴しており、翌朝、大越のもとに「快挙だよ!」と駆け込んで来たという(スタッフ一同は感動したという)。そして、大越・井上あさひ(同メインキャスター。NHKアナウンサー)が揃って2014年には和田に年賀状を送った。大越は合わせて直筆による手紙やメールも送り、その中で「いつか番組同士でコラボしたい」と綴った。和田は即座に反応し2014年1月5日放送分の本番組で「(1月6日の)『ニュースウオッチ9』のエンディングで2人に『ニュースウオッチ9におまかせ!』と唱えて、Vサインをして欲しい」と要望した。その結果、1月12日放送分でその後の報告があり(大越・井上はピースサインは行わなかった)、大越は出張で出演できなかったが、番組内でイラストとして実現した。和田はそのことに対し「イラストがとても可愛い」と感激していた。アッコにおまかせ! フレッシュアイペディアより)

  • アッコにおまかせ!

    アッコにおまかせ!から見た日本選手権シリーズ

    プロ野球日本シリーズがデーゲームで行われていた時代(1993年まで)は、大抵日曜開催の試合の放映権をTBS系列が持っていた関係で、試合直前の開催球場からの生中継を織り交ぜたことがあった。その際のリポーターは当時TBSのスポーツ実況アナウンサーだった石川顕が担当しており、球場の石川や解説者(張本勲、田淵幸一など)とスタジオの和田らのやりとりもちょっとした名物となっていた。アッコにおまかせ! フレッシュアイペディアより)

233件中 121 - 130件表示

「アッコにおまかせ!」のニューストピックワード