1234件中 11 - 20件表示
  • アレックス・アンソポロス

    アレックス・アンソポロスから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    アレックス・アンソポロス(Alex Anthopoulos(発音1), 1977年9月15日 - )は、カナダ・ケベック州モントリオール出身のMLB・アトランタ・ブレーブスのゼネラルマネージャー(GM)。アレックス・アンソポロス フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    移籍した福留の穴埋めとして埼玉西武ライオンズからFA宣言した和田一浩を獲得し落合は「レギュラーの野手は決まっている」と宣言した。前述の和田、荒木、井端、李炳圭、ウッズ、中村紀洋、森野、谷繁と落合就任当初は1軍と2軍の枠を撤廃してまでチーム内の競争を煽った事を考えれば大きく方針を転換したが、5月14日の東京ヤクルト戦で森野が左脹脛肉離れを起こしたのがきっかけでレギュラーが次々と離脱した。6月は李炳圭と井端が、8月の北京オリンピックでは怪我がちの森野と荒木が揃って離脱。平田良介以外にそれを補うべき若手も現れず、結局535得点はセリーグワースト、4番ウッズが77打点にとどまったのと得点圏打率が2割2分7厘に表れている様にチームの得点圏打率がチーム打率と共に2割5分3厘とセリーグどころか12球団のワーストと111のダブルプレーを喫したのもセリーグワーストと攻撃面ではワースト記録のオンパレード。また投手面もチーム史上初の規定投球回到達者なし。最も多く投げたのは山本昌の133回と3分の2で前年3人で38勝挙げた中田(14勝)、朝倉、エースの川上(いずれも12勝)が中田は怪我と不振、朝倉は7月に右腕の血行障害を発症、川上に至っては台湾代表のチェン・ウェインと日本代表で4位の大戦犯だった岩瀬と共に北京オリンピックで離脱。オリンピック後も調整に時間がかかった事も重なって3人揃って19勝どまり。日本シリーズで8回パーフェクトの快投を見せた山井も怪我で2試合の登板に終わった。吉見一起やチェンが先発・中継ぎフル回転し後半戦は2年目の清水昭信が完投する等若手でカバーしたが、先発ローテーションが1年間固まらなかった。また先発ローテーションだけでなく中継ぎの勝ちパターンも1年間固まらず、FAで和田を獲得した代償として岡本が埼玉西武に移籍し、当初の構想から修正を余儀なくされ新セットアッパーを予定していた鈴木義広が開幕から8試合投げただけで右肘を疲労骨折してシーズン絶望となったのを皮切りに石井裕也が横浜へ移籍し、ベテランの平井が37試合で5.14の防御率と不振に陥った。44試合に登板した2年目の浅尾拓也と54試合登板の高橋聡文でカバーしたが投手陣で固まったのがクローザーの岩瀬だけだった。事実5人以上投手を起用した試合は昨年は30勝16敗1分けだったのが16勝22敗5分けと投手陣を多く起用すればする程苦しい展開だった事が祟って3位となり、クライマックスシリーズの出場権を得るのが関の山だった。クライマックスシリーズ第1ステージは阪神との接戦を2勝1敗で制したものの、第2ステージでは拙攻と投手陣の不調(特に救援陣)もあり、巨人に1勝3敗1引分けで敗退、3年連続日本シリーズ進出はならなかった。オフには、FAで川上憲伸が大リーグ・アトランタ・ブレーブスに、中村紀洋が東北楽天に移籍。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ヤンキース

    ニューヨーク・ヤンキースから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    トーリはそれまでニューヨーク・メッツ、アトランタ・ブレーブスなど3つの球団で計15年間監督を務めながら、一度もプレーオフにすら出場したことがないということもあり、当初は時代遅れの人選であるとの嘲笑を受けた(あるタブロイド紙には「無知なジョー」との見出しが踊ったこともある)。しかし、トーリ監督の落ち着き払った手腕によりについにワールドシリーズに進出し、アトランタ・ブレーブスを第6戦で下して18年ぶりにヤンキースはワールドチャンピオンに返り咲いた。ボブ・ワトソンGMは、にワールドシリーズの連続出場を逃すと退任し、ブライアン・キャッシュマンがGMに就任した。しかしながら、トーリ監督とキャッシュマンGM体制は、基本的には、前任者のマイケル、ワトソン及びショウォルターらの築いてきた基礎によって勝利を獲得したものであり、中でも、デレク・ジーター、アンディ・ペティット、ホルヘ・ポサダ、マリアーノ・リベラやバーニー・ウイリアムスら、ヤンキース傘下のファームで育った生え抜き選手の成長に負うところが大きかった。また、加えてヤンキースは財政面での有利さを生かして、1990年代にも何度も大規模な選手補強を敢行した。ただ、大物選手もいることはいるが、身の丈に合った選手の獲得が主なもので、ポール・オニール、デビッド・コーン、ティノ・マルティネス、デビッド・ウェルズ、大物選手ではウェイド・ボッグスやロジャー・クレメンスらを獲得している。ニューヨーク・ヤンキース フレッシュアイペディアより)

  • シカゴ・カブス

    シカゴ・カブスから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    アトランタ・ブレーブスと共に1871年創設の古い球団であり、創設以来本拠地を移転していないチームとしては最も長い歴史を持つ。メジャーリーグ黎明期はナショナルリーグ優勝16回、ワールドシリーズ優勝2回を誇る強豪だったが、その後は長期に渡って優勝を果たせず、リーグ優勝は1945年から2016年まで71年間、ワールドシリーズ優勝に至っては1908年から2016年まで108年間遠ざかっていた。シカゴ・カブス フレッシュアイペディアより)

  • 1944年の野球

    1944年の野球から見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    4月27日 - 【MLB】ボストン・ブレーブスのジム・トビンが対ブルックリン・ドジャース戦でノーヒットノーランを達成。1944年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ボー・ポーター

    ボー・ポーターから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    ボー・ポーター(Marquis Donnell "Bo" Porter、1972年7月5日 - )は、アメリカ合衆国・ニュージャージー州ニューアーク出身の元プロ野球選手(外野手)。右投右打。現在は、MLBのアトランタ・ブレーブスでコーチをしている。ボー・ポーター フレッシュアイペディアより)

  • マット・トゥイアソソーポ

    マット・トゥイアソソーポから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    マシュー・P・トゥイアソソーポ(Matthew P. Tuiasosopo, 1986年5月10日 - )は、アメリカ合衆国・ワシントン州ベルビュー出身のプロ野球選手(ユーティリティープレイヤー)。右投右打。MLB・アトランタ・ブレーブス傘下に所属。マット・トゥイアソソーポ フレッシュアイペディアより)

  • カイル・ファーンズワース

    カイル・ファーンズワースから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    そのタイガースでの活躍ぶりが評価され、同年7月31日に優勝争いをしていたアトランタ・ブレーブスへトレード移籍。移籍後は、それまでクローザーを勤めていたダン・コルブとクリス・リーツマに替わり、クローザーを務めることとなった。10月31日にFAとなった。カイル・ファーンズワース フレッシュアイペディアより)

  • 全米プロ野球選手協会

    全米プロ野球選手協会から見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    5年間で25球団が加盟した。このうちの半数は活動期間が1年未満である。現存する球団はボストン・レッドストッキングスとシカゴ・ホワイトストッキングスの2チーム。全米プロ野球選手協会 フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ペイン

    フィル・ペインから見たアトランタ・ブレーブスアトランタ・ブレーブス

    にフィラデルフィア・フィリーズと契約。1950年にボストン・ブレーブスに移籍。7月24日の対シンシナティ・レッズ戦の8回表にリリーフ登板してメジャーデビューを果たし、2イニングを無失点に抑えて4奪三振をマークした。フィル・ペイン フレッシュアイペディアより)

1234件中 11 - 20件表示

「アトランタ・ブレーブス」のニューストピックワード