アトランタ・ブレーブス ニュース&Wiki etc.

アトランタ・ブレーブス(Atlanta Braves、略称:ATL)は、アメリカMLB、ナショナルリーグ東地区所属のプロ野球チーム。本拠地はジョージア州アトランタにあるターナー・フィールド。1871年にボストン・レッドストッキングスという名で創設された、MLB最古の球団。 (出典:Wikipedia)

「アトランタ・ブレーブス」Q&A

  • Q&A

    アトランタブレーブスはメジャー最古の球団ですが、ライバルとしている球団ってどこですか…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月19日 21:11

  • Q&A

    別段ファンではないのですが今季のアトランタブレーブスを見ていると、なんか悲しくなって…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年6月8日 12:07

  • Q&A

    遠投力と速球力って違う筋力・筋肉を使い、遠投力に比例してより速い球を投げれるって訳じ…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年3月25日 20:18

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アトランタ・ブレーブス」のつながり調べ

  • サンディー・コーファックス

    サンディー・コーファックスから見たミルウォーキー・ブレーヴス

    少年時代から抜群の運動神経に恵まれ、当時はバスケットボールが得意であった。シンシナティ大学からバスケットボールで奨学金を得て進学する。大学ではバスケット、野球の両方をプレイしていたが、「君の投げる球は物凄く速い。野球に将来を賭けてみないか」と地元のブルックリン・ドジャースに口説かれ、12月13日に契約する。当時の規定により、契約から2年間はメジャーに登録されなければならなかったため、マイナーリーグで腕を磨く機会を失う。6月8日に故障者リストからロースター入りし、代わりに外されたのは、後の名将トミー・ラソーダだった。6月24日のミルウォーキー・ブレーヴス戦でメジャーデビュー。8月27日のシンシナティ・レッドレッグス戦では2安打14奪三振でメジャー初完投・初完封勝利を挙げた。チームがロサンゼルスに移転したは11勝11敗を記録したが、防御率4.48、リーグワースト2位の105四球、リーグワーストの17暴投だった。は8月31日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で当時のメジャータイ記録となる1試合18奪三振を記録するなどリーグ3位の173奪三振。チームはブレーブスと同率で並び、プレーオフを制して移転後初のリーグ優勝。シカゴ・ホワイトソックスとのワールドシリーズでは第5戦に先発し、1失点完投と好投するが援護がなく敗戦投手。チームは4勝2敗で4年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。は開幕から1勝8敗と出足でつまづき、チームメイトのドン・ドライスデールに次ぐリーグ2位の197奪三振を記録したものの8勝13敗、リーグワースト3位タイの100四球と制球難は相変わらずだった。(サンディー・コーファックス フレッシュアイペディアより)

  • 1996年のナショナルリーグディビジョンシリーズ

    1996年のナショナルリーグディビジョンシリーズから見たアトランタ・ブレーブス

    1996年の対戦は、中地区優勝のセントルイス・カージナルス対西地区優勝のサンディエゴ・パドレス、東地区優勝のアトランタ・ブレーブス対ワイルドカードのロサンゼルス・ドジャースとの対戦となった。結果は、3勝0敗でセントルイス・カージナルス、アトランタ・ブレーブスがそれぞれ勝利し、リーグチャンピオンシップシリーズへ進出した。(1996年のナショナルリーグディビジョンシリーズ フレッシュアイペディアより)

「アトランタ・ブレーブス」のニューストピックワード